ARIA’s Blog

Entry 160   Permanent LIN K



~ Information ~


■諸々辞めましたが,Twitterでは今まで通りに

適当な情報botと毒を吐いていることと思いますので,

よろしければそちらで付き合ってやってください。




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --/--/--   スポンサー広告        ↑ 

アニメ感想まとめ(2006・7・24)

・『僕等がいた』 第3話

うん、私が今期1番胸を張って好きだといえる作品は、これに決定しました。
矢野と七美の軽やかな掛け合いがとても面白くて好印象です。
青春だなぁといった良い意味での若さ・臭さ・馬鹿っぽさがたまらなく私の胸を打ちますよ。

冒頭の七美の好きな人と会えなくて残念っていう様子も、少女マンガらしい描写で素敵。
「矢野に会えるかもしれないから」って思いつつ浴衣着たりと、恋に初々しい女の子の描写が丁寧に綴られています。
これぞ、まさに少女マンガの本道。

後半は打って変わって、矢野と山本姉との馴れ初め話。
過去を掘り下げる事によってキャラクターを活かす段階に入ってきたという事かと期待してみたのですが、山本姉の微妙なキャラクター像に少しばかりゲンナリしてしまいました。
頭が悪くても好感が持てるタイプのキャラクターが主人公の七美ですが、頭が悪くて好感が持てないタイプのキャラクターが山本姉っていう事なのかな?
そうだとすると、ちょっと作者にとっては都合が良過ぎるキャラクター設定だと言う気がしてしまいますので、残念かも。
しかし、まだ過去に秘められた事が多くありそうですし、矢野と山本姉をもっと深く掘り下げてくれれば見えてくるとは思いますが・・・。
このままの「馬鹿な自分を売りにして男を魅了する軽薄なキャラクター」で終わらせて欲しくはありません。

あと矢野は、ちょっと魅力が感じ難いキャラクターになってきてしまっている感じがします。
クールでつかみどころが無いのも大概にして欲しいかな。
それを考慮した上で、矢野と正反対の竹内がいるみたいですけど、今のところは彼が活かされていないので、男性視聴者には作品内の男性像が作り物めいていてちょっと辛いかも^^;


・『おとぎ銃士 赤ずきん』 第4話 「グレーテルの罠」

展開が早くて、次々とキャラクターを消化してしまうつくりのため、キャラクターの掘り下げも何も無いので感情移入というか、考え方に共感できにくくなっている点が痛いかも。
その所為で草太がグレーテル(えりか)を信じるとか言われても、明らかに敵だと見た目だけでも分かる者に対して言っているので、正直DQNにしか思えませんでしたorz

白雪の事を信じ切れなかったりんごの構図は良かったですが、これも少し強引にとってつけたかの様な印象は拭えず。

グレーテルの戦闘コス、大剣はメチャクチャ萌え。
ツインテールキャラ万歳!(笑)


・『Cool×Sweet』 第4話 「ココナッツの夏」

おお、キャラクター個別のストーリー段階に入ったからか、今までの話よりか格段に見られるようにはなりました。
椰子の父を亡くした過去と、母の再婚に反対して頑なになってしまった心を、素奈緒が演劇に打ち込む姿によって解きほぐしていくという構成自体は良かったと思います。
ただ、実際母親の再婚問題がどうなったか等の事後談が語られていないので、消化不良気味ではありましたが。

夢に打ち込むことの大切さ、最初から上手い人なんていない・努力する事の大切さというメッセージはまあ良いのです。
しかし、椰子の性格に対する訴えではありますが、再婚問題に対する抜本的解決に繋がるものでは無いのですよねぇ、これ。
伝えたいテーマとエピソードの整合性が取れていないのは、勿体無いと言いますか、少々問題があると思います。

・・・・・・ツンデレ関係ないよとか、ガラスの仮面演劇に打ち込む熱血アニメだとか、主人公が女である事の意義が分からないとかいうのは諦めた。
むしろツンデレしていない分自分向き?とか思っているのは内緒(爆)


・『N・H・Kにようこそ!』 第3話 「美少女にようこそ!」

やべぇ、マジでツボに入ったかも知れん。
この作品を爆笑しながら見てる自分が真面目に病んでいるのかは、もう判断不能になってきちゃった感じ。
個人的に苦手なネタ・ギャグアニメとしては、本当に異例な存在となってきました。
・・・最早ひきこもりじゃなくなってる主人公に対するツッコミとかはこの際置いておいて、過剰すぎるバカ演出、ぐうの音も出ないダメなストーリー展開、痛々しいのを取り越して共感と奇妙な愛着までをも感じさせるキャラクター造詣、全てがある意味で面白いです。
エンターテインメントとして、あえてそう見せているのであれば、伝説的な名作でさえある気もするのですが、「多分自分が過剰に反応してしまっているだけだな、こりゃ」という感覚にさせてくれる微妙な毒々しさも好み(笑)

「ギャルゲなんか・・・」と馬鹿にしていた人間が、いざやってみたら大ハマりで、妹キャラを目の当たりにして「俺がお兄ちゃん!」と悦に浸るわ、貸してくれた友人山崎に夜中ひっきりなしに電話をかけては、あの(エロ)シーンが見られないと文句をたれたり、攻略が完了した後キャラクターの妄想に浸って繰り出された「ギャルゲー最高!」の名セリフとか、もうね・・・

お前も俺か!

