ARIA’s Blog

Entry 181   Permanent LIN K



~ Information ~


■諸々辞めましたが,Twitterでは今まで通りに

適当な情報botと毒を吐いていることと思いますので,

よろしければそちらで付き合ってやってください。




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --/--/--   スポンサー広告        ↑ 

2006年・第4クール新アニメ感想まとめ(続き)

前回のエントリー、「2006年・第4クール新アニメ感想まとめ(暫定版)」に引き続き、アニメ新番組に対する私の独断と偏見に満ちた評価と簡単な感想を記しておきたいと思います。

今回も評価の目安としては、
★×5・・・とても良い ★×4・・・良い ★×3・・・それなり ★×2・・・あまり良くないかなぁ ★×1・・・だめぽorz
みたいな感じで。
★2つ評価以下の作品は、次回以降切ってしまう可能性が高い感じです。
(またまた、中には一部例外がありますがww)

なお、これを元に後ほど、「今期視聴予定アニメリスト」の更新をしようと思っています。

◆木曜日

・Kanon 第1話 「白銀の序曲~overture~」 ★★★★★

詳細はこちらのエントリーに記しておきました。


・銀色のオリンシス 第1話 「水色の再生」 ★

まあ、元々平井絵は好きではないのですが、そんな事よりもストーリー展開が平凡な事と、ロボットものなのにメカデザインが微妙という時点で、大抵見る気は失せる訳で。
私が個人的に、ロボットもの自体が苦手だという事が1番大きいのですがね・・・。


・009-1 第1話 「潜入者たち Infiltrators」 ★★★

原作とか読んだ事は無いのですけれど、普通にスパイアクションものとして楽しめました。
釈由美子さんは今まで知らなかったですけど、演技お上手なのですね。


・あさっての方向。 第1話 「願い石」 ★★★★⇒★(笑)

何で評価が変わっているのかって?
いえね、「からだちゃんかわいいよからだちゃん!!」って言いながら見ていた訳ですよ・・・。
そうしたらラストで、1話にしていきなり大人になっちゃって、もうがっくり○| ̄|_
代わりに椒子さんとかいう、性格悪い嫉妬に狂った恐ろしきメガネっ娘がロリになったって、嬉しくも何とも無いのですよww
恐らく、子ども扱いを嫌うからだは願い石に「早く大人になりたい」と願い、過ぎ去りし過去に後悔を抱える椒子は、「昔に戻りたい」とか「子供の頃に戻りたい」とか願った事が反映された結果でしょうけれども、今後は尋を含めた3人での逆転共同生活が描かれるのでしょうか。
うーん、私としては、ドロドロとしたヒトの内面描写は大好物なので、椒子さんの嫉妬シーンは素晴らしかったのですがね・・・。
それにしても、出鼻を挫かれた様な気がしてしまった点が、少々辛かったです。
いやまあ、次回も見ますけど!ww


・すもももももも ~地上最強のヨメ~ 第1話 「地上最強の許嫁」 ★★

電波系のOPは素敵でしたけど、本編は普通のドタバタギャグコメディーなので、自分には合わないと判断しました。
すももは、最近の作品の中では珍しいタイプの尽くす系ヒロインで、個人的には好感が持てたのですがね。
(まあ、お約束なくらいにアホの子ですが。)
主人公がヘタレ風味なのも、最近の流れかなーと。
あと、ギャグに格闘的要素をつけるのは流行っているのですかね。


・Gift ~eternal rainbow~ 第1話 「虹が宿る町」 ★★★

これなんて「D.C.」?と評判なので見たのですが、確かに世界観やキャラクター設計は多少似通っていましたけど、本筋はそこまででもなかったような気がしました。
とりあえず、1話だけでは可もなく不可もなくだったかな~と。
一応の説明はなされていましたけど、流石にあのひと言だけでは不足なので、今後、主人公がGiftにあそこまでの執着を寄せる理由が見えてこないと厳しいのですが、まあ流石にここら辺は大丈夫でしょうね。
女の子達が狙ったようなポーズをとるのが、個人的にはちょっと辛いところ。
副会長さんの取り巻きみたいなお約束なキャラクターも、微妙さを際立たせているような・・・。
ゲストキャラクターを出演させて、主人公達が奔走して事件を解決していくという段取り自体は良かったと思います。
とりあえず、最後に帰ってきたキャラクターがメインヒロインという認識で良いなら、次回からが本当の意味での始まりなのかな。
「約束」とかそういうのには弱いから、ホント勘弁して(何)


◆金曜日

・くじびきアンバランス 第1話 「みんな、がっこうでおどろく。7点」 ★★★

ええと、これは良い後藤邑子さんアニメですね!!
って言うか、本筋とは関係ない所にしか意識が向かなかった自分がヤバイな・・・。
どうしても山田@後藤邑子にばかり目がいってしまうのですが・・・暴走しているキャラクターと演技が素晴らしすぎるww
次回からも、そこだけを目当てに試聴続行しようと思っています(割と本気で)


