ARIA’s Blog

Entry 126   Permanent LIN K



~ Information ~


■諸々辞めましたが,Twitterでは今まで通りに

適当な情報botと毒を吐いていることと思いますので,

よろしければそちらで付き合ってやってください。




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --/--/--   スポンサー広告        ↑ 

3月終了アニメの総括Part.3

・『闘牌伝説アカギ~闇に舞い降りた天才』 第26話 「狂気と闇と・・・」に寄せて

鷲巣様ヘタレ過ぎww
確か原作はまだ対鷲巣戦が終わっていないという様な話を聞いた事があるので、この終わり方はまあ許容範囲内だったかと思います。
でもコレだったら、「鷲巣様が余りに御疲れになってしまったので、この場は撤収して今後また再戦しようぜ!」エンドの方が、まだ後味は良かったかな?^_^;
福本先生が日テレ雀ニックに出ている余裕があるんだったら、アニメオリジナルで新たにライバルキャラを作ってもらって、そのキャラとの死闘に何とか勝利するアカギとか、原作とは違う展開を描けたのでは?等など、いろいろな疑問は湧き上がりますが、兎にも角にも2クール通して描かれた心理戦の凄味は本当に見事でした。
何よりも麻雀好きとして、このアニメが放映された事こそを非常に喜ばしく思っています。


・『鍵姫物語 永久アリス輪舞曲』 第13話 「A Golden Afternoon」に寄せて

普通に無難な電波テイストストーリーで終わった感じかなー・・・。
後半の超展開の連続にはある意味度肝を抜かれましたけど、面白かったかどうかと言うのとは、また別な話という訳で。

最終話はオマケストーリーでしたので、ひとまず置いておくとしても、結局「終わらないアリス」を巡る戦いで何が得られたのかも分からないですし、全ての問題解決後に、妄想癖激しい兄妹とその仲間との日常に、どんな変化があったのかも掴みきれませんでした。
特に楽しい作品でもなかったので、コレをまともに評価する事は私には厳しいですね~orz
池田眞美子&宮崎なぎさコンビは、やっぱり『D.C.』だけが神だったのかな・・・。


・『かしまし~ガール・ミーツ・ガール~』 第12話 「やがて恋が始まる」に寄せて

ゴメン、完全に私が間違ってたよ・・・_| ̄|○
絶対に今期最高傑作の一角に入り込むであろうと思っていたのに、途中からどう考えても駄作(追記:むしろ、期待が大きすぎて、裏切られた様な気分になっただけという気もする)でした。
結果的に、この作品の良い部分はゆうまおさん作詞・作曲の歌だけでしたか。
特に最終回に関しては、語るとはらわたが煮えくり返りそうなので、もういいや。
何やら未放送分の13話がDVDに収録されるとかいう話ですけど、今後そのやり方が通用する(当たり前になる)業界になったら、本当にお終いだと思います。

・・・で、結局はずむが女になった意味は?
これじゃただのエロゲ主人公ですよね?orz
アニメは並子先生エンディングっていう認識で、FA?
※ある意味1番まともな恋愛感情を見せ付けてくれたのは並子先生だよ・・・これ・・・。


という訳で私は、原作の方の終わり方に期待する事にします。


と思ったのですが、一応少し総括を。
蛇足な最終カットはともかく、キャラ萌えアニメの出来としては、まともな方だったかと思います。
複雑難解なテーマを扱いきれずに暴走してしまった感じもある後半が微妙ではありますが、前半は素晴らしかったです。
活かしきれていないキャラクターとエピソードの数の多さは不満ではありますが、1クールの作品としては楽しかった方でしょう。
キャラクターの魅力は、最終的にシナリオの酷さの下、埋没してしまった感じもありますが、総じて高かったと思います。

描きたい事が多すぎて、結局全てが曖昧になってしまったという気もしますが、今期の中では良作でした。
・・・この12話以外は(T_T)

だからやす菜×とまりエンディングを希望したのに・・・(ぇ)

※追記でmixiの方に上げた『かしまし』の感想に、一部加筆修正を加えたものを掲載。

今期は『Canvas2』が非常に納得がいかない、後味の悪い最終回を描いてくれましたけど、『かしまし』はある意味ではそれ以上に微妙な想いを持ってしまいました。

三角関係というテーマを打ち出した以上、“ハーレムで終わる”にしろ、“どちらかを選びどちらかを傷付けて終わる(ex.『君望』)”にしろ、「結果」と言うものが「最重要事項」であるという事には違いないのに、それを最後の一連のシーンを挿入する事によって、“唐突にあやふやのまま”終わらせてしまうとは・・・。
今期1番楽しみにしていた作品なだけに、これでは何の言葉も出ないですよ○| ̄|_

