ARIA’s Blog

Entry 186   Permanent LIN K



~ Information ~


■諸々辞めましたが,Twitterでは今まで通りに

適当な情報botと毒を吐いていることと思いますので,

よろしければそちらで付き合ってやってください。




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --/--/--   スポンサー広告        ↑ 

2006/11/18雑記

■雑記



気が付いたら今年も11月を半ばほど過ぎ、残る所1ヵ月半となりました。
周囲を見渡してもすっかり冬めいて、東京でも夜と朝は特に寒くなって参りましたが、皆様、お風邪など召されてはいらっしゃらないでしょうか?
・・・まあ、かく云う私の方が最近運動不足ですし、風邪をひきやすい体質なので、体調を崩さない様に気を付けねばならないのですが。
と、似合わない時候の挨拶から入っている段階で、大したネタも無い事は明白でしょうがw いつも通りに雑文を書かせて頂きますか。

さて、冒頭の写真は私の部屋に飾ってある、2006年の「ARIA」カレンダーです。
H.N.をARIAにしていたり、ブログタイトルにも冠している癖に、このブログでは殆ど天野こずえ先生の作品については触れていなかったりするもので、「このままでは、本当に天野こずえ先生・「ARIA」という作品のファンなのかと疑われかねない」と思いww 雑記ブログに転身した今更で、ネタにしてみたり。
11月・12月の絵柄は見習い3人娘(灯里・藍華・アリス)が夜にゴンドラに乗っている、幻想的で美しい光景なのですが、夏のイラストなので、この季節に見るのは少々寒々しいですね。
美しく優しい絵なので、心の方は温まりますが。(恥ずかしいセry)

その「ARIA」カレンダーなのですが、来年のものも壁掛け・卓上共に、すでに発売されています。



・・・と言う訳で、私も早速インターネット通販で購入しまして、1週間ほど前に届きました。




個人的にその中の絵柄では、上の写真にある水の3大妖精(アテナ・アリシア・晃の先輩3人組)が描かれている1枚が、特に気に入りました。
「ARIA」のイラストにしては珍しく(?w)ちょっとセクシーな感じですね^_^;

他にはアイちゃんの姿が目立った(アニメ版の関連商品用に、天野先生が描き下ろしたイラストを再利用したものが目立った)のが、来年の壁掛けカレンダーの特徴でしょうか。
あと、今年のカレンダーと比較すると、カレンダー(文字)部分がしっかりと月ごとに左右に分割されて、実用性が高まった(見易くなった)のも好印象を与えるポイントでした。
それから今年のものと同じく、切り取らなくてもカレンダーがめくれる仕様になっている点も、嬉しいです。
・・・まあ、実際の所は、このカレンダーを実用的に使用する人なんて、そう居ないと思いますが。




そして、当然卓上の方も購入したのですが、これがまた途轍もなく高いクオリティ。
(どうも写真を撮るのが下手なもので、手振れしてしまっていてすみません;)




こ  れ  は  ひ  ど  い  ○| ̄|_

え~と、正直に言って、壁掛けカレンダーも使い回しのイラストばかりなので、さほど魅力的なものでは無いのですが、卓上のどうしようもなさ加減は、それとは明らかに次元が異なります。
デフォルメされたキャラクターは、作中で使用されていれば味があって非常に愛らしいのですが、1枚絵の商品で使われると、ぶっちゃけ手抜きにしか見えません(爆)
正直、こんなイラストが2枚連続して使用されているのを見た日には、「金返せこのヤロウ!」とマッグガーデンに乗り込みそうになった眩暈を起こしかねなかったのですが、そこは所詮「ARIA」という作品の信者なので、3秒ほどの絶望で何とか立ち直りました(^_^;)
ええ、間違ってもAmazonのレヴューなんかに騙されてはいけませんですww
マッグガーデンはこんなものを純粋なファンに売りつけているから、決算で大幅に業績予想を下方修正する破目になるんだよ!!(爆)