って言うくらい、自分がギャルゲーをやり始めるまでに至った過程に酷似していて、過去の自分の姿を投影して咽び泣き笑いましたとさ!!

○| ̄|_

・・・とりあえず、ギャルゲとエロゲは一緒くたに語っちゃいけないんですよね?エロい人!w

エロゲにハマりすぎて不眠不休でプレイしたり、エロゲ制作の資料集めだと言って、エロ画像を10日間飲まず食わずで探し続け、挙句の果てには120GBのHDDを埋め尽くしてみたり、ダメ人間な描写を徹底して見せているところに笑いとある種の変な共感を感じさせる構成が、素晴らしく巧みです。
エロさえあれば、漢はひきこもれるんだろうなぁ・・・遠い目。
そしてそれを山崎に「その努力をもっと他の所に向ければ・・・」と至極正論を述べさせて突っ込ませるシニカルさがとても楽しく、印象深いです。

ただ、盗撮とか、犯罪レベルの事になると流石に引いちゃいますよ。


・『ゼロの使い魔』 第4話 「メイドの危機」

才人の活躍も無く、何をしたいのかが全く分からないお話。
シエスタ当番回という事で期待していたのですが、見事に裏切られてしまったなぁといったところ。
そもそも、今までの才人とシエスタとの間にそこまで深い関係が合った訳では無いので、学園からシエスタが去ってエロ貴族に連れて行かれたという話を聞いて、才人がシエスタを助けに単身貴族の家に乗り込んでいった心理過程に同調できません。

キュルケの家の宝である本を譲り受ける為に学園に戻ったのに、キュルケがいつも通りに接しているだけで「お前ら貴族はクソだ」といきなり罵倒したり、貴族の家には本を持たずにキュルケの剣を奪って持って行き、無謀な突入をしたり。
(折角前回に自分の剣を手に入れたのに、それが活かされていないというのには、何か意味があるのかな?)
前にも言いましたが、私には才人が無茶な性格という枠を通り越して、ただのDQNにしか思えないのですよ(-_-;)
そして結局はルイズとキュルケに助けられて何もしていないのに、シエスタには感謝されてキスまでされちゃっていますし。

・・・うーん、エロ本であっさりと才人の無礼を許したエロ貴族の件といい、今回の話はご都合的過ぎる気がしてしまいました。
スポンサーサイト

    2006/07/24   2006年・第3クール アニメ感想     160TB 0   160Com 6  ↑ 

Comment

NHKにようこそ! アス   URL   2006/07/25   [ Edit ]

こんばんは^^

NHKにようこそ!はもうツボですよねwww
私も今回はちょっとwww

>エロゲにハマりすぎて不眠不休でプレイ
これは私も経験済みですから、共感を覚えてしまいましたwww
ってか、私ってまだ18(ry

>120GBのHDDを埋め尽くしてみた
これは恐ろしいものですwww
しかも不眠不休&絶食(10日間)ってさすがに逝きますよ^^;
山崎はまず病院に連れて行ってあげるべきですよ、あれは・・・。
それがどうして盗撮なんかに(´Д⊂

とりあえず、エロさえあれば人間は生きていられるのではないか?と思わされましたwww

nekonii@ねこにこばん   URL   2006/07/25   [ Edit ]

>ツインテールキャラ万歳!
ARIAさんいまごろキてるだろうなーと思って見てましたw
ええい,じゅーうすぃーなポニテはおらんのか!

ゼロの使い魔は…
今週は無理がありすぎました.シエスタの存在自体,とってつけたような感じがありましたし.

コメント、ありがとうございます ARIA@管理人   URL   2006/07/25   [ Edit ]

>アス様

基本的に自虐系のギャグや芸人は好むからか、作風は「私は」好きですねぇ。
今回の話はギャグと誇大妄想のダメっぷりが非常に良くマッチングして、話のテンポと面白さを増していたと思います。

まあ、10日間不眠&絶食は、誇大化した虚言でしょうww
・・・実際にやってのけていそうなのが怖い所ですが。

エロさえあれば、漢は生きていけ(ry

・・・しかし私の人生も、「ギャルゲー最高!!」で終わるのかorz

コメント、ありがとうございます ARIA@管理人   URL   2006/07/25   [ Edit ]

>nekonii@ねこにこばん師

>>ARIAさんいまごろキてるだろうなーと思って見てましたw
す、すみませんww
不肖の弟子が、アニメ視聴の妨げをしましたか(^^ゞ
ええ、まあ録画したビデオで見ながら興奮して悶えてました(爆)

