ARIA’s Blog

Entry 192   Permanent LIN K



~ Information ~


■諸々辞めましたが,Twitterでは今まで通りに

適当な情報botと毒を吐いていることと思いますので,

よろしければそちらで付き合ってやってください。




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --/--/--   スポンサー広告        ↑ 

今期アニメ最終回・総括的感想

簡易ですが,今期一杯で最終回を迎えたアニメ作品の,総括的な感想を少しだけ書かせて頂こうと思います。


■「乙女はお姉さまに恋してる」

今期エロゲ原作アニメの中では,間違いなくTOPの出来だと思うのですけれども,それでも「印象は薄いかなぁ」と言うのが正直な感想です。
と言うのも,原作をやっていないからなのかもしれないですけど,キャラクターがそこに存在する以上の魅力を見出す事が,私にはできなかったのです。

まあ,恐らくは殆どの方が同じ様な感想を抱かれる事と思いますけれども,キャラクターの登場にバラつきがあって,印象に残るキャラクターと残らないキャラクターの差が激しいのが残念かなと。
恐らくは,1クール放映作品だからという事もあってのことでしょうね。

まりやや貴子さんを中心にして描いた構成そのものは良かったと思うのですけれども,他に魅力的なキャラクターが多く居る事の方がどうしても気になってしまって,最後まであんまり“萌え上がる”事が無いまま,どこまでもあっさりと終わってしまいました。
ええ,まあ簡単に言うと,「俺の奏ちゃんをもっと見せてくれよ!」で済むんですけど。
紫苑さんとか非常に魅力的なのに,影が薄くなってしまったのは残念だなぁ。



■「N・H・Kにようこそ!」

前半の佐藤君がエロゲにハマっていく過程や,暴走の挙句の果てに同人ソフト制作にまで手を掛けていく様子など,「オタクの想定するオタク生活」を切り取って感情移入させてくれた稀有な作品でした。

しかもそれだけに止まらずニート・ひきこもりというある種危険な域にまで及んでいる病的な様子は,私にとって同調と悲哀を感じさせるには十分なものでしたね(^_^;)

中盤からはその暴走にも磨きをかけw自殺志願者掲示板のオフ会の様子などは,まさに混迷を極めていました。

後半の山崎との別れなど,意外と感動的なシーンが多かったのも印象的でした。
まあ,それも山崎という,非常に魅力的なキャラクターがあってこそのものだったのは言うに及びませんが。
って言うか菜々子ちゃんとの別離とか,山崎格好良すぎww
他にも人間として苦悩したり傷ついていたりする部分も見せつつ,しっかりとそれぞれのキャラクターの魅力を描き切ってくれた点は良かったのではないかなと思います。
ヒロインも可愛かった上にヤンデレですし;w お気に入り作品認定。
余談ですが,「踊る赤ちゃん人間」から変わる時には「ええ~」とか思っていましたけど,さりげなく後期の牧野 由依さんがお歌いになったED,「もどかしい世界の上で」が好きでした。



■「夜明け前より瑠璃色な Crescent Love」

まず最初に何かを言うとしたら,「ネット界隈で言われているほどにメチャクチャ悪い作品であるという訳では無い」と言う事でしょうか。
まるで80年代のギャグアニメの様な,古い空気を感じさせる作品ではありましたけどね。
た・だ・し,それは原作をプレイしていない人間が1つの「アニメ作品」として見た場合の事であって,それはもう「夜明け前より瑠璃色な」という原作が持っている魅力や作品性を無視した上での話になってしまいますし,詰まるところ「そんなのあけるりじゃねーよ!」と言われてしまえば,はいそれでお終いなのですが。

まあ,現状のアニメ作品の殆どが原作ファンが居てこそ成り立つものだったりしちゃうので,そのファンの望みを大切にしないどころか,制作陣が自己満足で提示した世界観が原作の持つ最も大切な部分を無視するものだとしたら,それはもう「消費者向けの商品」としては,何の言い訳も出来ない失敗作だと言わざるを得ないでしょう。
“アニメ”という媒体の1人のちっぽけなファンとしては,原作ファンの人にはただただ頭を下げるばかりです。

ですけれども,ちょっとはアニメの良い部分も見ておかないと,アニメファンとしては損じゃないですかw
と言う訳で,ほんの少しだけ擁護してみます。作画崩れやなんかは当然全力で見逃しますorz

前述通り,私は原作をプレイしていない人間なのですけれども,それでも「きっとこの作品は非常に優れた原作なんだろうな~」と言う事が,アニメを見ただけでも(ファンの人の怒りを抜きにしても)感じられました。
と言うのも,キャラクターがみんな,与えられた役割(と言うと語弊があるのですが;)をとても魅力的に活き活きと動いているなと思ったのです。
性格や細かい部分での言動(逆に言うと,大雑把な部分ではアニメの味付けであるギャグが効きすぎていて,アレなのですが・・・)が温かかったり優しかったり,格好良かったりして私には魅力あるものに感じられたのです,お世辞ではなくて。
達哉なんかはその最たる例で,「やれるかどうかじゃなくてするんだ」とか臭いんだけど格好良いじゃんと思えるセリフも多くて,主人公としては燻ってヘタレているよりも,ずっと好感を持てたのでした。
菜月や麻衣やさやかやカレンといった,陰で支えている人達もとても素敵に見えましたし。
・・・間違いなくメーンキャラクター達よりも,カメラマンの爺さんと助手の方が目立っていましたがね。