・・・いやはや、それはさておき、ネット通販は本当に便利で、ありがたいですよね。
私はとても無精者なので;東京に住んでいるにもかかわらず、我が家にPCがもたらされ、インターネット環境が整備されたここ1年の間で、買い物はすっかり通販が中心になってしまいました^_^;昔、毎日アキバに通い詰めていた人間と同一人物であるとは、とても思えない引き篭もりっぷりですが、実際DVDやゲームなんかは、大抵の場合はアキバへ行って買うよりも安く、しかも家に居ながらにして手に入ってしまうのですから、仕方がありません。
店舗購入特典等に、さほど思い入れがないというか、拘りが無い私には、まさに天国の様な環境が用意されている21世紀に生きていて、良かったと思います!(ぇ


■3週間ほど前に購入した書籍



●機動戦士ガンダム エコール・デュ・シエル(9)/美樹本晴彦
●キノの旅Ⅹ/時雨沢恵一
●D.C.P.C.~ダ・カーポ-~プラスコミュニケーション 桜たちのパルティータ/岡崎いずみ
●スキップ・ビート!(12)~(14)/仲村佳樹
●かしまし~ガール・ミーツ・ガール~(4)/あかほりさとる・桂遊生丸
●ゆきまるパック100%/桂遊生丸
●ふたばの教室(1)/八神健


タイトルを書いていたら、最近書店にすら行っていない事に気が付き、愕然としてしまいました。
どれだけ引き篭もっているんだ・・・自分(違)
いやもう、今期はアニメを見る事で手一杯で、他の趣味には全く手を付けられていないので、上に掲載した本も、1冊として読めていないのですがねorz

ひとまず、パラパラと見た感じ、矢神健先生の成長のしなさ加減相変わらずさに吹いたw
どうみても「ななか6/17」です。本当に嬉しいですww
「スキップ・ビート!」は最新14巻を買って、家に帰ったら何故か11までしか無かったので、慌てて補完しました(^_^;)
おかしいなぁ・・・しっかりと追っていた記憶があったのですが。
まあ、去年までは「花とゆめ」を購入していたので、本誌で追っていたのですがね。
ひょっとすると、部屋の大掃除をした時から、何冊か本が消えたりしているので、その所為かもしれません。

そういえば私の場合、年を重ねるにつれて、どんどんと雑誌を含めた本離れが進んでいたりします。
昔は趣味といえば読書という人間だったのですが、ここ数年はライトノベルすら読むのが億劫で、結局買わなくなってきてしまっている有様です。
その所為で、最近のオタク文化の流れには、全くついていけていなかったりもするのですが・゚・(つД`)・゚・
ギャルゲの文章すら読むのが面倒臭くなったら、終わりだなとか思っていますww・・・もうその傾向ありますけどね・・・('A`)
「アニメを最も愛するのは、やはりその受動的な接し方である性質に由来する部分が大きいのかなぁ?」とか考えると、鬱になるのでやめておきますorz

それでは追記からは、アニメについての戯言と、Web拍手コメントの返信をば。


■今週のアニメについて

今週は珍しく、ちょっと余裕を持ってアニメを見られたので、「Kanon」7話もすでに視聴済みで、画も用意できていたりするので、恐らく明日にはエントリーを仕上げる事ができるのではないかな?と思います。
そして、今日の「ふしぎ星の☆ふたご姫Gyu!」で、いよいよトーマ様が復活して下さいました・・・筈ですね。(これを書いている時点では、まだ視聴していません。)
こちらは、月曜日か火曜日には書きたいなと思っていたりします。

それにしても、「あさっての方向。」が面白いですね~。
身体は幼き日の姿に戻っても、自らの望んだ過去に戻る事は当然ながらできないのだという事を、椒子は残酷にも突きつけられてしまう。
それでも、過去の自分が感じていた苛立ちの原因である、からだとの触れ合いを通して、彼女は(嫌ってすらいた)その子の優しさや明るさに惹かれていく。
そうして、今までに自分が知らずにいたことに触れ、その世界を開いていく。
対するからだは、早く大人になりたいと願っていたのに、いざなってみると(精神的には)子供の自分では、到底立ち向かう事ができない、大人社会の厳しさを痛感させられる。
そして今まで知らなかった尋と椒子との関係をもついには知ることとなり、1人家を出る。
まあこれは、恐らくからだは尋の事が好きで、その秘めていた思いを写真を見て認識させられ、居た堪れなくなった上での行動だと思うのですが。
これまで見た限りでも、丹念な心理描写と、ゆったりとした時間・空気感の描写に、美しい風景が合わさった世界観の構築が、本当に見事な作品です。
ある種の痛さを伴った自己認識・成長も、この作品テーマの1つなのでしょうか、“あさっての方向”というタイトルですが、文字通りに受け取れば、“見当違い”という事で、判断・推測を誤った2人の姿を考えると、「ちょっとエグいな、この作品」とも思います。
そういえば次回予告を見るとこの作品、8話目にして早くも(普通は最終回で使われる事が多いですよね)、サブタイトルにメインタイトルを冠するみたいなのですが、今後は一体どうなるのでしょうか。
最終回の展望が読めない分、続きが非常に気になります。
・・・って言うか、もしかしてやっぱり次回で最終回なのですか!?(マテ