でもまあ、最終回(Aパート)のとまりは切なくて、愛おしかったです。
ゆかりんの名演も光っていましたし、中の人繋がりで某キャラを思い出しました(T_T)

メチャクチャどうでも良いですが、最後に光が降り注ぐシーンを見て『CLANNAD』かよ!?と叫んだ私は逝って良いですか、そうですね(爆)
スポンサーサイト

    2006/03/30   TVA 『かしまし』 感想     126TB 0   126Com 10  ↑ 

Comment

かる~く反応してみる リョウ   URL   2006/03/30   [ Edit ]

アリス・・・・・途中から見る気がなくなって適当視聴だったため、
あんまり良く憶えていないんですよね~(苦笑
お気に入りキャラもいなかったので辛かったです・・・見るのが!

かしまし・・・・・確かに途中までは面白かったのですが、
後半で失速しました。
キャラ的には良かったんですけどね・・・
こちらも1クールでは短すぎたのかな?

まあ、いつの間にか名誉会員になっていたのが一番の思い出ですね(笑

コメント、ありがとうございます ARIA   URL   2006/03/30   [ Edit ]

>リョウ様

ども!
何かうーん、期待しすぎただけだとは思うのですが、私にはちょっと、許容しがたい最終回だったかと感じてしまったんですよね>『かしまし』

下手に原作を見てしまった所為かも知れませんが、はずむの扱いとやす菜の扱いが原作と比べると落ちる気がするのです。
このアニメの在り方だと、あゆきも悪女扱いできてしまいますし。
最終回のとまりの描写は個人的にはグッと来るものがあったのですが、一旦やす菜エンドに持っていくのだったら、やす菜とはずむとの関係を、もっと明確にして貰わないとダメだったと感じました。
そして最後の最後に、意味深で唐突過ぎるあやふやな言葉・・・。
私的には、これでは『Canvas2』よりもポカーンですよorz

キャラは今期中最高クラスだったと思うのですがね~。
声優さんの豪華さも名演も光っていた回が多かったですし、挿入歌テーマソング共に素晴らしかったです。
それだけに、後半の何ともいえない微妙さ加減が、余計に目立てしまう事になってしまった様に感じたのが、惜しかったです。
応援していただけに、本当に悔やまれます~(T_T)


・・・え?アリス輪舞曲ですか??
『かしまし』のショックで吹っ飛んでしまいましたよ(爆)
印象としては無難に電波ストーリーだったかなぁという感じですが(^_^;)

確かに・・・微妙な終わり方。 chibi   URL   2006/03/30   [ Edit ]

どうもご無沙汰しています。
何かがっかりしました。最終回。
結局何を伝えたかったのかイマイチ
把握出来なかったし。・・・ ( 苦笑 )
何でまた三角関係匂わす終わり方にするのかな。
やす菜とのエンドよりも私も、とまり×やす菜の
エンドがいいとお祭りの回の後から思った程。
この2人の方が見ている側も感情移入
出来たし11話のビンタの展開もなかった筈。
やはり「ガラスの仮面」並みのクールなら
もっと楽しめたのにと思うと残念ですね。
優柔不断な主人公はイラッとしました。

>最後に光が降り注ぐシーンを見て・・・
私は、カードキャプターさくらでの月峰神社の
お祭りでさくら、知世、李君、桃矢、雪が揃ってて
最後さくらが「さくらカード」の魔法の呪文で
「グロウ」のカードで「月峰神社」の停電を
さくらが明るく照らすシーンとダブりました。
( カードキャプターさくら見ていないと分からない )

なまじ原作見ない方がいいという事ですか。

アリス&かしまし&mixi アス   URL   2006/03/31   [ Edit ]

どもです^^

>アリス
最終回にこれはないだろ!と思いましたww
見た感想では、「あ~1話残っちゃったから、適当で良いか~」って感じにしか見えません^^;
今回の意味深なギャグRPGをやるくらいなら、普通に後日談を作った方が良かったと思いますね。

