ARIA’s Blog

Entry 113   Permanent LIN K



~ Information ~


■諸々辞めましたが,Twitterでは今まで通りに

適当な情報botと毒を吐いていることと思いますので,

よろしければそちらで付き合ってやってください。




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --/--/--   スポンサー広告        ↑ 

休んでいた間に考えていた事

お休みを頂いていた間に(主にアニメ感想)ブログについて色々と考えていた事を、これから書いてみようかな~と思います。

私がアニメ感想ブログを開設した理由とは?

このブログを御覧になって下さっている多くの皆様がすでに御存知の事かと思われますが、私は以前『ARIA's Diary』というアニメ感想ブログを管理しておりました。
その時の事からお話をさせて頂きたく思うのですが、まず私は当時家にネット接続環境ができたばかりの初心者で、そのブログが人生史上初開設のブログでした。

※とは言っても、もっと昔に遡ると携帯電話を持ってた時代があって、携帯電話のネット接続機能を使って2ch等を見ていた事はありましたがねww
あと当時ガンダム好き~だった事もあって、『SEED』の放映していた時期には、携帯サイトの中では大手のガンダムのファンサイトのBBSに、常連として書き込んでいた事もあります。

さて少し脇道に逸れてしまいましたが;私がブログを始めた理由は大きく分けて3つでした。

1、共通する趣味を持った人と、同じ話題で盛り上がれるだろうと思ったから。
簡単に言うと、ネット仲間・御友達を探していた為です。

2、去年はブログが流行語にノミネートされた事からも分かる通り、「何か面白そうだな~」という単純な興味から。
流行に乗せられたとも言うのでしょうか(笑)

3、当時の私は・・・暇だったのですorz
その当時の私は正直に白状してしまいますと、半端では無いほどの暇を持て余している人間だったので、暇つぶしの手段が欲しかったのです(^_^;)
ネット接続環境ができてからは案の定w 最初は2chに行っていましたww
読んでいるだけでも結構時間が経って、とても楽しかったのですが、元々趣味とか興味範囲が人よりも狭い人間なので、そのうち読むスレッドもなくなってきてしまって、飽きちゃったのです;
で、前述通りその時期にブログが脚光を浴びてきていたので、どんなものかと思って見てみたら、個人的にはこっちの方が楽しく映ったのですね。


そんな感じでブログを開設した訳ですが、当時の私の認識では確か、「ブログはWeb上に日記を公開して、それを見てくれた人とコミュニケーションを取って楽しみましょう~!」みたいな風に、各サービスで宣伝されていた様に記憶しています。

多くのブログサービスの中からFC2ブログを選んだ理由は、当時の2chの新規ブログ開設者のためのスレッドで推薦している人が多かった事に起因していますが、これは自分でも正解だったかなと思っています。
他にも幾つか登録してはいたのですが、個人的にはFC2が1番使い易かったです。
当時比較した中では、管理画面も見易かったですし。

自分の中で1番大きい趣味がアニメだった事もあり、ちょうど私が原作漫画を愛して止まない『ARIA』のアニメが始まる時期でしたから、大まかにはアニメ系の感想日記を書こうとは思っていましたが、いざ始めるに当たって、自分で特にどういう風に書こうかと思った時に参考とさせて頂いたのが、その当時FC2ブログのアニメ部門ランキングで上位にランクインされていた皆様のブログでした。
特に今でもとてもお世話になっている、『ねこにこばん』様、『萌えと燃えの日記。』様は多大な影響を受けたブログです。
その他にも『MOON PHASE 雑記』様の日々のアニメ感想の記述方等を参考にし、そこに自分の語りたい事を思う存分語り通す要素を加え、友人曰く「ある意味個性を通り越して、突き抜け過ぎた感がある」へんてこでポンコツな、長文キャプ感想ブログが誕生しました(笑)

以前にも書かせて頂いた通り、前のブログは今のブログと比べて特に決まり事は設けず、大らかで自由にやっていました。
FC2のアニメ部門のランキングにも何度かランクインされましたし、それに気を良くして図に乗ってしまったのか、様々なブログさんにTBは打ちたい放題に打ち、相互リンクを求め、「自分の記事をもっと多くの人に読んで貰いたい!」という欲望を満たすために、様々な事をしました。
※正直に告白しますと、今では本当に恥ずかしいですorz
無かった事にしたいという思い出もちらほらww

・・・そう、その時の私は大切な事を忘れていたのです。
私がブログを開設した目的はですね・・・最初に書きましたよね、お友達になって下さる御方を見つけるためだったのですね。
少なくとも意見のやり取り等がしたかったのです。
「自分の記事を読んで、この人はこう思ってくれたのか」
「私はこの人の記事のこういう部分に惹かれるな」
というやり取りが主眼にありました。

でもですね・・・前にもTBの記事を書かせて頂きましたから、その記事を御読みになって下さった皆様ならもうお分かりでしょうが、TBだけのやり取りですと、それが伝わらないんですよ。
「私もあなたと同じアニメを見ましたよ~」という事しか、伝わらないのです。
ブログの記事を読んで下さった上で送って頂いたものなのかどうかも、ハッキリと言ってしまえば分からないです。

そこでようやく私は、「ああ、アニメ感想ブログって、自分が目指していたものとは何か違うのだなぁ・・・」と、気付く事ができました。
自分がTBを送っていた側では少し無頓着ではあったのですが、この事は当時1番御付き合いが深かったリョウさん(無敵の龍さん)が以前管理されていたFC2のブログを閉鎖された時に、本格的にハッと気付かされた気がします。

それに自分が感想を書いていると、アニメが面白くなくなるのですよ・・・^_^;
恐らくは多くの感想系ブログの管理人さんが、1回は御感じになられた事があると思うのですが、ブログの更新がほぼ毎日が当たり前な気がしてしまう事と、ブログを書くためにアニメを見る様な感覚になり、何故かアニメ視聴が義務になっている気がしてきます。
そうすると趣味のはずなのに、アニメを見る事もブログを書く事も苦痛になってくるのです。


※追記からは私個人の経験に基づいて感じた、私と「同じ理由」で「ブログを始めてみようかな~」と御考えになられている御方に向けての、ちょっとした私的なお知らせと提言です。
あくまでも私個人としての“想い・考え”であって、現存される他のブロガーさん等に向けての意見ではありません。

・・・これから私と同じ理由で、「アニメ感想ブログを開設してみようかな~」と思っている御方が、こんなへっぽこブログの記事を読んで下さるとは到底思えませんが、(苦笑)その御方達の為にも、あえてここは強調させて頂きます。

そうやって(ある意味では苦痛を感じる程)頑張って記事を書いても、しっかりと記事を読んで反応して下さる読者様は極々僅かです。

私は“ある意味突き抜け過ぎていた事”が良かったのか、倖せな事に、記事を他のサイト様に取り上げて頂けた事もありましたし、コメント等で反応して下さる読者様、同じブログ管理人の皆様が多かったのですが、恐らくは多くの感想ブログでは、自分が努力をして記事を書いたつもりでも、それに見合うだけの対価でのコメントや反応は、得られない事と思います。