ところでこの作品、OPとEDが最近、じわじわと自分の中でツボにはまっていたりします。

※OP:http://www.youtube.com/watch?v=-CD3GzpKGpg
※ED:http://www.youtube.com/watch?v=pFT35hbmxac

Suaraさんは「うたわれるもの」、ゆうまおさんは「かしまし」に引き続いて、またもや素晴らしい曲を我々に届けて下さいました。
ブログを見ていると、今期の作品の中では作品も主題歌も、共にあまり目立ってはいない様な印象ですが、このまま地味な良作みたいな扱いになってしまうのですかね・・・。
まあ、私の好きな作品は、そういう事が多いのですけれども(-_-;)

あと他には、「僕等がいた」が、次回からまた泥沼展開になりそうで、至極楽しみだったりしていますww
あの作品は七美と矢野のバカップル描写ではなくて、複雑に絡み合った恋愛模様でないと、やっぱり面白くないですね!!(爆)

それから、最近「武装錬金」が段々と面白くなってきました。
今回は原作者の和月先生が御出演されて、斗貴子さんに「罵って下さい」と言ったり、実際に「豚野郎」と罵られていたりして、思わずニヤニヤしてしまいましたよ・・・そういう趣味だったんだな、とw
本編の方も、パピヨンとキャプテンブラボーの、迷惑極まりないハンバーガーショップでの行動は、文字通り「蝶サイコー!」でしたし。
2人に「これからも懇意にしよう」と言われて、店員達が愕然としてうなだれている様子には、久し振りにアニメを見て爆笑してしまいましたよwww 憐れなり。

あと、「ときめきメモリアル ~Only Love~」は、ず~っと水奈の出番が少なくて、全俺が泣いています。
って言うか、犬飼君ENDのフラグ立ち過ぎ。

「ネギま!?」は相坂さよの担当回でしたが、黒歴史の前作の方が良かったと思ったのは、多分私だけじゃないですよね?ww(^_^;)
個人的にはギャグばかりではなく、もう少し朝倉さんとの交流辺りを見せて欲しかったのですが・・・。
まあ、前作はさよの回だけが神懸り過ぎでしたしね~。


■Web拍手コメント返信

>>ふ,ふん!ちょっと押してあげただけなんだからね!うそじゃないもん,ほんとだもん!
な、なによ!こっちこそ、アンタなんかに押して欲しいなんて、これっぽっちも思ってないんだから!
・・・まあ、でも、一応お礼くらいは言っておく事にするわ・・・ありがと。
か、勘違いしないでよねっ!;私の実力からして、この程度の拍手とコメントなんか、貰えて当然なんだから!!ξ*゚⊿゚)ξ

余談ですけど、こんなに短い文章で、名前が書かれていないのにも拘らず、誰が書いたのかが明白だというのが、純粋に凄い事だと思ったりしています。
それだけnekonii師匠の文体って、完成された色があると思うんですよねぇ。
不肖の弟子ですが、「これからも精進しよう」と、とても勇気とやる気を頂きました。
いつも、本当にありがとうございます。


>>いやはや、押してしまいますよwww春原の魔法でしょうかwww
ゴメンなさい、こっちはちょっと自信ないです・・・けど、恐らくはアスさんだと思うのですが、如何でしょうか?(^_^;)
何にせよ、春原は結構皆さんに気に入って頂けている様で、何よりです。
実を言うと、私も暇があると良く、春原にマウスポインタをあわせては、表情を変えて遊んでいたりします(笑)