>かしまし
コレに関しては友人からビデオ借りて、もう少しで全話見終わります^^;
最終話は微妙すぎますね。
ラスト、はずむが川を渡る意味はどう解釈すればよいのか凄く悩みます^^;
結局はやす菜がとまりのところに行くよう言ったのでしょうか・・・。
何か中途半端すぎて不満の残る内容になってしまいました(泣
私も最終話だけ記事書こうと思っているんですが、書きにくいなぁ~と悩んでいます^^;

>最後に光が降り注ぐシーン
やっぱりCLANNADですよねwww
奇跡は起こらなかったけどw

>mixi
メールありがとうございました^^
mixiって18歳未満は禁止なのか!!と驚きましたwww
まぁ、残念ではありますが・・・私はブログの方を楽しみにしますので、謝らなくても結構ですよ^^

コメント、ありがとうございます ARIA   URL   2006/03/31   [ Edit ]

>chibi様

御無沙汰でした。
かしまし感想、途中から書きませんですみませんでした。

やす菜が「あのね」を言った時に夏服を着ていて、はずむがとまりに対して最後に「あのね」を言った時には、冬服を着ているという指摘が、各所でされていました。
となると憶測に過ぎませんが、やす菜の「あのね」は、(11話のとまりさん、ありがとう「でも」を伏線と考えると、)もう一度病気の事抜きで、はずむにやす菜ととまりのどちらかを選んで欲しいというお願い(もしくは自分は身を引くからとまりの事を選んであげてという願い?)で、
はずむの「あのね」は、(はずむととまりにとっては重要事である)川を渡っている事を考慮に入れると、やす菜の願いを受けて長い間悩んでいたはずむが、ようやく結論を出して、とまりを選んだという証と受け取れるのではないのか?との事ですが、私的にはそれでもいまいちだと思うのですよね・・・。

原作と比べると、はずむが女性化してしまった事の意義が薄くなっている事
あゆきの行動が、計算ずくの演技にしか感じられなくなっている事
とかが目立っちゃった感じでしょうか。

原作の展開から少し逸れた段階であれれと思っていたのですが、アニメは「最終結果的」に見ると、凡作になってしまったような感じですかね。
あゆきとか明日太をメインにした回も今となっては、必要なかった風にしか感じられませんし(T_T)
むしろそれの所為でラストがあやふやだった事を考えると、7話8話をカットして、はずむのとまり&やす菜との関係をより深く描いて欲しかったのですが・・・。

原作3巻見てると、妙に仲良いんですよね、とまりとやす菜ww
それがツボにはいってしまって;・・・半分冗談ではありますが、この終わり方に比べたら、とまり×やす菜もある意味ありだったかなという気がします(^_^;)

CCさくらは初めてビデオを買ったほどの大ファンなので(笑)※当時はDVDが無かったのですorz
もちろんグロウも知っていますよ!
確かに似た感じは受けますねww
光が一面に溢れるような描写はありがちなのかもしれませんが、案外私は好きです。

最後まで拙文で申し訳無いですが、今まで私の『かしまし』感想に御付き合い頂きまして、本当にありがとうございましたm(_ _)m

コメント、ありがとうございます ARIA   URL   2006/03/31   [ Edit ]

>アス様

あ、ごめんなさい(^_^;)
アスさんへのレスで書くべき事も、前のchibiさんへのレスに一部含めてしまったので、それを参考してください。
※かしましの最後の解釈辺りです。

アリスは・・・監督とシリーズ構成脚本のファンだったので、最初は期待してみていたのですがねぇ。
やはり原作と制作会社の影響も多少はあるのでしょうか、私には微妙な感じでした。
結局何がしたかった・何が変わったのかが、いまいち伝わってこなかったので・・・orz

>最後に光が降り注ぐシーン
どう見てもCLANNADです。
本当にありがとうございました。

>mixi
うーん、本当にすみません;
まさかあんな規約があるなんて思わなかったので。

1月スタートは困ったチャンばかり・・ 鷹2号   URL   2006/03/31   [ Edit ]

ARIAさん ご機嫌麗しゅう~

 鍵姫ダメ、かしましも最後でコケタ・・・
 舌が肥えてきたのかな? 面白いと感じる作品が減りました。それともただ単に面白くないだけなのか。

 でも去年のまほらばとかやってた時は、どのアニメも楽しかったのに~

 宮崎なぎさはホントにDCだけが良かったみたいです。今となってはネギまで更迭されたのも納得。

 かしましは10話までは楽しかったんですけどね。
 とまりの河原のシーンで終われば評価を高くするんですが・・・
 まあ散々楽しく叫びながら見たので、10点満点で7点ぐらいあげよかなと思います。

