ARIA’s Blog

Entry 163   Permanent LIN K



~ Information ~


■諸々辞めましたが,Twitterでは今まで通りに

適当な情報botと毒を吐いていることと思いますので,

よろしければそちらで付き合ってやってください。




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --/--/--   スポンサー広告        ↑ 

『ARIA The ANIMATION』 第3話 「その 透明な少女と…」 感想

今更気が付いたのですがw、サブタイトルは全部「その ~ …」なんですね(^_^;)

さて今回はとうとうアリスが登場しました。


今回の話は原作「ARIA」の“春一番”と“ため息橋”に、暁さん関連の「AQUA」のエピソードを追加したと言った所でしょうか。

今回はさすがにちょっと、1つ1つのエピソードが駆け足な印象ですね;
私的には(原作ファンとして)“ため息橋”も“春一番”も、「ARIA」らしいのんびりさが顕著に現れた、思い入れ深い話だっただけに、少しだけ残念でした^_^;

OPも今まで通りの手法だったので、多分最後までこのままでしょうね(-_-;)

あと時系列通りで無いため、暁さんがただの変なキャラにしか見えないですね(笑)
できれば「初めてのお客様」のエピソードは、回想で少しだけと言う形で無く、しっかりと描いて欲しかったなぁ…

これらに共通して言える事は、やはり全13話ではこうするより他に方法が無かったんだろうなぁと言う事です。
アニメで尺の問題を言っても始まりませんからね;本当に仕方が無い事だと思います。

さてAパートでは、ついに3人娘のトリを飾るアリスが登場しました。
“ちょっぴり素直じゃない後輩ちゃん”なアリスですが(笑)灯里も言っていましたが、ミドルスクールに通いながら一人前のウンディーネを目指す、とても頑張り屋さんな愛すべきキャラクターです
(^_^)
この3人が揃うと妙にバランスが良いんですよね(^o^)

個人的に今回残念だった事の1つに、まだ藍華とアリスとの絡みが少なかった事があるのですが、(と言うか、Bパート藍華出番無し(T_T))
これからは多分この2人の関係が、大きな見所の1つになると思います。

Aパートで大変興味深かったのが、原作では殆ど全くと言って良い程触れられていない、アリスのスクールでの生活が描かれていた点です。
特に、アリスの友人と思われるオリジナルキャラクターが出て来たのには驚きました。原作では灯里達以外の人との繋がりが、余り描かれていないので(笑)キャラクター設定を深く考察する上で参考になりました(^_^)

そんな彼女ですが、原作では年相応の可愛らしい一面も見せてくれているので、アニメでもそれが描かれる事を願っています(^_^;

Aパート中頃の、灯里と藍華とアリシアさんとのやり取りは、「ARIA」らしくのんびりとした雰囲気で良かったと思います(^_^)
こういうちょっとしたエピソードを真ん中に置くと、話が適度に和んで、落ち着いた時間に浸る事ができるので、「ARIA」の作品の持つ空気に良く溶け込んでマッタリとして良いですね(笑)

アリスに話が戻って、Aパート終盤の暁さんに対して積極的に向かって行くアリスも意外でした。原作では基本的に、(初期のアリスは特に)自分から人と関わろうとしない性格だったので、アニメでは意外と活発なアリスを見る事ができて、アニメならではの新たな一面、と言った印象を受けました。

あとは…アニメでは季節が春じゃなかったので、灯里の
「でっかい春一番だね」が聞けなかったのは寂しかったかなw

ではBパートの感想に入ります(^o^)

Bパート最初の方のネオ・ヴェネツィアを案内する話は、相変わらずの美しい風景もあり、穏やかに流れていく時間を丁寧に描いてくれていたと思います。

さてBパートの基本的な構成は、“ため息橋”にアリスを加えて話を形成したという感じですが、原作だと灯里と暁さんだけで、妙にマッタリした雰囲気を醸し出していた話(そこが好き)だったのですが、ここにアリスを加えると少し引き締まった感じを受けますね(^_^)

原作での、のんびり加減も好きだったのですが、アニメならではの構成のうまさがあって、アリスというキャラクターを特色付けるために、うまく原作“ため息橋”のエピソードに関連付ける事ができていたなぁ…と思っていたのですが;


肝心のため息橋の説明が無かったのは何故ですか!?(-_-;)


これは今回の非常に残念な箇所でした。(原作では)ため息橋の説明をしつつ、いつも恒例wの灯里の「恥ずかしいセリフ」があってこそのエピソードだったのに(T_T)