>>このブログは昔から見させてもらってました。自分の一言で励みになればと思いコメントさせていただきます。
>>これからも無理せず自分のペースでがんばってください^^応援させていただきます。

ありがとうございます。とても光栄です。
ブログをやっていると、「本当にこんなちっぽけな、自分なんかの文章で誰かに喜んで頂けているのだろうか?」
「そんな高尚な事を考えずとも、別に自分のために書けばいいじゃないか。」
「それでも誰かと時間を共にしたいから、公開しているんだ!」とか、様々な事を考えてしまったりするのですが、こうして直接の反応を頂けると、何もかもが吹っ飛んで、「単純に嬉しいし、楽しいから書き続けていこう!」
「これからも自分の好きな事を好きな様に書き続けていこう!それで誰かが共感して下さるのなら、それ以上に倖せな事は無いじゃないか。」という、シンプルな勇気を頂けます。
これからも、無理をせずに自分らしく文章を書き続けて、今後は読者の方に、「ああ、このブログの読者で良かった」と誇りに思って下さる様なブログに成れる事を目指して、精進して行きたいと思います。
メッセージを頂けて、本当に倖せでした。

さて、今月に入ってたくさんのWeb拍手を頂いております。
参考までに今月に入ってからのWeb拍手回数を画像で撮っておきました。





押して下さった皆様、本当にありがとうございました。
これからも向上心を忘れず、少しでも楽しんで頂ける記事を書ける様に、でもあまり気張らない程度に
頑張ります!!w


TVアニメ「あさっての方向。」OP主題歌 光の季節TVアニメ「あさっての方向。」OP主題歌 光の季節
Suara BABY FAZE 大久保薫


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
TVアニメ「あさっての方向。」ED主題歌 スイートホームソング
TVアニメ「あさっての方向。」ED主題歌 スイートホームソング
ゆうまお 菊谷知樹


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト

    2006/11/18   日記&雑記       186Com 10  ↑ 

Comment

アス   URL   2006/11/19   [ Edit ]

どうもです^^

本を読む時間は確かにないですね^^;
私は電車に乗ってるときが一番の読書タイムになってますよww

>あさっての方向
あ~、色々なサイトでも良作って声が・・・。
今期はアニメが多すぎて、私はこのアニメを早々と打ち切ってしまったので、ちょっと勿体無かったかなと思ってます^^;

>web拍手
大当たりですw
凄いです。何故分かるのでしょうwww
春原の顔を変えるのは私もやってますよ。
「ひぃ!」の顔は最高です。

まいどー ケイ   URL   2006/11/19   [ Edit ]

おはこんばんちは。
冒頭の穏やかな書き出しから一変、ARIAカレンダーへのやるせなさ爆発の記事に吹いた俺がきましたよ。卓上ヒドスwwwwwwww
でも実際にカレンダーって買っても使用しなかったりしますよね。自分も2003年に天上天下のカレンダーを買いましたが結局恥ずかしくて(親が部屋に入ってくるため)使用しなかった(できなかった)のでw

>昔、毎日アキバに通い詰めていた人間と同一人物であるとは、とても思えない引き篭もりっぷり
まさに2ヶ月前の俺ガイル。
一度引き篭もりだすとホントに外に出なくなっちゃうんですよね。
部屋でネット、ゲーム、アニメ、漫画に読書とやることなんかいくらでもあるので。自分はコンビニ以外以外では4日5日外出しないなんてザラだったのでw

>昔は趣味といえば読書という人間だったのですが、ここ数年はライトノベルすら読むのが億劫で、結局買わなくなってきてしまっている有様です。
よう、俺。(二度目w)
何かARIAさんと思考がダブっているのは気のせい・・・じゃないんだろうなぁw
安西先生・・・ラノベ読む時間が欲しいです・・・。

>アニメ
ふたご姫、僕らがいた、地獄少女の一部がDVDレコーダーから消えていてました。
まさに 『ひいぃぃぃぃっ! (絶望)』 って感じです。 ・・・泣きたい。

ではではこれからARIAさん絶賛の「あさっての方向。」と金色のコルダを見てきます。

うつろねこ   URL   2006/11/20   [ Edit ]