 4月スタートは4つほど面白そうなのがあるので、サクッと忘れて次を楽しみます~

潤です   URL   2006/04/01   [ Edit ]

まだこちらでは、かしましの最終回はまだなのですが
できるだけ、最終回の感想をみないように(笑)
してるのですが、やはり目に入るのですが
あまり評判はよろしくないみたいですね・・・
まぁまた最終回をみましたら反応したいと思います~

コメント、ありがとうございます ARIA   URL   2006/04/01   [ Edit ]

>鷹2号様

ども、ご機嫌麗しゅうです~!!

アリスはねぇ・・・。
うーん、少なくとも私には何がしたくて、何が結果として変わったのかがつかめなかったのが痛いですよ。
結局妄想の世界に生きる主人公が、自分の妄想を満たし続けるだけで終わってしまった感じです。
池田・宮崎コンビはもうダメーポですかねぇ^_^;
少なくとも『エマ』で、それなりの仕事を見せてくれた池田眞美子さんは、まだまだ力があると思うのですが。
宮崎なぎさ女史にしても、『シスプリリピュア』と『D.C.』が幻だとは思えないですし・・・orz

『かしまし』は普通に良作認定なのですが、最終回だけはどうにも気に食わないです。
「余りにも」「唐突に」「視聴者に委ねる形」で終わっちゃダメですよ(-_-;)

個人的には実は、4月期の方が期待薄なんです(爆)
あんまり見たいと思う作品が無いです;
アニメに飽きてきてるのかも!?(T_T)

コメント、ありがとうございます ARIA   URL   2006/04/01   [ Edit ]

>潤です様

ども!
『かしまし』の最終回は、正直書いちゃってる身としては申し訳なくて、こんな事言ったら怒られてしまいそうですが、あまり周りの評判は鵜呑みにしない方が良いと思います。
決して悪くは無いのですが、最後の締めの方法が特殊すぎて、「普通は」理解不能なだけですから・・・(笑)


P.W.   Secret    

Trackback

http://ariasblog.blog42.fc2.com/tb.php/126-96f62cd1

FC2Ad

.


ARIA

Author:ARIA

世界は美しい“こと”にみちて.
・詳しい自己紹介
・お気に入り作品リスト
・今期視聴予定アニメリスト
・ブログの方針
・全記事タイトル表示


・Web拍手ボタン


あァ?


杏「ちょうどいいところにきたわね。
どうせ暇してるんだったら、拍手くらい送っていきなさいよ!」


「・・・あァ?なによ?ヘタレのくせに、この私の頼みが聞けないっての!?」



ひいっ!


春原「ひいぃぃぃぃっ!
お、お、押させて頂きますっ!!」

 



My Profile by iddy

 

ご意見・ご感想・ご批判,
その他何かございましたらこちらまで

サイトの推薦もお待ちしています。

 

 

 

 

 

 

・てきとうなもの
・仮のブログ
・擬態箱
・アニメanimeANIME中心
・ANDANTE ~歩く様な速さで~
・K-DIARY
・萌えと燃えの日記。
・wind
・AM日記@beNatural
・初音島情報局
・TwinTailSanctuary
・ForbiddenfruitHomepage
・GrapefruitHomepage
・TMくんのホントのトコロ
・W.N. Central Station

~TDAC(ツンデレ学会)関連~
・ツンデレ学会公式サイト
・キノ"こ"の旅
・All things are inane
・あかいあくま.ねっと
・とあるヲタクの禁書日記
・いまじならっく

 

~Twitter~
・Twitter

~RSS Reader~
・livedoor Reader

 

※このサイトでは一部、及び一時期において、『Key Official HomePage』『ねこねこソフト Official HomePage』『ハイクオソフト Official HomePage』『Navel Official Website』『Fizz official web site』『コットンソフト Official HomePage』『TVA「ひとひら」公式サイト』『わつき屋』『幻想遊技施設』の画像素材を使用しています。
著作権はそれぞれの会社等に帰属します。
また、これらの素材を他へ転載することを禁じます。

 

  since 2005/12/27 ※前ブログ(『ARIA’s Diary』 http://ariasdiary.blog27.fc2.com/)は、2005/10/1開設
  (C)ARIA’s Blog / 管理人:ARIA