個人的には原作の中でも、地味ながらもかなり好きな話だったので、ちょっと取り乱してしまいました(笑)

その後の暁・兄登場辺りからは原作準拠でしたね。
「丘の上でも立派なウンディーネさん」のセリフを入れてくれたのは嬉しかったです。

その後原作には無い、アリスと浮き島へ向かい、空中から見る事のできる美しい眺めに時間を費やしてくれた所は、とても素晴らしかったです。
やはりこのアニメの最大の見所は、美しい風景と穏やかに流れる時間、そして温かい人々との触れ合いだと思いますので;

アリスが灯里の心からの笑顔に触れ、初めは頑なだった心を徐々に開いていく過程を、細かく丁寧に描いてくれた所は、今回1番の見せ場であったところでもありますし、とてもうまく描けていて良かったと思います。

総じて、多少詰め込みすぎ感のあった今回でしたが、アニメオリジナルのエピソードに、良い部分が目立った回だったと思います。

ただ細かい部分を挙げると、原作では灯里のことをアリスは、「灯里先輩」と呼んでいたと思うのですが、「灯里さん」になっていたという所と、
せっかく暁さんが出てきたのだから、ガチャペンこと藍華との絡みが見たかったのに、藍華がBパート出番が無かったため、実現しなかったのが残念だったという所が多少気にはなりました。

あとは…作画スタッフさん、大変でしょうが頑張って下さい(^_^;)

今回主題歌CDを聞きながら感想を書きましたが、両方とも良い曲ですね~。
心が洗われる思いです。

BGMも良いので、早くサントラが出てくれるのを祈るばかりです(^o^)

さて次回は…ついに浪漫倶楽部部長・綾小路宇土ウッディーの登場ですね。
アルより出番が早いとは…これまた意外。

細かい部分をつい気にしてしまいがちな「ARIA」ですが、これからも期待して応援していきたいと思います!(^_^)

※元は前ブログ2005/10/21のエントリーです。
スポンサーサイト

    2005/12/28   『ARIA The ANIMATION』 感想     163TB 0   163Com 0  ↑ 

Comment


P.W.   Secret    

Trackback

http://ariasblog.blog42.fc2.com/tb.php/163-1305c3d0

FC2Ad

.


ARIA

Author:ARIA

世界は美しい“こと”にみちて.
・詳しい自己紹介
・お気に入り作品リスト
・今期視聴予定アニメリスト
・ブログの方針
・全記事タイトル表示


・Web拍手ボタン


あァ?


杏「ちょうどいいところにきたわね。
どうせ暇してるんだったら、拍手くらい送っていきなさいよ!」


「・・・あァ?なによ?ヘタレのくせに、この私の頼みが聞けないっての!?」



ひいっ!


春原「ひいぃぃぃぃっ!
お、お、押させて頂きますっ!!」

 



My Profile by iddy

 

ご意見・ご感想・ご批判,
その他何かございましたらこちらまで

サイトの推薦もお待ちしています。

 

 

 

 

 

 

・てきとうなもの
・仮のブログ
・擬態箱
・アニメanimeANIME中心
・ANDANTE ~歩く様な速さで~
・K-DIARY
・萌えと燃えの日記。
・wind
・AM日記@beNatural
・初音島情報局
・TwinTailSanctuary
・ForbiddenfruitHomepage
・GrapefruitHomepage
・TMくんのホントのトコロ
・W.N. Central Station

~TDAC(ツンデレ学会)関連~
・ツンデレ学会公式サイト
・キノ"こ"の旅
・All things are inane
・あかいあくま.ねっと
・とあるヲタクの禁書日記
・いまじならっく

 

~Twitter~
・Twitter

~RSS Reader~
・livedoor Reader

 

※このサイトでは一部、及び一時期において、『Key Official HomePage』『ねこねこソフト Official HomePage』『ハイクオソフト Official HomePage』『Navel Official Website』『Fizz official web site』『コットンソフト Official HomePage』『TVA「ひとひら」公式サイト』『わつき屋』『幻想遊技施設』の画像素材を使用しています。
著作権はそれぞれの会社等に帰属します。
また、これらの素材を他へ転載することを禁じます。

 

  since 2005/12/27 ※前ブログ(『ARIA’s Diary』 http://ariasdiary.blog27.fc2.com/)は、2005/10/1開設
  (C)ARIA’s Blog / 管理人:ARIA