ARIA’s Blog

Entry 162   Permanent LIN K



~ Information ~


■諸々辞めましたが,Twitterでは今まで通りに

適当な情報botと毒を吐いていることと思いますので,

よろしければそちらで付き合ってやってください。




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --/--/--   スポンサー広告        ↑ 

『ARIA The ANIMATION』 第2話 「その 特別な日に…」 感想

どうやら、アニメの「ARIA」の基本的な構成は、原作にあるストーリーの2~3話を1話にまとめて、それにオリジナル要素を加えて仕上げる。と言う感じのつくりになっているようですね。
今回の話の元になったのは、原作「AQUA」の“水没の街”と「ARIA」の“水の3大妖精”と言った所でしょうか。


さて第2話ですが、基本的には原作の2つの話をうまく1話にまとめる事ができていたと思います。

ただ細かい点を挙げるとすれば、灯里が1話で「AQUAにきてから2度目の夏」と言っていたのに、アクア・アルタの存在を知らなかったり、晃さんの事や、藍華が姫屋の跡取り娘である事をすでに知っているのに、姫屋の場所を知らなかったりと、設定がちぐはぐな印象を受けました。
(これは私が原作好きだからかもしれませんが)
あと相変わらず、専門用語が出てきても全く説明がなされていないので、原作未読の人にはちょっと不親切なつくりかもしれません。

これら全ての事を含めて思った事が、(1話の時にも書きましたが)
「普通に原作「AQUA」の1話から順に始めていれば問題無かったのに、残念だなぁ」という事です。アニメは13話しかないので、できる事が限られてしまうから、原作の良い話を選りすぐって構成したかったのでしょうが、もう少し順を追って丁寧に作って欲しかったです。
まあ主要キャラクターの殆どが、原作「ARIA」からの登場ですから仕方が無いのかな…。

あと気になったのがOPテーマがセリフと重なってしまい、今のところしっかりと流れていないのですが、これは大きなマイナスだと思います…。せっかく素敵な曲なのですから、きちんと流して欲しいです(-_-;) OPアニメが無さそうな様子を見ると、これからもこの方法で行くのでしょうか?だとするとちょっと残念です。

さてAパートは、相変わらずの美しい風景や、のんびりとした灯里やアリア社長の様子など、随所に「ARIA」らしさが垣間見えました。
原作では全く登場していない(だったはず;)男性ウンディーネと思われるオリジナルキャラを出した点は、原作ファン的に斬新でした。もともと男性比率の少ない作品ですので、アニメならではの面白い試みなのでは無いでしょうか?

個人的に好きなキャラクターである晃さんが登場しましたが、原作よりも段違いに怖かったです
^_^;

もしかしたら原作未読の方には、強烈なインパクトを与えてしまったかもしれませんが、すごく面倒見の良い優しい先輩なのです(笑)
まあこの辺りは、Bパートでお茶目なところも見せていましたから;多分解っては頂けたでしょう。
原作では、晃さんが灯里たちの面倒を見てくれる素敵な話がありますが、アニメで放送してくれる事を願っています(^_^)

さてBパートは、藍華が原作とは違い、本当に家出してお泊りをする所から始まります。この辺りはアニメならではの構成のように思えます。

夕食を作ったりおしゃべりをしたりと言った、仲睦まじい姿を描いてくれた点は、かなり嬉しかったです。こういうシーンは各キャラクターの性格や、それぞれの思いを掘り下げるために重要なエピソードだと思うので、追加されてとても良かったと思います。
その流れの上で原作にもある、「藍華がなぜアリシアさんに憧れるようになったのか?」と言うエピソードに持っていく手法をとったことで、スムーズにストーリーを進行させる事ができたのではないでしょうか。(多少、話し始めが唐突ではありましたが;)

その後の話も原作に沿った形で描かれていたので、特に問題は無かった様に思います。
アニメオリジナルのセリフを使っての、灯里が藍華に晃さんの事について語りかける場面は好印象。アクア・アルタという現象をこの回に用いた良い理由付けになっていたと思います(^_^)
晃さんの優しい部分もしっかり描かれていましたし(笑)

そのほかに多少気になった点を挙げると、原作でもよく使われる独特のデフォルメの絵についてなのですが、少々この1話の間に使いすぎた感じを受けました。明るい雰囲気が出て表現としては好きなのですが、何事も程々が肝要かな?と思います。
今回は多少ロングの絵が多い様な気もしたので、アップになった時に余計にデフォルメの絵が目に付いてしまっただけなのかもしれませんが^_^;

総じてほぼ原作準拠の回だっただけに、細かい点以外はあまり気になる所も無く、「ARIA」らしくのんびりと楽しむ事ができました。
それから今更wなのですが、ED曲がとても素晴らしいですね。
歌が流れ始めると、思わず泣きそうになってしまいます(笑)

さて次回は、いよいよアリスのでっかい登場です(^_^)
これからも期待して、アニメ版「ARIA」を応援していこうと思います。

※元は前ブログ2005/10/14のエントリーです。
スポンサーサイト

    2005/12/28   『ARIA The ANIMATION』 感想     162TB 0   162Com 0  ↑ 

Comment


P.W.   Secret    

Trackback

http://ariasblog.blog42.fc2.com/tb.php/162-4b1d0621

FC2Ad

.


ARIA

Author:ARIA

世界は美しい“こと”にみちて.
・詳しい自己紹介
・お気に入り作品リスト
・今期視聴予定アニメリスト
・ブログの方針
・全記事タイトル表示


・Web拍手ボタン


あァ?


杏「ちょうどいいところにきたわね。
どうせ暇してるんだったら、拍手くらい送っていきなさいよ!」


「・・・あァ?なによ?ヘタレのくせに、この私の頼みが聞けないっての!?」



ひいっ!


春原「ひいぃぃぃぃっ!
お、お、押させて頂きますっ!!」

 



My Profile by iddy

 

ご意見・ご感想・ご批判,
その他何かございましたらこちらまで

サイトの推薦もお待ちしています。

 

 

 

 

 

 

・てきとうなもの
・仮のブログ
・擬態箱
・アニメanimeANIME中心
・ANDANTE ~歩く様な速さで~
・K-DIARY
・萌えと燃えの日記。
・wind
・AM日記@beNatural
・初音島情報局
・TwinTailSanctuary
・ForbiddenfruitHomepage
・GrapefruitHomepage
・TMくんのホントのトコロ
・W.N. Central Station

~TDAC(ツンデレ学会)関連~
・ツンデレ学会公式サイト
・キノ"こ"の旅
・All things are inane
・あかいあくま.ねっと
・とあるヲタクの禁書日記
・いまじならっく

 

~Twitter~
・Twitter

~RSS Reader~
・livedoor Reader

 

※このサイトでは一部、及び一時期において、『Key Official HomePage』『ねこねこソフト Official HomePage』『ハイクオソフト Official HomePage』『Navel Official Website』『Fizz official web site』『コットンソフト Official HomePage』『TVA「ひとひら」公式サイト』『わつき屋』『幻想遊技施設』の画像素材を使用しています。
著作権はそれぞれの会社等に帰属します。
また、これらの素材を他へ転載することを禁じます。

 

  since 2005/12/27 ※前ブログ(『ARIA’s Diary』 http://ariasdiary.blog27.fc2.com/)は、2005/10/1開設
  (C)ARIA’s Blog / 管理人:ARIA