ですから他のブロガーさんや読者の皆様との、“コメントでのやり取りを主な目的として、ブログでアニメ感想記事を書き始める事”は、正直に申し上げますと私は余りお勧めできません。
特にキャプ画像を付けるとか、本格的なレビューを書こうと思っている訳ではなく、何となくブログが流行っぽいからという理由で、二言~三言の簡単な感想記事を書いて、それでもコメント等で反応をして貰いたいと思っている御方には、向いていないと思います。

さて、実は私は休んでいる間に、2ヶ所ほどSNSに登録して様子を窺ってみたのですが、あちらではコメントを気軽に付け合う事が慣習になっています。
例えば二言、三言のアニメの感想を日記として書いても、ブログでは大抵何の反応も無くスルーされてしまう事と思いますが、SNSは「コメントが付かない事は無いのではないのか?」と思われる位にたくさん反応をして貰えるみたいです。

今回だけは、余計な御節介な事を承知の上で提言させて頂きたいのですが、主な目的をコメントでのコミュニケーションに置いて、言い方は失礼ですが特段目を瞠る様な個性も無く、2,3の言葉で(ex.「今回の○○は楽しかった」だけで)終わる様なアニメ感想や日記を書いて、ネット仲間との気軽なやり取りを楽しみたいのであれば、ブログではなくSNSの方が手軽に御知り合いを増やす事ができて向いていると思われますので、あくまで私の独断では、そちらから窺ってみる事をお勧めさせて頂きます。

あと私が思った事は、ブログから入ってブログの方で御知り合いの御方を増やすと、ある程度の期間が経つとその輪から抜けてSNSに移る事と、今更新しく違う場所で活動を始める事に気後れを感じる様になると思いますので、「まずはブログから始めてみよう!」という考えは、あまりお勧めできません。
逆を言えばSNSから入って、そこで御知り合いを増やしてからブログを始めた方が、恐らくは何の気苦労も無く事が運ぶ事と思われます。
尤も、SNSで書く事ができる日記の方が、ブログのそれよりも遥かに気軽で簡単に書けるので、わざわざそこからブログに移ろうという奇特な御方は、そうそういらっしゃらないのでは?とも思いました(^_^;)


最後に・・・誤解されたくないので、蛇足かもしれませんが書かせて頂きます。

私はこの記事で、「コメントでの触れ合いを楽しむ事を主眼に置いて、ブログで簡単なアニメ感想記事を書き始める事は、正直に言うとあまりお勧めはしません」と書いていますが、それは私の経験則に基づいての感想を書いているに過ぎません。

私は別に、ブログは(他のブロガーさん等に迷惑を掛けなければ、)何を書いても良いと思っているので、その人がブログで書きたいと思うのであれば、ブログで始める事もまあ良いとは思います。
しかしながら、「恐らくはSNSの方が手軽にそれができますし、向いていると思います」という事を記して、余計な御世話なのでしょうが、これからアニメ感想ブログを始めようという御方に、“ひとつの経験談”としてお知らせをさせて頂きたかっただけです。

正直に申し上げますと、私は“アニメ感想ブログ管理人”としては失敗した人間だと思っているので、大変厚かましくはあるのですが;「この失敗が、これから始めようとする誰かの参考になったら・・・」と思い、後半部分については自分でも、「もしかしたら、多少押し付けがましく感じられてしまうかな~(^^ゞ」とは思いつつも、書かせて頂きましたm(_ _)m
スポンサーサイト

    2006/03/18   思索など     113TB 0   113Com 20  ↑ 

Comment

おかえりなさい~ 潤かもよ~   URL   2006/03/18   [ Edit ]

お帰りなさいませ御主人様(ダメ)
と、あいさつはおいといて(何)

何事もボチボチでいいと思いますよ~
感想が2・3行でもいいと思うし
長く書くこともあってもいいと思うし
やりながら、少しずつ方向性もみえてくるでしょうし
何よりも「リラックス」して自分なりのペースで
やることがいいかもしれませんね~♪

ARIAさんとこは、コメントをつけない記事でも
「RSS」をいれてるので新しい記事がつけば毎回みにきてます~

また、うちのおばかブログにも着てください~

おかえりなさいです^^ アス   URL   2006/03/19   [ Edit ]

夜分遅く失礼しますm(_ _"m)

とりあえず・・・おかえりです!!(嬉

>1回は御感じになられた事があると思うのですが、ブログの更新がほぼ毎日が当たり前な気がしてしまう事
>ブログを書くためにアニメを見る様な感覚になり、何故かアニメ視聴が義務になっている
む・・・一つ目は納得してしまうwww
当たり前かどうかは分からないですが、確かに更新が毎日になってる^^;
二つ目は私は逆ですねw
「ブログを書くためにアニメを見る」というより、「アニメ見たついでに感想でも書くか」という気持ちで書いてるので^^
なので、ブログを書くことやアニメを見ることは義務とは今のところ感じてはいませんね。
この先どうなるか分かりませんが^^;

>そうやって(ある意味では苦痛を感じる程)頑張って記事を書いても、しっかりと記事を読んで反応して下さる読者様は極々僅かです。
激しく納得しました!
まぁ見てる見てないは書いてる側からは全く分からないのですが、なんとなくそう思ってしまいますね^^;
コメント送られても、内容次第で読んでるか否かすぐに分かりますし^^;

これ以上は長くなるので・・・。
>ARIAさんへ
周りの目を気にせずに・・・っていうのはおかしいかww
とりあえずマイペースに頑張ってください^^
今後、ARIAさんに何かが見えてくるよう祈ってます^^
では~

事態は深刻・・・ですかね? うつろねこ   URL   2006/03/19   [ Edit ]

どうもです。
とりあえず以前言っていたモノをお持ちしましたw つ新しい顔

えーっと、何と言ったらいいかわからないのですが・・・
今回の記事を読ませていただいて、
もしかしたらARIAさんはブログをやめてSNSだけにしようか悩んでいるのでは、と感じました。
これは俺の勝手な思い込みかもしれないんで、間違ってたらスルーして下さい(つД`)

自分は「もし」ARIAさんがそうしようと思っているなら、
自称友人としてでっかいお世話ながら後押しをしようと思ったもので。
ARIAさんがブログを辞めても構わないというわけでは決してなく、
ブログをやめたい時って、
ブログで築いた関係が逆に重荷になることもあるんじゃないかと思ったからなんです。
それでARIAさんが苦しんでいるのでは思ったら何とも耐えられませんで・・・
辞めないで~!なんて言った者がこんなこと語るのはおかしな話ですが・・・(つД`)
本当に「もし」そう思ってらっしゃるなら正直に話して欲しい、という事ですので。

>無かった事にしたいという思い出もちらほらww
自分はそんな事を毎日のように思い出してますよ・・・('A`;)
もう何かある度に自己嫌悪に陥ってますw
ぶっちゃけ血反吐でも吐けたら楽なんですがwww
いつも「w」使ったりして無理矢理誤魔化してますwww・・・・・o...rz