うおっ、カレンダー来ましたか!
俺も来年のもARIAにしようかと思ってます。
他に欲しいカレンダーが無いってのもありますが(ぇ

>卓上カレンダー
>こ  れ  は  ひ  ど  い  ○| ̄|_
面舵30度、回避行動~(`・ω・´)
人柱乙ですw
デフォルメばかりじゃ描きおろしとか関係なくシンドイですからね・・・
1・2ヶ月単位でしか変更されないカレンダーで使うのはちょっと(^ω^;)

>犬飼君ENDのフラグ立ち過ぎ。
アッー!w
ヒヨコ君ENDもなかなか捨て難い(マテ

俺の拍手はバレた.なぜだ! nekonii@ねこにこばん   URL   2006/11/20   [ Edit ]

ツンデレだからさ!
ちぇっ…今度はあえて新しい文体に挑戦しますです.

>年を重ねるにつれて、どんどんと雑誌を含めた本離れが進んでいたりします。
そういう時期なだけかもしれないですよ? 何かのきっかけでまた読み始めるかも.もっとも,ほんとにそれっきりというのもありそうですが…人生いろんな波があっていいんですよ,きっと.

ネットが普及して最も遠くなったのが雑誌,とくに月刊誌でした.
昔はアニメ誌もえろげ雑誌も毎号買ってたんですがね.

コメント,ありがとうございます. ARIA@管理人   URL   2006/11/21   [ Edit ]

うわ,こんな雑文で,たくさんコメントを頂いてしまった・・・。
まずは,皆さんに感謝。

>アス様
ええと,それじゃあ普段,電車に乗らない私はどうしろとww
大学は自宅です!偉い人にはそれが分からんのです!!(爆)
まあ,本を読む時間が無いというよりかは,その時間があったら,他の趣味に使ってしまうだけなのですがね~orz

「あさっての方向。」は展開が遅いので,感想ブログ的には書くことが思い浮かばないだろう事が,難点なのでしょうね。
今期は本数が多いですけど,面白い作品はどれも,3~4話くらいになって面白くなってきたものが多かったのが特徴なので,どれも1話だけ見て切っちゃった人は,大分残念な事になっている様な気がします。
・・・いい加減に,少し本数減らして欲しいですけどね(-_-;)

拍手は・・・基本的には,文体で判断しました。
親しい関係というか,お付き合いが長くて深い方の文章は,大体どこで見ても分かります(^_^;)

コメント,ありがとうございます. ARIA@管理人   URL   2006/11/21   [ Edit ]

>ケイ先生
おはこんばんちは~ヽ(´ー`)丿
御忙しい中でのコメント&いつも楽しい記事をありがとうございます。

>>冒頭の穏やかな書き出しから一変、ARIAカレンダーへのやるせなさ爆発
いやもう,卓上カレンダーを開けた瞬間の私の絶望加減と言ったら・・・とても凄い表情をしていただろうなぁと,推測していますww
正直に言って,結構本気でやる気がなくなったのですが,これがブログという存在の,最大の醍醐味なのでしょうね。
「それでもブログなら・・・ブログでならきっとネタになる・・・!!」と思った瞬間には,もう立ち直っていました(;´д`)

>>結局恥ずかしくて(親が部屋に入ってくるため)使用しなかった(できなかった)
・・・・・・部屋中ポスターだらけで,フィギュアも飾ってある部屋なので,カレンダー如きでは,もうビクともしませんわ~・・・orz
さすがに,違う家に住んでいるばっちゃが入ってきた時には,泣きそうになりました。・゚・(ノД`)・゚・。

>>部屋でネット、ゲーム、アニメ、漫画に読書とやることなんかいくらでもある
あ~,ええもう,全部そのままですww
って言うか,ネットとアニメと勉強だけで,1日なんてあっという間に終わるんですね・・・っていう事を,ここ数ヶ月のうちに思い知りました。
他の事をしている余裕なんて無いどころか,いくら時間があっても足りないという,ダメっぷりがヤバいですorz
そんな感じで,最近は昼食を買いに行く時と,通販の前払いを納めに行く時くらいにしか,外出していなかったり。