・コードギアス 反逆のルルーシュ 第1話 「魔神 が 生まれた 日」 ★

ああ・・・、端的に言って、こういう(ある種の思想観が露骨に表れてしまっている)アニメは最も好きではないのですよ(-_-;)
主人公に特殊能力を授ける件も、サブキャラクターの生死も、何もかもが話を進行させる為にだけしか存在していないように感じられてしまった点もマイナス。
何というか、「そうしたいからした」という以上のものが見えてこないのは辛いです。


・銀河鉄道物語 ~永遠への分岐点~ 第1話 「新たなる旅立ち」 ★★★

うーん、あまり書く事は無いけど、意外と楽しかったなぁ。
主人公はちょっと暴走気味かなと思いましたが、好感が持てる範囲で良かったです。
あと、主人公が身分を明かした途端に態度を豹変させたロボットに吹いたww


◆土曜日

・ぷるるんっ!しずくちゃん 第1話 「しずくの森のしずくちゃん / ラブリーアイドル!うるおいちゃん」 ★★

いや、想像していたよりかはずっと楽しかったですよw
うるおいちゃんは腹黒過ぎですし、子供向けの割には結構シュールなアニメでした。
しかし、今後ずっと26話以上も見続けられるかと問われれば、「流石にちょっと・・・」なので、見切っちゃうでしょうね。


・家庭教師ヒットマンREBORN! 第1話 「えぇ!?俺がマフィアの10代目!?」 ★★

「死ぬ気になれば何でもできる」というテーマを伝えたいのなら、リボーンの特殊な道具の力ばかりを使って、ツナに何かを成し遂げさせていてはダメでしょうに・・・。
少なくとも2回目の時のは、ツナが最後まで自分で決断した結果が、(先輩に買っても負けても、)ヒロインに認められるというものであったならば、もう少し評価も変わったのですが、こういうギャグ作品にまで、最近のジャンプの特徴が如実に表れていますね。
まあ、ギャグ作品に言うべき事では無いのでしょうが。
・・・うーん、やっぱり土曜の朝は「赤ずきん」と「ふたご姫」だけでいいかな。


・天保異聞 妖奇士 第1話 「妖夷、来たる」 ★★★

今のところは良くも悪くも普通(言い方を悪くしてしまうと地味)といった印象。
土6は長丁場になるので、このくらいの掴みですと、多分そのうち飽きて見なくなっちゃいそうではありますね。


・地獄少女 二籠 第1話 「闇の中の少女」 ★★★★★

実は前期放映時には視聴環境に無かったので、見ていないのですがね。
いやー、それにしてもこの話はエグいですね。
最後、全てが終わって友達も出来て良かったね(まあ、死んだら地獄に行くんだけどさ)とか生ぬるく思っていたら、友達が持っているホッチキスがいじめを受けていた時に見たものと同じものだったという展開には、私の中では、その余りのエグさが、逆に思わぬ感動を呼び起こしてしまいましたよ。
なるほど、ネットで賛否両論との噂は聞き及んでいましたが、確かに人によってがらりと評価が変わりそうではありますね。
私はこういう作品、とても好きです。


・史上最強の弟子 ケンイチ 第1話 「梁山泊!豪傑の集いし場所」 ★★

思っていたよりかは悪くなかったですけど、基本的に興味が無い分野なので、多分そのうち見なくなっちゃうだろうなぁ。
とりあえず、15年位前の不良像からなんら進化していない格闘ものというジャンルに感動(ぇ


・はぴねす! 第1話 「バレンタイン」 ★★★★★

うわ、これは面白かった。
エロゲ原作なのに、女の子(ヒロイン)視点で物語を見せてくれている点が素晴らしいです。
(と書くと、前期の「つよきす」の嫌な思い出を彷彿とさせますが、それとは違って)脚本・演出ともに落ち着きがあるので、少女漫画に近い雰囲気作りが出来ている点が、非常に好印象です。
ストレートに女の子キャラの魅力を伝えようとする姿勢に共感。
これは今期の大きな楽しみの1つになりそうです。
ひとまず、これが巷で噂の渡良瀬準なのね・・・。
今のところ私はあまり萌えられそうに無いのですけど、ヒロインが比較的地味というか落ち着いている分、確かに存在が際立っていますね。