あぁ、自分はこの発言が
またそんな思い出のひとつになってしまったかもしれませんね(つД`)
長文で本当にすみませんでした。
勘違いなら更にすみませんでしたorz

お帰りなさい(o≧▽゚)o トクタ   URL   2006/03/19   [ Edit ]

また、結構深刻に悩んでましたね。
でもなかなか的を獲ていて面白い記事ですよ^^

>しっかりと記事を読んで反応して下さる読者様は極々僅かです。
ホントにそうですね。
1000人見ても、10人くらいしか読んでくれてないのでは?と思います。

>コメント等で反応をして貰いたいと思っている御方には、向いていないと思います。
↑とかそのとおりだと思います。
基本的にコメントなんて来ませんからね><
TBも私も昔貼るのガンバッテマシタが、今はお返しに行くだけです。
面倒ってのが一番の理由ですけど、そのあとの「TBありがとうございました。」のコメント来るが何か違う気がしたので。

私も実は今のブログやるかなり前に一度、普通の日記系ブログを半年ほど毎日書いてて、その義務感に耐えられず閉鎖しました。
だから今のはかなり自由気ままにやってます。
読んでもらいたいのは当然なのですが、どちらかというとただの自己満足ですかね。

あまりブログというものの概念を考えない方がいいですよ。
深みにハマっちゃうので。
私も思うのですが、「ブログを始めた頃」の気持ちに今やっていることの真意があるんじゃないでしょうか。
深く考える必要ないですよ。気楽に行きましょう^^

あー、すっごく駄文のくせに長文><ゴメンなさい

コメント、ありがとうございます ARIA   URL   2006/03/19   [ Edit ]

>潤様

ども!
潤さんのブログって良いですよね~と、意味不明に前振りをして見ますww
いえね、漫画の主観レビューって凄くブログ向きだと思うのです。
それで前にも潤さんが仰っていましたけど、誰かが「参考になりました!」って言って下さる可能性がありますし。

・・・あと休んでいる間に、お世話になっている御方達のブログを過去ログまで拝見していましたが、大抵のブログはそれぞれ明確な色があると思うのです。
私はこの人のブログ、こういうところが好きだな~って語りたくなっちゃう程に(笑)
それがですね、(アニメの感想部分に関してですが、)私の視点では、自分の今のブログには無いんですよ。
私は比較的真面目な感想文章が好きなので、そういう文章を書いているとは思うのですが、どうにも今期の作品にはそれが向いていないのか、場の空気にそぐわない気がしたりもww

まあそれは半分冗談にしても、自分が書いていて(その後読んで・・・かな?)楽しく無いものを書いている事が、果たして良い事なのかな~という疑問がいつも湧いています。
だから感想記事が書きたくなくなるのでしょうかねー。
自分でも良く分かっていないですがorz

コメント、ありがとうございます ARIA   URL   2006/03/19   [ Edit ]

>アス様

いつもありがとうございます。
ブログに義務感を御感じになられない人は、とてもブログ向きだと思います。
逆に言うと、ブログの更新は何か毎日やらないといけないのかな~と思ってしてしまう人は、激しく向いていないと思いますねwww

ですからアスさんには、ブログが合っていたのだと思います。
アニメを見たついでに感想でも書いてみるかな~が正しくて普通なのですが、ブログが公開されていてコミュニケーションを図る事を目的にしているものだと仮定しますと、目的と手段とが入れ替わる可能性は高くなると思います。
だからこそ、他の人の反応を気にする人(コメントとかの反応を求める人)は、実はブログ向きじゃないと思いますね。

しかし逆に他の誰にも反応されたくない(読まれたくない)のだとしたら、「チラシの裏」で良いので、そこら辺の匙加減が1番難しいと思います。

これはまあ私の主観ですが;;恐らくトータル的に考えると、アニメ感想ブログの3割~4割はSNS向きだと感じているのですが、SNSは“多くの人に読んで貰う事ができないもの”なので「(例え一見さんでも)読んでくれる人が本当に多く欲しい!」と思っている人には、ブログが向いていると思います。
あとSNSは、長文とか、(キャプ等の)他の要素を加える事では扱いにくいので、そういう意味ではブログのアニメ感想にも、利点はあると思います。
・・・キャプには他にいくつかの難点がありますがorz

コメント、ありがとうございます ARIA   URL   2006/03/19   [ Edit ]

>うつろねこ様

どうもです!
新しい顔はアンパンマンの認識で宜しいでしょうかww
元気100倍です!(ぇ)

>ブログをやめてSNSだけにしようか悩んでいるのでは
ギクww
いえ、確かに休んでいる間そう感じていた時期はありました。
ですがね・・・説明が少し面倒臭いのですが、SNSって、ブログの代わりにいざ始めようと思うと、物凄くしんどいですw
コミュニケーションを取る事を主目的に置き過ぎているので、交流場への参加とかやりたい事が一杯あって、手が付けられないくらいに面倒臭く感じましたww
なので実は、入ったまま放置しています(^_^;)

>ブログをやめたい時って、ブログで築いた関係が逆に重荷になる
正直に告白して良いですか??(笑)
これは絶対にそうだと断言できます^_^;
何でかと言うと、前のブログを閉鎖した時に感じたのですが、「自分の記事を楽しみにしてくれていた人が、もしかしたら悲しんでしまうのでは?」とか、ブログ管理人って勝手な妄想を抱くものなのです。

それにどこかそれなりに大手のブログさんが“仮に”「やめるかも??」って書くとしますよね。
恐らくはとてつもない数の人から、やめないでコールが湧き上がると思います。
正直「やめるかも」って書く管理人も問題だとは思うのですが、そのコメントで「私はやめないで欲しいと思っていますが、管理人さんの御意思に御任せします」って言う書き方、あれ大抵の場合は避けた方が良いです。

まあ実はケースバイケースで、凄く肝が据わっているブログ向きな管理人さんですと、それをみて「ああ、自分のブログはこれだけの人に愛されているのか」と思い、逆に力になるとは思います。
ですが思いつめている管理人さんですと、恐らくは負担にしかなりません。
で、得てして肝が据わっているブログ管理人さんはそんな中途半端な事を書かずに、勝手に更新停止して去っていきますww

勘違いされてしまいそうですが、私的には決して、うつろねこさんの「やめちゃヤダ」が負担だったといっている訳では無いです。
むしろうつろねこさんは御付き合いが長くて、御友達の様に思っているブロガーさんのひとりなので、普通に友達が遠くに行っちゃったら悲しいですから、私が逆にうつろねこさんの立場だったら、多分そう書いちゃうと思います(爆)

纏まらない文章ですね~;;
・・・いや、まあ正直に言いますとね、私がすでに他所で、「やめるのは良いと思いますけど、個人的には悲しいです」って書いてしまった事があるのですよ!!!orz
「もしかしたらその人の負担になってしまったのでは??」とか、少し後悔してる部分はあります。
ただその御方は肝が据わったブログ向きの管理人さんだった様なので、恐らくは嬉しく思って下さったかも??と妄想してごまかしていますがw(T_T)