>>よう、俺。(二度目w)
時間が無くなって,何を1番しなくなったかって言うと,やっぱり読書ですねぇ。
前にケイさんが,忙しくて時間が取れないと,自分からやろうと思わなきゃやらないもの(ラノベとエロゲ)はやらなくなる(読まなくなる)と仰っていましたが,まさにその通りな感じです(^_^;)
まあ、アニメを4~5話見る時間があれば,1冊読めるんでしょうけど・・・;だったら好きな順でアニメを選んじゃうだろうなぁと。
多分,上のアスさんのコメントでもありましたが,生活環境の所為もあるのでしょうね。

余談ですが,私がラノベにはまったのは,割と遅い方で,確か高校2年くらいだったんですけど,そこで一気にハマっちゃって,熱が冷めたのも早かった感じでした。

>>ふたご姫、僕らがいた、地獄少女の一部がDVDレコーダーから消えていてました。
・・・orz
今期屈指の面白作品が尽く・・・心中お察しします。゚(゚´Д`゚)゚。
それはそうと、DVDレコーダー欲しいなぁ・・・。
アニメブログやってるくせに,未だにアナログな我が家が素敵ですorz

「金色のコルダ」は,多分ケイさんが御覧になった先週のはもう少しでしたが,今週のはツボでした。
「あさっての方向。」は,実を言うと,あんまり大見得を切って人に薦められるタイプではないですが,私の中では今期1,2を争っています。

コメント,ありがとうございます. ARIA@管理人   URL   2006/11/21   [ Edit ]

>うつろねこ魂兄弟様
いつもありがとうございます~。
カレンダー,原作「ARIA」のは毎年買っているのですが,来年のも買ってしまいましたよ・・・ww
そう言えば,うつろねこさんも,以前にお書きになっていましたっけ。
さすが,天野先生信者同志~さあ,来年も一緒に飾りましょうwww

ただ,この前Amazonで見たら,品切れで高値が付いていたんですよね。
予約限定だった気もするので,お買いになるのでしたら,お早めに探された方が良いかもしれません。
壁掛けの方は,確実に買っても損はしませんww
描き下ろしは多分表紙以外には無かったですが,いつも通りに天野先生の美麗なイラストに癒されます~( ̄ー ̄)

>>面舵30度、回避行動~(`・ω・´)
>>人柱乙ですw

勝手に土の中に埋めないで下さい!ww
ええ,真面目に最初開けた時にはグッタリしました('A`)
今年のものに限って言えば,壁掛けだけ買って,卓上をスルーしていた人がいたら,本気で勝ち組だと思います。

>>デフォルメばかりじゃ描きおろしとか関係なくシンドイ
・・・なぜなら,卓上は12か月分(12枚)の絵が,全部デフォルメ調だったからな!!orz
去年のも今年のも,美麗な一枚絵がテーブルの上を飾ってくれていたのにーつД`)
だから描き下ろしが無くても買って良かったと思えたのに,来年のは本気でひどいですよ~。
なまじ去年のと今年のが,それなりにマトモだっただけに,完全に裏をかかれたというか,本当にトホホでした_| ̄|○

>>アッー!w
>>ヒヨコ君ENDもなかなか捨て難い(マテ

ウホ!w
最終回で青葉は,犬飼きゅんとヒヨコきゅんとの究極の選択を示される事になるんですね!!(ダマレ

べ,べつに,構って欲しいなんて思ってないもん! ARIA@管理人   URL   2006/11/21   [ Edit ]

>nekonii@ねこにこばんツンデレ師匠
>>そういう時期なだけかもしれないですよ? 何かのきっかけでまた読み始めるかも.
ああ,まあ多分そうなんだと思うんですよねぇ。
前にも一時期全く本を読まなかった事がありましたけど,その後に猛烈に本が楽しい時期がやってきて,で,また今はこんな感じですから。
・・・尤も,毎日活字は読んでいるのですが。
Web上でと,大学のテキストですけどね!!(爆)

>>ネットが普及して最も遠くなったのが雑誌,とくに月刊誌でした.
>>昔はアニメ誌もえろげ雑誌も毎号買ってたんですがね.