◆日曜日

・乙女はお姉さまに恋してる 第1話 「口紅を引いた王子様」 ★★★★

まあ、多少設定が強引なのはお約束ですけれども、1話めの立ち上がりとしてはわりとゆったり気味だったでしょうか。
ひとまず、これが巷で噂の(Part.2)宮小路瑞穂なのね・・・。
普通に、主人公としても好感が持てるキャラクターだった点は良かったです。
目下の所、個人的には奏ちゃんがかわいい感じ。
どうも私の中では、神田朱未さんはロリというか、後輩キャラをやっている時の方が好きだなぁ。
あとは、女の子達だけの世界をもう少し柔らかく表現して下されば、雰囲気がより良くなりそうです。
そのような点について言えば、後半の奏ちゃんを助けた後から部屋での会話までの流れや、パジャマパーティのシーンについては良く描けていたのではないかなと思います。
ただ、普通ならさすがに、抱きつかれたら男だという事がバレちゃうだろ!!ww
時たま挿入されるコメディタッチなデフォルメ絵が面白可愛く、味があって良いですね。
あと、ゴトゥーザ様が何役もモブキャラクターを演じられていて、お腹一杯になりましたw
久し振りの「D.C.S.S.」スタッフですが、果たして。


・夜明け前より瑠璃色な Crescent Love 第1話 「お姫様がホームスティ!?」 ★★★

開始早々過去にあった戦争の様子が説明されたので、一瞬違う番組でも録画したのかと思いましたが、原作をやっていない人間にはそれなりにありがたかったです。
説明の後半を「月学概論」の授業にオーバーラップさせる手法は面白かったかも。
主人公の奇癖が少々受け入れ難く感じられたのですが、冒頭からのフィーナ姫の様子や、「少しも変わっていないのね」のセリフといい、過去の2人の出会いの象徴としている辺りには感心させられました。
全体的に見て、嫌味なキャラクターが見当たらない点がまず好印象ですね。(カメラマンと弟子はほっとけ。)
何より、フィーナ姫の立場故の気品さと共に、親しみを感じさせる気さくさは新鮮でした。
通して流れる、ギャグテイストというか、とっつきやすいコミカルな雰囲気も、キャラクター達の明るさ・親しみやすさを感じさせて、個人的には良かったです。
流石に最後の方はやりすぎ感も漂っていましたが・・・(^_^;)
原作はわりと大人しく、雰囲気を大切にしていたそうですので、今後、その様な描写でのこの作品も見てみたいと思うのですが、さてどうでしょうか。


とまあ、こんな感じで、残念ながら自分の感性とは合わず、1話を見て試聴打ち切りを決断するに至ってしまった作品もいくつか浮かび上がってきましたので、これを元に改めて試聴番組リストを見直したいと思います。
なるべく1週間に満遍なく振り分けたいので、試聴日を変更する作品も出てきそうな感じです。
スポンサーサイト

    2006/10/10   日記&雑記       181Com 0  ↑ 

Comment


P.W.   Secret    

FC2Ad

.


ARIA

Author:ARIA

世界は美しい“こと”にみちて.
・詳しい自己紹介
・お気に入り作品リスト
・今期視聴予定アニメリスト
・ブログの方針
・全記事タイトル表示


・Web拍手ボタン


あァ?


杏「ちょうどいいところにきたわね。
どうせ暇してるんだったら、拍手くらい送っていきなさいよ!」


「・・・あァ?なによ?ヘタレのくせに、この私の頼みが聞けないっての!?」



ひいっ!


春原「ひいぃぃぃぃっ!
お、お、押させて頂きますっ!!」

 



My Profile by iddy

 

ご意見・ご感想・ご批判,
その他何かございましたらこちらまで

サイトの推薦もお待ちしています。

 

 

 

 

 

 

・てきとうなもの
・仮のブログ
・擬態箱
・アニメanimeANIME中心
・ANDANTE ~歩く様な速さで~
・K-DIARY
・萌えと燃えの日記。
・wind
・AM日記@beNatural
・初音島情報局
・TwinTailSanctuary
・ForbiddenfruitHomepage
・GrapefruitHomepage
・TMくんのホントのトコロ
・W.N. Central Station

~TDAC(ツンデレ学会)関連~
・ツンデレ学会公式サイト
・キノ"こ"の旅
・All things are inane
・あかいあくま.ねっと
・とあるヲタクの禁書日記
・いまじならっく

 

~Twitter~
・Twitter

~RSS Reader~
・livedoor Reader

 

※このサイトでは一部、及び一時期において、『Key Official HomePage』『ねこねこソフト Official HomePage』『ハイクオソフト Official HomePage』『Navel Official Website』『Fizz official web site』『コットンソフト Official HomePage』『TVA「ひとひら」公式サイト』『わつき屋』『幻想遊技施設』の画像素材を使用しています。
著作権はそれぞれの会社等に帰属します。
また、これらの素材を他へ転載することを禁じます。

 

  since 2005/12/27 ※前ブログ(『ARIA’s Diary』 http://ariasdiary.blog27.fc2.com/)は、2005/10/1開設
  (C)ARIA’s Blog / 管理人:ARIA