うつろねこさんに向けて、正直な気持ちをこのコメントレスで示しておきますね。

・うつろねこさんのコメントで不愉快になった事とか、負担になった事は、今までに1回もありません!
(むしろもしそんな事が今までにあったら、私は分かり易い人間なので、コメントレスの態度に出ちゃうと思いますww)
つまりいつも、コメントを頂ける度に喜んでいますww

・更新休止をした理由は自分の記事がつまらなく感じた事、その流れを断ち切りたかった事、SNSとはどういうものなのかが気になった事が原因です。
もちろん、モチベーション低下もあります。

・SNSをみて、自分には向いていそうでしたが、始めにやりたい事が多すぎてとっつき難さを感じた事、ブログで築いた御友達関係が無い事もあって微妙に感じた事等もあって、SNSでの活動は今のところしていません。

・今後SNSでの日記を書くかどうかは分かりませんが、もし書くとしても、ブログをやめる気は今のところありません。

・この記事を書いた理由は本文中にもある通り、自分と同じ理由でこれからアニメ感想ブログを始める人は、多分高確率でブログへの適応が低いと感じましたので、SNSを知らない人が中にはいるとも思いますし、その存在を示す事で、より向いているだろうと(勝手な独断で)思われるものをお知らせしておきたかったのです。
※そんな人がこの記事を読んで下さる確率は、相当低い事でしょうが。

こんな所でしょうか。
他にも疑問があったらお知らせ下さいww

コメント、ありがとうございます ARIA   URL   2006/03/19   [ Edit ]

>トクタ様

どうもです!

読者・閲覧者・通過者の違いを記している記事をこの前読んだのですが、それが面白かったですね~。
http://yas-toro.at.webry.info/200603/article_4.html
私が求めているのは閲覧者→読者なのですが、そういう人って何となく、経験した感覚でですが;アニメ感想ブログだとできにくい気がします。

読んでもらう為には自分の存在を知って貰う必要があるのですが、それが有象無象の感想ブログの中ですと、なかなかに難しい。

当然一個人のアニメの感想なんて、ニュースサイトで取り上げる様な内容でも無いと思いますし、(いえ、取り上げられた事がある身としては何とも言えず、複雑ではあるのですが。)
最初から他の誰かに読まれるためには、何かしらの努力をしなければならないと思うのです。
それを何処に求めるかなのですが、アニメ感想ブログの通過儀礼で考えると、有名ブログへの相互リンクの要求&TBっていう、正直私としては首を傾げたくなる内容が大部分だと感じていたりします。

ですので、他の人にそれほどの迷惑を掛けずに、しっかりと読まれて反応を返してくれるSNSの方が正直、「アニメ感想をちょっと書いてみて、誰かからの反応が欲しい!」という欲望を持っている人には、向いていると思います。

当然1日最低500人(ユニークアクセス)に読まれたいと思っているのなら、SNSではそれが無理だと思うので、「じゃあブログで書けば~?」とは思いますが、そういう人が書く記事はきっとあまり面白くないと思う;;ので、せいぜい頑張っても最初は1日50~100程度が良い所だと思いますし、前述通りTBとかを打って他の人の(特に有名な)ブログに厄介にならないと無理ですから、自力では相当個性的な記事を書かない限りは無理です。

それに何処で満足をするのかはその人の自由ですが、「しっかりと記事を読んで貰って、“コメントが欲しい”!!」と思っている場合は、1日500アクセスあるところでもコメントが1つ程度なのはブログでは日常茶飯事ですから、SNSの方がコメントをたくさん貰える分、その人のニーズに適していると思います。
(数字は目安であって、分かりやすくする為の例というだけで他意はありません。)

ですのでそういう人はブログを始めても、きっと詰まらなく感じちゃうと思うので、もっと欲求に適しているSNSの存在をお知らせしておこうと思って、今回の記事を書かせて頂きました。
あくまで「これから感想ブログを始めようかな~」と思っている人向けであって、今現存するブロガーの方々に向けての文章では無いです。


>「ブログを始めた頃」の気持ちに今やっていることの真意がある
これは至極名言だと思います。
「初心忘れるべからず」
これがブログでは一番重要なのだという気はしますね。
ただ大体の人が、体力と気力が続かないのが・・・(苦笑)

あっしもぶつかりました 鷹2号   URL   2006/03/19   [ Edit ]

 ARIAさん ご機嫌麗しゅう~

 私は書くものは決まってるんですが、その方法を模索中です。
 昨日からTB送らなくなってかなり楽になりました。
 
 モチベーション・・

 ブログをメモ帳代わりに使うような気持ちで書こうかなと思ってます。
 記事を書くつもりでかいたらシンドイことに気付いた・・
 

コメント、ありがとうございます ARIA   URL   2006/03/19   [ Edit ]

>鷹2号様

ども、ご機嫌麗しゅう・・・とは言えない状況なのでしょうかorz

書く内容が決まっている場合は、それを鷹2号さんが書きたい様に書く事が1番良い解決法だと思います。
もし書きたい様に書けない場合は、書かない事が1番優れた解決法かもしれません。
※あくまで自分の場合はそうというだけで、鷹2号さんにそれが当てはまるかどうかは分かりませんが(-_-;)

多分ですが、その際に誰か(読者さんとか他のブロガーさん)の事を気にするのは、やめた方が良いと思われます。
何故かと言うと私がそうなのですが、その事がストレスになって、結果問題が余計に悪化する危険性がありますから・・・。
余計なお世話ですが、どうしても辛い場合はそこから離れる事が良い結果になる可能性は案外高いと思います。

ブログをメモ代わりに使う事に活路を見出して居られる御様子ですので、その線で続けて見るのが良いかもですね。
私は前のブログをやめた時にそうしようと思っていたのですが、どうしても『かしまし』の様に長文で書くものを除いたアニメ感想記事が好きでは無いみたいなので、諦めましたwww
だから感想を書く事が辛くなったのもあるのですが(^_^;)

潤だとおもいます。   URL   2006/03/19   [ Edit ]

ディープ強かったですね~
馬券買わなくてよかった・・・
とこの次の記事にコメントできないので、こちらに。


マンガとアニメの感想文で一番の違いがあるとするならば
「時差」と「惰性」と「可能性」のあるなしじゃないかとおもいます。

まず「時差」ですが、うちみたいな田舎住人は
見れる条件でもすでに最速地域から1週間・10日は
当たり前に遅れてます。
「なので、いまさら・・・」ということが多くなり正直書く気も
他人の記事を見る気も毎度ながらなくなります。<やる気が失せるというか。

やっと見れたのに、次の日に次の話がアニメブログ中に
書かれてると正直ムカつきます(笑)
「みれんのじゃぁ!」と(爆)

次に「惰性」ですが、コミックはどうしても数ヶ月おきにしか
でませんのでゆっくりできます。
当初は発売当日に書いてましたが時間の都合と
やはり田舎には数日遅れでしか本が来ないことで
速報性に欠けることです。

でも、次の本が出るまでの期間はあるわけですし
買わないと基本的にマンガは見れないのでですが
アニメの基本は「タダでみれます」し
毎週必ずっていっていいほどあります。