そ れ な ん て 俺 ? w
ネットを使うようになって,真っ先に手が遠くなったのは,私も月刊誌でした。
なにせ,オフィシャルサイトが必要な情報や,ゲームなら体験版やらを提供してくれますしね・・・(^_^;)
その上それをまとめて提示してくれる個人ニュースサイトの大きな存在があって,しかも無料だと・・・。
以前は毎月,アニメージュとNewtypeを読まずには,書店を出られなかったものですが,今は変な付録目当てにメガミマガジンを買う事しかしなくなりましたww(それすらも最近ではしていませんが;)
そう考えると,やはりWebの普及における今後の月刊誌の在り方というのは,大きな課題なんでしょうね。
最近は,廃刊する雑誌を見かける比率も高くなった気がしますし・・・。

ちなみに師匠は,アニメ雑誌とエロゲ雑誌,どちらのものを購入されていたのですか?(^_^;)w
私は何故か,「Newtype」を嫌っていて,未だに購入した事が無かったり。(弟がたまに買ってきていましたが:それに毎月立ち見はしていました。)
小・中学生の頃は,「アニメディア」を中心に「アニメージュ」をたまに併せて買っていました。(だって,「アニメージュ」は図書館に存在するんですよ!w)
高校時代は「アニメージュ」と,今は無き「電撃Animation Magazine」とか,妙な雑誌を購入していた記憶があります。
ええ,ここら辺から萌えオタに成り下がりましたww

エロゲ雑誌は,わたしは専ら「メガストア」中心で,(ええ,毎月うめつゆきのり先生が描く,あの恥ずかしい表紙の洗礼を受けていましたとも!w)たまに「電撃姫」と「TECH GIAN」を購入していて,友人が「PC Angel」中心で、たまに「BugBug」と「Colorful PUREGIRL」を購入するという,物凄いバランスの取り方をしていました(笑)
まあ,ヤツとはやるエロゲのジャンルが,かなり異なっていたので・・・。

うひ nekonii@ねこにこばん   URL   2006/11/27   [ Edit ]

お返事放置して悪かったと思ってる.
ちょっとぐらいなら,相手してあげるてもいいわ.
ちょっとよ.ほんとに,ちょっとだけなんだから!

月刊誌は趣味情報系が主体のジャンルですから,そういった情報が豊富で,かつ速報性をもったウェブに,月刊誌が弱体化するのは当然でしょう.ファッション誌なんかは残っていくかもしれないですけれど,パソコン誌が壊滅状態なのはご存知の通りですし,オタはネット利用頻度の高い人が多いですから,それ系統の雑誌も厳しいでしょう.

また,雑誌にはいわゆる「提灯記事」が見え隠れするのに対して,webの方は実際のユーザーの声が反映されている(ようにいまのところは見えている)のも,情報にリテラシーを求める人々は影響を及ぼしているのではないでしょうか.この場合のユーザーというのは,価格ドットコムの掲示板から,個人ニュースサイトの管理人までを含んでの概念です.ここでもファッション誌との対比をすると,ファッション誌は書かれていることが広告記事であることを読者がわかってて,それでもなお消費することによって成り立っているところがあるので,そういう系統の雑誌は残っていくでしょう.

同じ雑誌でも,ブラックとかイエロージャーナリズム系が主体な週刊誌はネットに出回ってる情報と親和性がありますし,何よりオフラインの楽しみとして買われてますから,そっちが競合するとしたら,ネットよりもフリーペーパーでしょうね.

アニメ雑誌では,私は幼稚園のころは「てれびくん」,小学生のころは「ニュータイプ」と「アニメージュ」,中学生のころは「ニュータイプ」,高校生のころはなぜか「アニメディア」wと,あれこれ制覇した遍歴を持っています.大学生になって,いまはなき「AX」を数号買った櫓ころでネットに移行しました.「ニュータイプ」は創刊号買いましたね.

エロゲ雑誌は,一番最初は「コンプティーク」の袋とじでw
「E-Login」を経て,ずっと「PC Angel」でした.故堀部氏の表紙に惹かれて,です.「PUREGIRL」は創刊号から読んで,「Colorful PUREGIRL」になってしばらく読んでいたころ,ネットに移行しました.

こんな感じで,98年か99年ころには,完全にネットに移行してたのでした.

