ARIA’s Blog

Entry 184   Permanent LIN K



~ Information ~


■諸々辞めましたが,Twitterでは今まで通りに

適当な情報botと毒を吐いていることと思いますので,

よろしければそちらで付き合ってやってください。




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --/--/--   スポンサー広告        ↑ 

2006/11/7雑記

■視聴アニメ雑感

○「金色のコルダ」

香穂子に「冬海ちゃん」と呼ばれて喜んでいる

冬海さんの百合可愛さは異常。


しかも、しまいには2人仲良く添い寝ですか!!Σ(゚Д゚;)
私はあまりアニメを萌えで評価する人間では無いのですが、(ほ、本当ですよ?w)これは見ていて、ちょっと身悶えてしまいましたよww
まあ恋愛ゲームが原作だからか、嫌味の無いキャラクターが多いので、野郎が多くてもあまり気にならないというか、実際の所、男性も好感が持てるキャラクターばかりなのですが。
王道の少女漫画展開で、続きが気になるのも魅力です。

それにしても、アニメがあまりにも自分のツボに入ってくるもので、9日発売になる原作ゲームのPSPベスト版が、微妙に気になってきてしまいましたよw
よもや、男なのに乙女ゲーに興味を抱く日がこようとは(^_^;)


○「Kanon」

うぃんぐさんの日記で補足して頂いたのですが、前回のエントリーで私が述べた「Kanon」の感想について、言葉が足りなかった部分もあると思うので、少しだけ触れておこうと思います。
私がアニメ版「Kanon」について気になっている点は、「“アニメとしてみると”冗長かなぁ」ということと、「キャラクターの入れ替わり立ち代わりが激しいので、ストーリーを通してみた時の印象が、ちょっと散漫になってしまっているな」という部分で、原作の細かいセリフやネタを再現していたり、作画の美麗さも相まって、原作が持つ1番の魅力である、雰囲気の魅せ方という部分に関しては、もう本当に文句の付け様がなく最高だと思っていますよ!
原作信者的には、ああいう細かいネタやセリフの再現は、本当に喜ばしい限りなのです。
まあ、いつも私の感想は文句にしか見えないという書き方なので、反省しておりますorz


○その他

それから前回に書きそびれましたが、4月期に見逃していた「桜蘭高校ホスト部」を今ANIMAXで放送しているので、視聴しています。
第1話では、主人公がいきなり様々な出来事に巻き込まれてストーリーが始まるというものだったので、個人的にはかなり置いてけぼり感を感じて辛かったのですが、第2話を見て非常に楽しみな存在になってきました。
ただ、今のところキャラクターが多いわりにあまり目立っていない人が多いので、少し顔と名前を覚えるのに苦労していたりします^_^;

あと、これも再放送ですが;「おジャ魔女どれみ」を懐かしく楽しんでいたり。
この時期の佐藤順一作品は神がかっているな~と、改めて感じています・・・もう少し「ふたご姫」にも力を分けて欲しいかも・・・orz

それとずっとブログを書いてこなかった所為で、今まで触れられませんでしたが、今期最も私が心を震わせた作品は、NHK・BS2で再放送していた「ふたつのスピカ」でした。
原作が現在でも未完結である作品のアニメ化だったという事で、中途半端な終わり方であった事は否めませんでしたが、それでも私には十分に納得のいく描き方をしてくれました。
アスミが目指した夢と、その象徴である“ふたつのスピカ”とはどの様な存在であったのか、各キャラクターが抱える葛藤と、それを乗り越えようとする陰でどの様な想いを抱いていたのか、そこに思考を巡らせながら話を追っていく事に重要な意義を見出せた、一見の価値ありの傑作でした。
それと、この作品に関しては、「ねこにこばん」さんが“萌えたニュース”で取り上げていらっしゃらなかったら、スルーしていた可能性が高かったので、nekonii師匠に改めて最大の敬意と感謝を抱いている次第です。


■最近の買い物





これも先に書き忘れてしまっていたものですが;ちょっと前にニュースサイトを見ていたら、Amazonにて幾つかのアニメDVDが30~40%OFFのセール(AA)を開催しているとの事で、見にいってみたら「びんちょうタン」1巻初回限定版(AA)が40%OFFになっていたので、見た瞬間購入してしまいましたよww
私の中では今年を代表する1作で、今年度放映作品の中では数少ない殿堂認定をしていたもので、前から機会があったら購入しようと思っていたのですが、よもや¥6300が¥3780になるとは、基本的に“びんぼうタン”(ぁ な私には、思いがけない幸運でした(^_^)

スポンサーサイト

    2006/11/07   2006年・第4クール アニメ感想       184Com 2  ↑ 

Comment

遅れましたー nekonii@ねこにこばん   URL   2006/11/13   [ Edit ]

先週ちょっと忙しくて,コメント遅れてしまいました.
ふたつのスピカ,気に入られたようでよかったです.

あれだけいいアニメが埋もれてしまうにはほんとうにもったいないと思って,もし私のブログの読者のだれかひとりでも,この作品をちょっとは見てみようかなという気になってくれたら…と思って,あの日のニュースは書きました(しかもお姉系エロゲの話と一緒にw).だって,一度見れば,きっとその世界に奮えることは,間違いないと思っていましたから.