やはり『懐を痛める』かどうかって重要な要素だと思います。

その意味で、「惰性」に関してはアニメは多くなってしまうと思います。

「可能性」は最初にいいましたが
「見れる地域」「見れない地域」はどにもなりません(苦笑)
話題についていけないのはかなり悔しいですよ(笑)
でも、マンガに関して言えば、本屋なりネット本屋なりに
注文さえすればほぼ手に入りますしね。
DVDほど高い買い物でもないですし、アニメは30分
という「枠」がありますが、マンガは10分で読む人もいれば
1時間かけて読む人もいます。
つまりは「マイペース」なんですよね。

なので、うちはマンガを主体としました。

実際、何にでも向き不向きもあると思います。

アニメの感想でも、ARIAさんが思うことであれば問題
ないと思いますよ。
ブログ更新日を週の月・木にするということでも
いいとおもいますし、それがわかればその日にみにきますし。
「マンガがあればいーのだ。」さんは基本は火曜日に
更新なのでRSSで確認はしてるものの
火曜日には見に行く習慣もできましたし。
そんな感じでもいいと思いますし。
うちの場合は、時間のあるときにしてますが(笑)

長々となりましたが、検索重視でこられる方を重視されるなら
「トラックワード 」を導入してもいいとおもいます<うちもいれてますが
結構、そちらからこられる方もいますし。

あと、論文じゃなくて感想なのだから
あまり深く考えなくてもいいと思いますよ。
いいと思えばいいことかけばいいし
駄作と思えば、それでいいし。
世の中の人すべてが同じ意見ならかえって怖いですしね(^^;;

えらそうなこといってすみませんm(__)m

おかえりなさい~ ゆう   URL   2006/03/19   [ Edit ]

どうもです!記事読ませていただきまして、かなり深く考えさせられました。僕も「ブログを始めてみようかな~」という思いが少なからず有るので…(^_^;)

僕が「ブログを始めてみようかな~」と思うのは、やはりARIAさんの影響ですね~(^_^;) ARIAさんの書く記事(特にARIA、かしまし等)には、作品に対しての愛情が溢れていて、「あぁ、こんなに自分の気持ちとか思ったことを表現できるなんて凄いなぁ」と、いつも思わされます。ARIAさんみたいになりたいな~と思うのです。

でも、ARIAさんの記事を読むようになってたくさん考えさせられました。一生懸命記事を書いても反応をくれる方はごく僅か・・・、記事を書くのが義務に感じられ、苦と感じてしまう・・・、 など難しいところもたくさんあるようですね・・・。

とりあえず、今ブログを始められる環境にいないので、始めるとしてもまた先の話になりますので、ARIAさんの忠告を心に置いて、もし自分がブログを始めるとしたら、どういうような形にしたいかじっくり考えたいと思います。

コメント、ありがとうございます ARIA   URL   2006/03/19   [ Edit ]

>潤だとおもいます。様

どうもです!

アニメとマンガでは明確に区別されるものがあるので、それは私も分かっています。
(そこは潤さんが仰っている事に殆ど完全に同意です。)

まあ、やはりブログで「1番書きたい!」と感じるのは、自分が1番好きであるものに対してだと思います。
それが私にとってはブログを始めた当初はアニメだったのですが、どうにも現存のアニメでは、それが厳しいのかもですね・・・。
「書きたい事」と「書ける事」は必ずしも合致するものではないのでしょう。
特にアニメの場合は流動性が非常に高いものですので、その時期その時期で放映されているアニメに、好みの偏りが生じやすいのだと思います。
だから「今期のアニメが私に合っていなかっただけ」なのではないのか?とも感じる訳なのですが、そこまで言ってしまうと「書かなきゃ良いでしょ」で終了になるので、あえて触れていません。

ただ、あくまで私個人の感覚的問題に起因しているのですが、好きじゃないor詰まらない作品をwww.上で悪口に近い感想を書き続ける事は、ファンの人がもしそれを見た場合の心象も良くないと思いますし、何よりも書いている本人が自分の記事を詰まらなくなると思うのですよ。
最悪の場合、読んだ人に荒らされる可能性も在り得ますし・・・。
しかし、「逆に良かった所だけを書こう」と思っても当然書けるはずは無いですし、自分を偽ってブログを書く事は本末転倒です。
そういう事を気にする人は、コミュニケーションを図ろうとすると他のブロガーや読者との弊害が生じやすいと思うので、公開されていないブログやSNSの方が向いていると思うという、まあそんな感じの感覚的意見を書いているだけの記事です。

私自身の在り方についてですが、ブログに対しての事は突き詰めれば単純なのですが、果たしてそれで良いのかは微妙ではありますね。
次辺りの記事で自分の正直な気持ちを吐露してみるのも、ある意味では面白そうでありますww

コメント、ありがとうございます ARIA   URL   2006/03/19   [ Edit ]

>ゆう様

どうもです。
もうね、No.500のコメントがこれ以上無い位に相応しく素晴らしかった事に奇跡を感じずには居られません^_^;

そもそも私は自分が数多くあるアニメ感想ブログの中で、とてもではありませんが影響力がある(誰かにそんなにまで好意を持って頂ける)人間であるとは、全く思いもしませんでした。
そう仰って下さる御方がいらっしゃるとは、本当に夢にも思わなかったです。
正直に申しまして、今までたくさんの御意見や御感想を頂いてきましたが、これほど衝撃を受けたコメントはありませんでした。
いやまあ、1つ挙げるとすれば、ゆうさんが前の私のブログを閉鎖する時に送って下さった御言葉がありましたが、あれ以来の驚きです(^_^;)

なんでかって記事中にも書いていますが、自分はアニメ感想ブロガーとしてはそこまで大きくもなれず、絶対に埋没していった人間だと思っていたので、大手ブロガーでもなかった私の記事をそこまで熱心に読んで下さって、その上ここまでの(物書きにとっては最大級の賛辞とも取れるくらいの)御言葉を掛けて下さる御方が居られるとは・・・というのが正直な所です。
・・・はっきりいってゆうさんには凄く失礼な事を言っているという自覚があるので、怒られてしまっても仕方が無いと思いますがね~ww
だって自分なんかの記事よりもっと面白い記事がたくさんある(と世の人も私も思っている)中で、私こそがトップに選ばれたかの様な錯覚と妄想が起こるじゃないですか!w
ぶっちゃけ自分からしてみたら、「うわ、君センス微妙だよ」と思わざるを得ません(爆)
※ごめんなさい、相当自虐的文章なので嫌味に感じるでしょうし、そもそも失礼すぎる文章なのは分かっています(T_T)
まあ8割方は冗談ですw
本音は嬉しいに決まっています\(^o^)/

>僕も「ブログを始めてみようかな~」
そうしたらですね、私が凄く嫌いな事を、1番最初にゆうさんに御願いと称して押し付けますよ!!ww(ぇ)
「こちらでははじめまして!この度はブログ開設おめでとうございます!素敵なブログですね~(^_^)もし宜しければ相互リンクをして頂けないでしょうか・・・?」とこんな風にです!(笑)
※もちろん冗談ですw

復帰おかえりなさいまし nekonii@ねこにこばん   URL   2006/03/19   [ Edit ]

ARIAさんが大事な提起をされているときに,また後手後手に回ってしまいました.
ねこにこばんです.