>>ええい,じゅーうすぃーなポニテはおらんのか!
で、そういう私はポニテキャラを見る度に、「ああ、これはnekoniiさんが喜んでいらっしゃるだろうな~」と思うわけですが(ぉ)
『赤ずきん』はキャラクターが出揃っていないですし、まだ諦めるのは早いかも!?ですよw
・・・ところで、髪は短いですけど、今のところはこれでどうでしょうか?
http://www.konami.jp/visual/akazukin/game/index.html
※準備中を知らせるりんごのビジュアル
りんごなら釘宮さんでツンデレですし、短めの髪でも束ねていれば・・・萌えでしょ!!(笑)

久々に笑いすぎて腹筋がw うつろねこ   URL   2006/07/27   [ Edit ]

N・H・K面白いですね~w
展開、演出共に最高に弾けてましたwww
序盤だけの爆発でなければいいのですが(´・ω・)

>ギャルゲとエロゲは一緒くたに語っちゃいけないんですよね?エロい人!w
お、俺の事か!?Σ (゚Д゚;)
すみません自意識過剰ですorz
ギャルゲと言うと18禁以外も入ると考えてますがどうなんでしょうね?

ゼロの使い魔4話はオリジナル話だったみたいですね。
だから今回のgdgd展開は仕方ないかと。
でも今後もこんな感じだと酷く不安・・・(^ω^;)
Cool×Sweetも同様にこれからの展開が不安です('A`;)

コメント、ありがとうございます ARIA@管理人   URL   2006/07/29   [ Edit ]

>うつろねこ様

>>N・H・K面白いですね~w
相変わらず自虐的だったり誇大妄想だったりと毒ですけど、そこが私にはマッチした感じです~。
でも1、2話の頃よりかはギャグ要素が強くなったので、普通に面白くなってきました。

>>お、俺の事か!?Σ (゚Д゚;)
まあ、うつろねこさん、たまにエロゲのプレイ日記書かれていますしねww
私はもうすっかり、ギャルゲもエロゲもご無沙汰してしまっていますねぇ。
「うたわれるもの」とか、ねこねこのぽんこつゲー(誉め言葉)くらいは、折角だから今年中にやっておきたい。
正直、最近はアニメばっかりで食傷気味ですしorz
その前に買ったまま放置しているKeyのゲームが・・・('A`;)

私の感覚では、ギャルゲは18禁じゃない美少女ゲームのこと、という思いなのですが、実際はどうなのですかね?w

>>ゼロの使い魔4話はオリジナル話だったみたい
なんだか、原作での重大な設定を無視して話を作っていたみたいですね。
でも原作知らなくても、明らかに才人の行動とかおかしかったですからねぇ。
今回はちょっと良くない回だったって事で、次回から巻き返しに期待ですかね。

しかし、どの作品もアニメオリジナルになると、どうして原作を破綻させるストーリーになるのか・・・。
設定を活かしつつ巧いオリジナルを作るのは、本当に至難の業なのですかね。

「Cool×Sweet」は、原作を知らない人間としてはツンデレじゃなく、青春熱血ラブコメ物語としてなら、今のところそれなりには楽しめていますが・・・(^_^;)


P.W.   Secret    

Trackback

http://ariasblog.blog42.fc2.com/tb.php/160-cb39daef

FC2Ad

.


ARIA

Author:ARIA

世界は美しい“こと”にみちて.
・詳しい自己紹介
・お気に入り作品リスト
・今期視聴予定アニメリスト
・ブログの方針
・全記事タイトル表示


・Web拍手ボタン


あァ?


杏「ちょうどいいところにきたわね。
どうせ暇してるんだったら、拍手くらい送っていきなさいよ!」


「・・・あァ?なによ?ヘタレのくせに、この私の頼みが聞けないっての!?」



ひいっ!


春原「ひいぃぃぃぃっ!
お、お、押させて頂きますっ!!」

 



My Profile by iddy

 

ご意見・ご感想・ご批判,
その他何かございましたらこちらまで

サイトの推薦もお待ちしています。

 

 

 

 

 

 

・てきとうなもの
・仮のブログ
・擬態箱
・アニメanimeANIME中心
・ANDANTE ~歩く様な速さで~
・K-DIARY
・萌えと燃えの日記。
・wind
・AM日記@beNatural
・初音島情報局
・TwinTailSanctuary
・ForbiddenfruitHomepage
・GrapefruitHomepage
・TMくんのホントのトコロ
・W.N. Central Station

~TDAC(ツンデレ学会)関連~
・ツンデレ学会公式サイト
・キノ"こ"の旅
・All things are inane
・あかいあくま.ねっと
・とあるヲタクの禁書日記
・いまじならっく

 

~Twitter~
・Twitter

~RSS Reader~
・livedoor Reader

 

※このサイトでは一部、及び一時期において、『Key Official HomePage』『ねこねこソフト Official HomePage』『ハイクオソフト Official HomePage』『Navel Official Website』『Fizz official web site』『コットンソフト Official HomePage』『TVA「ひとひら」公式サイト』『わつき屋』『幻想遊技施設』の画像素材を使用しています。
著作権はそれぞれの会社等に帰属します。
また、これらの素材を他へ転載することを禁じます。

 

  since 2005/12/27 ※前ブログ(『ARIA’s Diary』 http://ariasdiary.blog27.fc2.com/)は、2005/10/1開設
  (C)ARIA’s Blog / 管理人:ARIA