こちらこそすみません・・・しかもレスが適当にorz ARIA@デレデレな弟子   URL   2006/12/01   [ Edit ]

>nekonii@ねこにこばんメガデレ先生

いや~,今週は殺人的なスケジュールでした(言い訳)
というわけで,レスが遅れてしまってごめんなさい。

>>ちょっとよ.ほんとに,ちょっとだけなんだから!
やっぱり,nekoniiちゃんは素直になった方が可愛いと思うな!(ツンデレが最も苦手とする素直キャラで攻撃)
さて,あんまりこういうバカなことをやってると,大好きな師匠にも読者さんにも愛想をつかされそうなんでやめておこう・・・(自爆乙)

>>オタはネット利用頻度の高い人が多いですから,それ系統の雑誌も厳しい
ああ,そうですよね~。
かくいうオタな私も,ネットを利用する事になってから,雑誌を読まなくなったわけですし。
Webはそういう界隈の人が多いだけに,ただでさえオタク系の情報が豊富ですものね。

>>「提灯記事」
まあ,Webと雑誌を比較したら,確かに雑誌の方がより商売臭さは感じますよね・・・。
Webも無関係とは言い切れないでしょうが,少なくとも普通にアニメ系の情報を仕入れたい人にとっては,それが気にならないシステムがすでに出来上がっていますし。

なるほど,貴重な御鞭撻を賜り,とても幸せでした。


ああ,すっかり忘れていましたけど,「てれびくん」は私もお世話になっていたなぁ。
あと,やっぱりAXの名前が挙がりますか。

エロゲは・・・そうでした,堀部氏の訃報は今年の事でしたっけ・・・。
その時の師匠が御書きになった記事で読んでいましたね。
「Colorful PUREGIRL」になった時には,私も読んでいたなぁ。
しかしネット移行が98~99年とはお早い。
その頃の私は,まだ純粋なアニメファンだったなぁ・・・ww
多分私はPHSとか使っていた時期ですね,携帯のeメールすら使っていなかった時期だと思います。
でも98のPC買ったのは99年。
ぶっちゃけエロゲ専(ry


P.W.   Secret    

FC2Ad

.


ARIA

Author:ARIA

世界は美しい“こと”にみちて.
・詳しい自己紹介
・お気に入り作品リスト
・今期視聴予定アニメリスト
・ブログの方針
・全記事タイトル表示


・Web拍手ボタン


あァ?


杏「ちょうどいいところにきたわね。
どうせ暇してるんだったら、拍手くらい送っていきなさいよ!」


「・・・あァ?なによ?ヘタレのくせに、この私の頼みが聞けないっての!?」



ひいっ!


春原「ひいぃぃぃぃっ!
お、お、押させて頂きますっ!!」

 



My Profile by iddy

 

ご意見・ご感想・ご批判,
その他何かございましたらこちらまで

サイトの推薦もお待ちしています。

 

 

 

 

 

 

・てきとうなもの
・仮のブログ
・擬態箱
・アニメanimeANIME中心
・ANDANTE ~歩く様な速さで~
・K-DIARY
・萌えと燃えの日記。
・wind
・AM日記@beNatural
・初音島情報局
・TwinTailSanctuary
・ForbiddenfruitHomepage
・GrapefruitHomepage
・TMくんのホントのトコロ
・W.N. Central Station

~TDAC(ツンデレ学会)関連~
・ツンデレ学会公式サイト
・キノ"こ"の旅
・All things are inane
・あかいあくま.ねっと
・とあるヲタクの禁書日記
・いまじならっく

 

~Twitter~
・Twitter

~RSS Reader~
・livedoor Reader

 

※このサイトでは一部、及び一時期において、『Key Official HomePage』『ねこねこソフト Official HomePage』『ハイクオソフト Official HomePage』『Navel Official Website』『Fizz official web site』『コットンソフト Official HomePage』『TVA「ひとひら」公式サイト』『わつき屋』『幻想遊技施設』の画像素材を使用しています。
著作権はそれぞれの会社等に帰属します。
また、これらの素材を他へ転載することを禁じます。

 

  since 2005/12/27 ※前ブログ(『ARIA’s Diary』 http://ariasdiary.blog27.fc2.com/)は、2005/10/1開設
  (C)ARIA’s Blog / 管理人:ARIA