その誰かひとりがARIAさんだったというのが,なおさらうれしかったです.

べ,べつに,師匠にコメントして欲しくて書いた訳じゃないんだからっ!ξ〃Д〃)ξ ARIA@管理人   URL   2006/11/13   [ Edit ]

>nekonii@ねこにこばん師
どうも,御忙しい中でのコメント,ありがとうございますm(_ _)m
「ふたつのスピカ」は,見ている間の2週間,あれが生き甲斐のように感じられるほど,強い印象を私に与えてくれました。
1日2話ずつ放送されていたのに,あんなに続きが気になって,もどかしい感覚を味わったのは,本当に久し振りの事でした。
私はアニメ好き~だと,友人に良く囃されるのですがw 実際の所はドップリとハマるという事は少なくて,半ば時間潰しと,気楽な趣味といった感じで見ている事の方がずっと多いのですが,極稀にこの作品の様に,衝撃的な作品に触れる機会があって,その様な瞬間にこそ,「ああ,アニメを見続けてきて良かったなぁ」と感じます。(しかも,ちょうど同じ時期にキャベツ事件がありましたから;なおさらそう感じたのかも知れません。)
逆に言えば,きっとその感覚が忘れられないからこそ,ずっとアニメを見続けているのでしょうね・・・。

そして今回の件について言えば,その事に加えて,ネット・ブログを通して,そこで御知り合いになれた方から情報を提供して頂けたという事が,何よりも幸せでした。
大袈裟に言ってしまえば,今までたくさんの人とブログでの交流を通じてきて良かったなぁというか。
しかも,それが私が最も尊敬しているnekonii師匠でしたからね;私もやっぱり,その事が嬉しかったです。

それにしても,本当に良い作品でした・・・。
数多くあるアニメの中では(あの絵柄だという事もありますしw)少々埋没してしまっている印象は否めませんが・・・と言うか,いいから地上波でやろうよという話ですが(^_^;) 私ももっと多くの人にこの作品が届けられたら良いなぁと切に思います。
それに,見終わった後にこう感じられる作品だからこそ,ここまで好きになれたのでしょうからね。

しかし,音楽とりわけ主題歌の素晴らしさと言ったら!
EDに「見上げてごらん夜の星を」のカヴァーというのは,最終回で反則だと思うほどやられてしまいました^_^;
もうあのメロディラインだけでも,どうしようもなく泣けて泣けて・・・。
そしてOPの「Venus Say」は,本当に名曲でした。
OPの映像がさりげなく本編での伏線になっていたのに気が付いた時には,思わずニヤニヤしてしまいました。
今ようつべで見ていて,初めて気が付いたのですが,OPに1分51秒もかけている作品というのは,珍しいですね。

あと,府中野君の萌えキャラ度合いは異常。(ぇ


P.W.   Secret    

FC2Ad

.


ARIA

Author:ARIA

世界は美しい“こと”にみちて.
・詳しい自己紹介
・お気に入り作品リスト
・今期視聴予定アニメリスト
・ブログの方針
・全記事タイトル表示


・Web拍手ボタン


あァ?


杏「ちょうどいいところにきたわね。
どうせ暇してるんだったら、拍手くらい送っていきなさいよ!」


「・・・あァ?なによ?ヘタレのくせに、この私の頼みが聞けないっての!?」



ひいっ!


春原「ひいぃぃぃぃっ!
お、お、押させて頂きますっ!!」

 



My Profile by iddy

 

ご意見・ご感想・ご批判,
その他何かございましたらこちらまで

サイトの推薦もお待ちしています。

 

 

 

 

 

 

・てきとうなもの
・仮のブログ
・擬態箱
・アニメanimeANIME中心
・ANDANTE ~歩く様な速さで~
・K-DIARY
・萌えと燃えの日記。
・wind
・AM日記@beNatural
・初音島情報局
・TwinTailSanctuary
・ForbiddenfruitHomepage
・GrapefruitHomepage
・TMくんのホントのトコロ
・W.N. Central Station

~TDAC(ツンデレ学会)関連~
・ツンデレ学会公式サイト
・キノ"こ"の旅
・All things are inane
・あかいあくま.ねっと
・とあるヲタクの禁書日記
・いまじならっく

 

~Twitter~
・Twitter

~RSS Reader~
・livedoor Reader

 

※このサイトでは一部、及び一時期において、『Key Official HomePage』『ねこねこソフト Official HomePage』『ハイクオソフト Official HomePage』『Navel Official Website』『Fizz official web site』『コットンソフト Official HomePage』『TVA「ひとひら」公式サイト』『わつき屋』『幻想遊技施設』の画像素材を使用しています。
著作権はそれぞれの会社等に帰属します。
また、これらの素材を他へ転載することを禁じます。

 

  since 2005/12/27 ※前ブログ(『ARIA’s Diary』 http://ariasdiary.blog27.fc2.com/)は、2005/10/1開設
  (C)ARIA’s Blog / 管理人:ARIA