ARIA’s Blog

Entry 107   Permanent LIN K



~ Information ~


■諸々辞めましたが,Twitterでは今まで通りに

適当な情報botと毒を吐いていることと思いますので,

よろしければそちらで付き合ってやってください。




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --/--/--   スポンサー広告        ↑ 

アニメ感想まとめ(3月5日深夜放送分)

・『タクティカルロア』 第9話 「バタフライ・ラッシュ」 感想

あれ??やっぱり七波姉ちゃんと漂介は義姉弟なのですか。
もう話があっちに向かったりこっちに向かったりで、いい加減に訳が分からなくなってきました(^_^;)

何て言うか、幾ら何でも1話の中で同じ回想シーンを多用し過ぎですし、そもそも最初っから漂介とは姉弟だと言い張ってたのは七波お姉ちゃんの方でしたのに、いきなり漂介との恋愛関係に固執したがる理由も不明瞭な為、彼女の心境の変化に感情移入もできずに嫌なキャラクターに見えてしまいますしで、恋愛方面の描写に関しては、この作品は本当に散々な気がします(-_-;)

翼は浮かれて歌なんて唄っちゃったりして、もはや別人ww
来週はシリアス展開の様ですが、これでもし翼を死亡させて三角関係に決着を付けたら、何処までも駄作認定しちゃいそうですよ・・・_| ̄|○


・『Canvas2 ~虹色のスケッチ~』 第21話 「クリスタルの白地図」 感想

うん?前回は霧が告白して終わったんですよね?
その顛末が描かれていない気がするのですが・・・。
今後に向けての伏線扱いなのかな。

やっぱりこのアニメはサブキャラクターが活き活きしていると、必然的に面白くなる作品ですね。
今回は菫が大活躍の回で、浩樹に詰め寄るシーンは、エリスを心から思いやっている様子が良く伝わってくる、好描写だったと思います。
朋子が病弱なキャラクターだった事とか、忘れかけていた重さを感じさせる描写が出てきたという事からも、物語が終息しつつある事が窺えます。
ちょっとでで存在感抜群の可奈も、相変わらず良いです。

一方のヒロイン・エリスは、見ていて辛くなるくらいに健気です。・゚・(ノД`)・゚・。
浩樹と一緒に居る時間が減っている事が分かっていても、霧と浩樹が一緒に食事した事を知っても、自らの心の内を表現するかの様に悲しい風景の絵を描いても、挙句の果てにはクリスマスに浩樹と霧が一緒に過ごす事を知っても、どこまでも無理やりな笑顔を見せ続ける姿は、正直居た堪れないものがあります。
しかしやっぱりエリスは、浩樹からの独り立ちを予感させる描写がここにきて増え続けてきているなぁ。

・・・と思っていたら、エリスの身に襲い掛かる悲劇が(T_T)

何かここまでされるともう、何処までも健気で可哀想なエリスが幸せになってくれる事を、祈らずには居られませんよ・・・。

対する霧は幸せなのも残酷とは言え当たり前の事で、この対比がより一層浮き彫りになってきたのが素晴らしいです。
霧は彼女らしくエリスの事も気遣っていますし、幸せな自分を責めてもいるので、決して悪気があるキャラクターでは無いですね。
恋愛の喜びを全身で示す彼女には、個人的には可愛く感じ好感が持てます。
・・・でもエリスの身に起こった事を考えると、浩樹と彼女との関係にも影響が現れるでしょうからね~。

残り数話、単純な感じには終わりそうもありません。


・『Fate/stay night』 第9話 「月下流麗」 感想

おお久し振りの戦闘回!!
堪能させて頂きました。
うーんですが、戦闘に終始する回だったのは別に良いのですが、微妙に迫力に欠ける気もします。
何と申しますか、語り過ぎなのでしょうか?
いちいち必殺技の説明まで御丁寧にしなくても、宜しいかと思いますよ・・・(-_-;)
って言うか、説明した事によって、太刀筋がバレても良いのですかね??(^_^;)
次回はまた穏やかな日々に戻るそうで・・・。
このキャラクター達は、当初の目的である戦争をする気が全く無いのですか(爆)
ま、イリヤが滅茶可愛いっぽかったから、私的にはオールOKですよ!!!ww