何か書かねばと思っているうちに,夜になってしまいました.
まずは私のブログが人様に(悪い?)影響を与えてしまった,ということが驚きでしたのですけれども.

ブログを続けていいると,ブログ管理には,さまざまな「時期」があるのではと思うようになってきました.

浮き上がる時期,沈む時期,止まる時期,惰性の時期などなど.

拙ブログをごらんになっていればお気付きと思いますが,私はリンクしてくださっている管理人さんの年齢とくらべると,長老の部類に入ります.場合によっては,自分より年齢が半分の方とリンクしているケースがあります.

なぜ突然年齢の話をするかというと,つねに周囲のブログさんとくらべて,浮いているという感を否めないからです.サイトの構成として.

もとより私には年下の方々にそぐうようなセンスのある文章を書けませんし,どういったものが面白いのかということもわかりません.アニメ以外のテレビは見ないし,取り立てて2chも見ません.いわゆる「ネタ」も書けません.

かといってまじめな記事を書くとなると,これはARIAさんはおわかりだと思いますが,なかなか時間がかかるものです.

そういうわけで,私の出来る範囲を模索しているうちに,「ねこにこばん」はいまあるようなスタイルに行き着きました.

私も一時期は一生懸命更新して,自分を押し出すようにアニメを見ていたわけですけれど,いまは帰宅してビールを飲みながらアニメを見つつ更新している程度なので,こういう無理しないスタイルでやっていく方が続くのかなと思うのです.

いまはいつ止めても閉鎖しても引退しても構わないと思っていて,そう思えるようになってきてから,気は楽になりました.

反応を読むのは難しいですね.
潜在的に読者がいるのかどうかが.

たとえば数日前FF12について,珍しく文字だけの記事を書きましたが,見ての通りコメントは0,TBも0です.

話に反応しようがなかったか,私が書いたことがつまらなかったのか,こんなところに反応するほど読者さんが暇ではないかのどれかでしょう.

現実には,上記の三点は(他にもあるでしょうけれど)どれでも当てはまりうると思うのです.

途中で送ってしまいました nekonii@ねこにこばん   URL   2006/03/20   [ Edit ]

というわけで,原因を特定することができないか,マーケティングではないのだからそもそもそういう必要はないとすれば,あとで「こんなときもあったんだな~」と振り返ることが出来る程度のものがあれば,もういいのかなと.

そうするとかぎりなく日記に近づいてきますね.
「あの日」「あのとき」「あのだるま」じゃないや,「あのこと」を「私はこう見た」ということの記録に.

でもそういう視点にこそ読者が集まるのも,またブログ・コミュニケーションのありようだとも思うのです.

コメント、ありがとうございます ARIA   URL   2006/03/20   [ Edit ]

>nekonii@ねこにこばん様

いつもお世話になってます。
うわああ、もしかしたら私の文章が纏まらなかった所為で、このブログを始めた時に送った拙メールと同じ様に、nekoniiさんに余計な御心配みたいなものを与える結果になってしまったのでしょうか・・・。
もちろん私としてはそれは本意ではなく、この記事中に『ねこにこばん』のブログ名を挙げた事は、以前から申し上げていた通り、(前のブログで)私がキャプ感想を始めるきっかけを頂いた大好きなブログであった事と、続けているうちに『ねこにこばん』のスタイルに一種の憧れというか、良い意味で刺激を受けて、目標とさせて頂いていたと言う事が理由の全てであって、それ以外のものはありません。

今後記事で書こうと思っている事があって、ブログには各個の記事で惹かれる場合と、ブログ像全体を通した上で、そこに表現されている管理人の個性とか人柄とかに惹かれる場合の2パターンに分類できると思うのですが、私にとって『ねこにこばん』は間違い無く後者であって、アニメ感想以外の記事を(Mac関連の記事にしても、この前のFFの記事にしても、)過去ログまで貪る様にw拝見して、そこに表れているブログの色に惹かれたところが大きいです。
文体にも内容にもnekoniiさんの感性を感じられるところ、あのブログの在り方が好きです。

・・・実はこの前のFFの記事は、私がまともに更新している時期だったら、コメントを付けさせて貰った上に、恐らく自分のブログで私的メモとして曝さ・・・ゴホン;;記録を残させて貰っていた事でしょう!(笑)
とても面白かったです!!(あれ?何か失礼な文章ですね;)

長くなりそうなので、一旦ここで打ち切って、2回目のレスで本当の意味でのnekoniiさんのコメントに対するレスをさせて頂きたく思います(^_^;)
このままじゃただの私信ですな(爆)

コメント、ありがとうございます ARIA   URL   2006/03/20   [ Edit ]

>nekonii@ねこにこばん様

という訳でレスです(笑)

>私のブログが人様に(悪い?)影響を与えてしまった,ということが驚きでした
前述通り、悪い影響ではないです。
「影響を与えた事が驚き」は、この記事でゆうさんから頂いたコメントで私も味わったので、良く分かります(^_^;)
自分としてはそんなに大げさな事をしているつもりは無いのですが、やはりwebに公開している以上、そういう事が起こり得るのも、ブログならではの醍醐味なのでしょうかね・・・(笑)

>ブログ管理には,さまざまな「時期」があるのでは
これは常々その通りだと思っています。
停滞期(閉鎖したくなった時でしょうか?)に入った時に、どの様な処置を施すかが鍵なのですが、私は神経質な性格が災いしたのでしょうか、どうにも自分のブログに違和感を持ち始めたらダメでした。
(惰性でいる事を続けていられなかったです。)
閉鎖は前のブログで懲りているので、いつかそれが訪れたとしても、今のところはする気が無いのですが、休んで色々と見つめ直してみたくなったので、お世話になっているサイト様の過去ログを振り返る事と、ブログ運営論を読み漁っていました。
尤も、この方法はあまり人には薦められませんです。

ブログを書く事を深く思いつめてしまう人は、正直に言ってその段階で向いていないのだと思います。

何も考えずに趣味とか日記だと割り切ってやれる人、それに反応が無くても悲しくならない人、読者でも通過者でもアクセスカウンタを回せるだけで幸せになれる人、逆にアクセスが全く無くても気にならない人etc・・・はブログに向いていると思いますし、楽しく書ける人だと思うので、読者からの受けも相対的に良くなるのかも知れません。
(これはまあ、アニメ感想ブログ限定でものを言っているのですが。)

nekoniiさんが大分年上な事には、確かに気付いていました。
>周囲のブログさんとくらべて,浮いている
こう言うと語弊が生じそうですが、浮いている・・・様な気もしますかね;
そこまで多くのアニメ感想系のブログに接した訳ではないので、私が意見を言える立場では無いのかも知れませんが、始める時に多くの大手サイトさんを見た時にやはり『ねこにこばん』はどこか違ってはいました。
さあ、誤解されそうな文章を書いてしまいましたよ(笑)