・『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』 第9話 「少年の旅路(後編)」 感想

やっぱり面白いです、この作品。
緊迫感溢れる前半の緊急避難用救助袋のシーンには、話の中に入り込んだかの様に、手の平に汗を掻きました。

強がってるんだけど実は尻に敷かれている突っ張った兄さんとか、緊急時なのに息子に電話したがるお婆さんとか、両親に反抗している様に見えてもただ甘えているだけに過ぎないお子様とか、人の持つエゴイズムとか暗い部分が全開で、痛いです。
そういう意味での人間描写のリアリティーさは、この作品ならでは
だと思います。

そんな中淡々と自分にできる仕事をこなす内田が、物凄く格好良いです。
序盤はあんなにヘタレだったのに、いまや面影がありませんwww
本郷さんのブラックユーモアもいい感じにスパイスとなっていますし、救難隊の“漢”たちの格好良さにシビレルのはいつも通りです。

少年・悟が事故発生のロープウェイに搭乗している事を知った父親が、慌ててやってきた事を示す為に用いたサンダルの演出は、ベタながら心憎い演出だと思いました。
最後の和解のシーンを語らない演出を用いて、ラーメンを食べる事によって温かく見せた構成も素晴らしかったです。
スポンサーサイト

    2006/03/06   2006年・第1クール アニメ感想     107TB 0   107Com 0  ↑ 

Comment


P.W.   Secret    

Trackback

http://ariasblog.blog42.fc2.com/tb.php/107-54e2a688

FC2Ad

.


ARIA

Author:ARIA

世界は美しい“こと”にみちて.
・詳しい自己紹介
・お気に入り作品リスト
・今期視聴予定アニメリスト
・ブログの方針
・全記事タイトル表示


・Web拍手ボタン


あァ?


杏「ちょうどいいところにきたわね。
どうせ暇してるんだったら、拍手くらい送っていきなさいよ!」


「・・・あァ?なによ?ヘタレのくせに、この私の頼みが聞けないっての!?」



ひいっ!


春原「ひいぃぃぃぃっ!
お、お、押させて頂きますっ!!」

 



My Profile by iddy

 

ご意見・ご感想・ご批判,
その他何かございましたらこちらまで

サイトの推薦もお待ちしています。

 

 

 

 

 

 

・てきとうなもの
・仮のブログ
・擬態箱
・アニメanimeANIME中心
・ANDANTE ~歩く様な速さで~
・K-DIARY
・萌えと燃えの日記。
・wind
・AM日記@beNatural
・初音島情報局
・TwinTailSanctuary
・ForbiddenfruitHomepage
・GrapefruitHomepage
・TMくんのホントのトコロ
・W.N. Central Station

~TDAC(ツンデレ学会)関連~
・ツンデレ学会公式サイト
・キノ"こ"の旅
・All things are inane
・あかいあくま.ねっと
・とあるヲタクの禁書日記
・いまじならっく

 

~Twitter~
・Twitter

~RSS Reader~
・livedoor Reader

 

※このサイトでは一部、及び一時期において、『Key Official HomePage』『ねこねこソフト Official HomePage』『ハイクオソフト Official HomePage』『Navel Official Website』『Fizz official web site』『コットンソフト Official HomePage』『TVA「ひとひら」公式サイト』『わつき屋』『幻想遊技施設』の画像素材を使用しています。
著作権はそれぞれの会社等に帰属します。
また、これらの素材を他へ転載することを禁じます。

 

  since 2005/12/27 ※前ブログ(『ARIA’s Diary』 http://ariasdiary.blog27.fc2.com/)は、2005/10/1開設
  (C)ARIA’s Blog / 管理人:ARIA