しかし、だからこそ、私の眼には輝いて見えました。

何故かと申しますと、恐らく端的にはキャプと文章の構成デザインが好ましかったのでしょうが、理由を深く考えてみると、文章がネタ系じゃなかった事と、分かりやすく鋭い視点での感想文が強烈な気がしたからでしょうか^_^;;

私の場合最初から、ある程度は真面目な文章しか書けない事が分かっていたので、やはり人の性なのか、同じ系統に属するものに惹かれると言う事なのでしょうか。
大抵私がRSSリーダーに突っ込んでいるブログ様は真面目な文章を書く方ばかりですし(笑)

『ねこにこばん』さんは、キャプからもそれが伝わって来る事が多いので、気付いたらそれなりの常駐者になってしまいました(^^ゞ
自分とは無関係なMacの記事に至るまで読んでいる事を考えると、スタイルが好きだったのでしょう。

>反応を読むのは難しいですね.
>潜在的に読者がいるのかどうかが.
これが私にとって鍵となる部分なのですが、もちろんアクセス数も目安の一部にはなりますし、だからこそカウンターとかアクセス解析をつける管理人さんが多いのでしょうけど、結局は(コメント等の)直接的な反応が無いと、読んでくれたかどうかが分からない所が最大の問題点なのだと思います。

ブログのコメント等の反応が(恐らく多くの御方が)思ったほど付かないのは、nekoniiさんが挙げている通りだと思います。
(同じブロガー以外の読者さんが)反応してくれる事なんて、よほどなもので無い限りは在り得ないでしょう(苦笑)
ことアニメ感想系に特化して見れば、とりわけそういう風潮ですからね。
だからこそ、そういう反応を求める人に、「ブログよりも向いていると思うSNSをお勧めします!」という記事を書きましたww
これからブログを始めようとする御方に余計な御節介を押し付けておく事で、その中の誰かが参考にしてくれてもしそれが正解だったら、何となく私も幸せになれますから・・・。
だから現存するブログ管理人さんに向けての文章ではなく、「これからやってみようと思っている人」への注意書きみたいな感じに、書かせて頂きました。

>あとで「こんなときもあったんだな~」と振り返ることが出来る程度のものがあれば,もういいのかなと.
>「あの日」「あのとき」「あのだるま」じゃないや,「あのこと」を「私はこう見た」ということの記録に.

(「だるま」!?w)
ええ、実はですね、私がこういう文章を書いたからって何も、「私の記事にいつも反応が無くちゃイヤだイヤだ!!」と駄々っ子のような事を言うつもりは、毛頭無いのです。
むしろ逆で、私はコメントを多く頂き過ぎている方の管理人だと思うので、幸せに思っている位です。

ただ単に、ブログが公開されているものであって、誰かがコミュニケーションを取りたいと思っている以上、反応が無いと寂しいと思う人が居るのはあるでしょうから、そういう風になる前に、ブログ管理人を始める前の人に向けて書いておく事もありかな~と、勝手な妄想で書かせて頂いた文章でした(笑)
正直、反応が私個人に向けられるとは思っていなかったので、この至らない文章は多分問題が大きいのでしょうね~ww

>でもそういう視点にこそ読者が集まるのも,またブログ・コミュニケーションのありよう
って言う事でもあると思いますが。
この記事も私が見た・やった・感じた事の記録に止まっているものですしね。

※もちろん、皆様から頂いたコメントが嫌とか駄目とかいうものであった訳では無いです。
本当に嬉しく思っています。

お帰りなさいませ~♪ うぃんぐ   URL   2006/03/20   [ Edit ]

御主人様って書こうと思ったらすでに使用されてたり、出かけていたため、思いっきり遅れてしまいましたが…。
とりあえずお帰りなさい~っと。

私がブログを始めた理由は、ARIAさんの理由のうち、1.と3.そしてゲームレビューが書きたいことだったんです。

しかし、やってるうちに方向性が変わっていって、元々ニュースサイトのPieceOfKeyHeartさんの信者なのに加えて、イラストサイトを見るのが好きな人だったので、あんな感じのニュースサイトにしてみようとある日とあるイラストサイトさんにニュース形式で紹介を書いたら、イラストサイトさんから返事が返ってきたのが嬉しくて、以後いつの間にかのメインコンテンツになっているという流れなんですよー。

何が言いたいのかというと、やってる途中で方向性が変わったって問題ないですよってことで。どうなろうとも少なくても私はかなり優先的に読んでるので~。

>意見のやり取り等がしたかった
私もその理由を忘れずに更新していきたいものですよ。本当に。初期の頃はアクセスアップのために、相互リンク頼んだり、わざとニュースサイトが取り上げそうなネタや文章書いたりした時期も…恥ずかしいことたくさんしてきたので…。忘れたいくらいなんですよ(見てる人たちは逆にそういう部分はどうでもよかったりしてたっぽい?ので、自意識過剰なだけかもしんないけどね…)


>ブログで築いた関係が逆に重荷になることもあるんじゃないか
ええ、それはもう…すごく重いですよね。出かけるときも出かけていいのかなぁと思ったり、だから出かける直前に更新してたり(苦笑)


あと思いついたことを箇条書きで。

・暇に関して
私はぶっちゃけ4月から社会人なんですよ。ブログを始めた理由の一つに学生最後の一年(=暇をもてあます最後の一年(苦笑))になんかやってしまえ!って気持ちで始めたわけで。ぶっちゃけやりすぎて、閲覧者一日500人(おっ)前後の私としては、4月から忙しくて更新できないかもなのにいいのかなぁという思いがあったりします。


・以前どこかで好きなサイトはコメントまで見るって言ってましたが、私もそうです(笑)

・まだ書くネタがあったような気がしますが、今日はこの辺で~。結局のところ、やってることは違うけど悩みは似てますねーってだけの文章になっちゃいましたが…。

コメント、ありがとうございます ARIA   URL   2006/03/20   [ Edit ]

>うぃんぐ様

どうも、いつもお世話になってます~。
正直この文章は、かなりうぃんぐさんのブログにも影響を受けたものであった気もします。
過去ログ真っ先に読みにいったのは、うぃんぐさんのところでしたし・・・。
実は次辺りの記事で書こうかなとも思っていたのですが、私はうぃんぐさんのやり方が凄く好きなのですよ。
現存する多くの個人ニュースサイト(っぽいもの)って、大体が新鮮な情報&ネタ集めに終始していて、管理人さんの個性とか色を感じられない事が多いので、(もちろん情報発信の場としては優れているので、存在意義は非常に高いものではあるのですが、)私はあまり「面白く」は感じないのです。

もちろん閲覧者とのコミュニケーションをWeb拍手レスとかで多く取っているニュースサイトも多々存在するので、そういう場合はそこで管理人さんの個性が多く出ていたりしていたりと、流石に一概には言えないのですがね~。

そんな中『てきとうなもの』さんは、自分みたいな決して万人受けしないのは明白な感想記事を取り上げて下さった事もありますし、CGの紹介にも「今日のオーガスト」の欄にも如実に見える様に、うぃんぐさんの趣味が読者にとても良く伝わってくるのです。
(少なくとも私には凄く伝わるのです。)
まあ当然自分の書いた文章を取り上げてくださった御方というのは、勝手な意見ながら自分と近しい感性や意見を持っていることが多いと思いますので、そこで『てきとうなもの』さんで紹介されている記事・ネタ・CGを巡回してみたら、余計にその想いが強くなったという一面は大きいでしょうね。


さてとりあえずコメントへのレスですね(笑)

>やってる途中で方向性が変わったって問題ない

うーん、実際私的にこれが悩みの種ではあるのですよね・・・。
当然アニメは好きですし、文章も書けるには書けるのですが、何故か途中で自分の記事が詰まらなくなるという悪循環・・・。
かといって他の事なら書けるのかと言うと、そうとは限らなかったりします。
時間が無かったり、もう誰かが書いているのを見るとやる気が無くなったり(ぇ)

恐らく自意識の問題なのですが、自分がとても好きな事(半端じゃなく思い入れの強いもの)って逆に、自分で書く事が難しくなっちゃう場合もあると思うのですよ。
これは余りにも好き過ぎる場合の話なのですがね。
余計な恐れを抱くのでしょうか。
中途半端だと納得できなくなりますし、思いのたけを全部書こうとすると、多すぎて纏まりきらない可能性が高いのかな~?
ここら辺は自分でも、上手く説明する事はできません。
私は壁を超えるためにも書いてみようかなという想いはありますが、時間が許すでしょうか・・・。
そこら辺が難しいですね。

ネタの部分に関してですが、何故か人間って今更感に苛まれるものですね。
自意識過剰過ぎるのとミーハーなのがいけないのですが、「今更これについて書くのは躊躇われる」っていう事に思い当たる御方は、結構いらっしゃると思いますw

>アクセスアップのために
今ではこの事も、書こうかなと思っている事の1つですね。
当然私の場合、アニメ感想ブログに限定されてしまいますが(笑)

>見てる人たちは逆にそういう部分はどうでもよかったりしてたっぽい?ので、自意識過剰なだけかも
私も自分の一番いけないところはここだと思っています。
ブログ書いているとどうしても自意識がでてしまうのです。
「もっと多くの人に好んで読んで貰いたい」とか、「他の人を唸らせる様な記事を書きたい」とか。
・・・いえ、私が書くそういう記事って、自分で読むと詰まらないんですよorz

より良い記事を書く条件に、「自分が書きたいものじゃなくて、自分が読んだら面白いと思うものを書く」というのがあって、私には衝撃でした。

※でもこれ「良い記事」という観点では正しいのですが、“アニメ感想ブログ”の「多くの人に読んで貰える様になる」という観点では、恐らく私の中では3割くらいは間違っていると思うのですがねww
なぜなら自分が長文書きなので、長文の記事を読む事が大好きなのですが、そんな所が流行った前例があまり無いですから・・・。
短い文章も好きですので、何とも言えませんが。

>ブログで築いた関係、すごく重いですよね。
ああ、うぃんぐさんも御苦労されていましたか・・・^_^;
って事は何も、私の様にブログにあまり向いていない人間に限った事ではないのでしょうか。
日本人は人との繋がりに関しては、ある意味特殊ですからね。
やはり気にしない人は居ないのでしょうかねw

>4月から社会人
う、それは御苦労様であります(T_T)
私もそうなりますが、きっとブログか何か(SNS?)はやり続けるでしょうねぇ・・・。
ある意味もう、生活の一部ではありますから。
ネットは趣味として好きですし(特に読む方は)ww

>閲覧者一日500人(おっ)
最近『てきとうなもの』さんのカウンターの回り具合を見ていると、戦慄を覚えて逃げたくなります(ぇ)ww
正直自分の知っている中では、良質なネタ&個性を見られる日記サイトなので、評価はもっと加速度的に上がっても良い位だと思いますし、「ああ、やっぱり頑張っていると良い事があるのだな~」という、私にとってのみちしるべでもあります(^^ゞ

>好きなサイトはコメントまで見る
コメント欄での管理人の個性が好きなんです(笑)
記事は「管理人→読者」の一方通行なものなので、その人の個性が表れない事も多いのですが、やはりコメントはコミュニケーション(対話)ですから、一方通行では見えない管理人の顔が見える気がして、私は面白いし好きです(^_^;)

>やってることは違うけど悩みは似てますね
まあ広い意味で言えば同じブログ管理人ですから・・・。
それで同じ様な所に問題が表れてきたのかもしれません。

『てきとうなもの』さんの様なニュース取り扱いブログがこれからも存在してくれると、我々弱小方面に位置するブログ管理人にとっては嬉しいですし、ありがたいのですが。


P.W.   Secret    

Trackback

http://ariasblog.blog42.fc2.com/tb.php/113-7446c878

FC2Ad

.


ARIA

Author:ARIA

世界は美しい“こと”にみちて.
・詳しい自己紹介
・お気に入り作品リスト
・今期視聴予定アニメリスト
・ブログの方針
・全記事タイトル表示


・Web拍手ボタン


あァ?


杏「ちょうどいいところにきたわね。
どうせ暇してるんだったら、拍手くらい送っていきなさいよ!」


「・・・あァ?なによ?ヘタレのくせに、この私の頼みが聞けないっての!?」



ひいっ!


春原「ひいぃぃぃぃっ!
お、お、押させて頂きますっ!!」

 



My Profile by iddy

 

ご意見・ご感想・ご批判,
その他何かございましたらこちらまで

サイトの推薦もお待ちしています。

 

 

 

 

 

 

・てきとうなもの
・仮のブログ
・擬態箱
・アニメanimeANIME中心
・ANDANTE ~歩く様な速さで~
・K-DIARY
・萌えと燃えの日記。
・wind
・AM日記@beNatural
・初音島情報局
・TwinTailSanctuary
・ForbiddenfruitHomepage
・GrapefruitHomepage
・TMくんのホントのトコロ
・W.N. Central Station

~TDAC(ツンデレ学会)関連~
・ツンデレ学会公式サイト
・キノ"こ"の旅
・All things are inane
・あかいあくま.ねっと
・とあるヲタクの禁書日記
・いまじならっく

 

~Twitter~
・Twitter

~RSS Reader~
・livedoor Reader

 

※このサイトでは一部、及び一時期において、『Key Official HomePage』『ねこねこソフト Official HomePage』『ハイクオソフト Official HomePage』『Navel Official Website』『Fizz official web site』『コットンソフト Official HomePage』『TVA「ひとひら」公式サイト』『わつき屋』『幻想遊技施設』の画像素材を使用しています。
著作権はそれぞれの会社等に帰属します。
また、これらの素材を他へ転載することを禁じます。

 

  since 2005/12/27 ※前ブログ(『ARIA’s Diary』 http://ariasdiary.blog27.fc2.com/)は、2005/10/1開設
  (C)ARIA’s Blog / 管理人:ARIA