前述ではアレと言っているギャグだって,アニメとしてみれば突き抜けた意味では楽しかったです。
ええ,なにせギャグアニメがやりたかったとしか思えないのですからね。
「必要があったのかどうか」と言うよりかは,「それがやりたかった」としか思えないのですから,何も言う事がありません。
最終回での秘密兵器レーザー砲やら,達哉が銃で撃たれたと思ったら,いきなり現れたグレイと父親が乗った宇宙船の光線を受けて息を吹き返す件に至っては,もう大爆笑しながら見てしまいました。
ただねぇ・・・ギャグアニメにするんだったら,SFっぽい要素は極力省くべきだったと思いますけどね。
お陰でどこまでがギャグでどこまでがシリアスなのかの境界がとても掴み難かったです。
正直,最終回については感動するべきなのか爆笑するべきなのかが,良く分からなかったですから。
そういう意味で言えば,中途半端だったのは良くありませんでしたね。
良い意味でも悪い意味でも,もっとどちらかに突き抜けてさえ居れば,あとキャベツみたいな珍事ネタさえなければ,黒歴史の更に上を行って黙殺された挙句に,原作ファンの非難をここまで浴びずに済んだと思うのになぁ(ぇ



■「らぶドル ~Lovely Idol~」

序盤のどうしようもないエピソードの連続もどこ吹く風,終盤,全員で一体となってデビューライブ目指して奮闘する姿には正直に感動してしまいました。

ただ,全体的に各キャラクターを用意しただけで,公式HP上にも記載されているそれぞれの個性,長所・短所を活かしたストーリー構成が見られなかった点が,非常に惜しい気はします。
なにせ,各々のキャラクターの魅力自体は高かったのですから。
特に後半での,ボケ役としてもまとめ役としても機能している舞の活躍は目覚しかったと思います。
彼女が居なければ,殆どまとまりのない“固まり”であった所を,“グループ”としてギュっと引き締めてくれました。

それを活かし,序盤に見られた必要があるのか無いのかが良く掴めないエピソードを削って,各キャラクターそれぞれずつをより深く描写していれば,もっとイメージは良くなったかもしれません。
豪華な声優さんと言い,良い素材を活かしきれなかったように感じられてしまったのがとても残念でした。
それでも結構楽しみに見ちゃったり・・・。
私もついに「おにゃのこが可愛けりゃ良い」人間になってしまったかww



■「ちょこッとSister」

百合キャラゆりぴょん投入も,別にツンデレが好きではない私にはさしたる効果も無く,ずっと平凡なままで終わってしまった感の強い作品でした。
ちょこの可愛さと秀逸なEDだけで見続けるには,24話はあまりにも長過ぎました。

ただ,終盤に何とも言えない不思議な感動を覚えるストーリーが挿入された点は,非常に印象的ではありました。
何だかんだと言いつつ最終回には,この作品らしくホンワカと温かい終焉を迎えたのにもかかわらず,どことなく胸の中が物寂しくなるような,惜別の感情を覚えてしまうのでした。
決してお気に入りとまでは言えないですが,良く健闘してくれた佳作でしたね。



■「働きマン」

この作品の魅力は中盤に限ります。
序盤と最終話近辺の弘子を中心としたストーリーよりも,中盤1話限りスポットが当たる形で,脇キャラクターそれぞれが仕事についての苦悩や葛藤を通過した後に,その意義や幸せや喜びを感じる部分の描写がとても感動的でした。
社会人・とりわけ女性層に好まれて見られていたみたいですけれども,序盤が詰まらなくて切ってしまった人,特に学生にこそ,中盤の印象的なストーリー(7話~9話辺り)は是非一見して欲しいです。



■「009-1」

うーん,私みたいな中途半端な萌えオタのアニメファンが見るには,難しい作品だったかなぁ。
設定がいまいち理解しにくかったので,最後までどういう世界観なのかが掴みきれずに終わってしまいました。
それから,回によって面白かったり詰まらなかったりの差が激しい作品でした。
木曜日は作品数が多かったので,ただでさえ印象が散漫になってしまう中で,最後まで余り印象に残らない作品だったというのが正直な感想です。
尤も,好みのベクトルが違うのに,惰性で最後まで見続けた私がいけないのですけれども。



■「あさっての方向。」

間違いなく今期最高クラスに楽しみにしていた作品だったのですが,最後まで見終わった感想としては,若干尺足らずで物足りないかな~という感じです。
自分好みという観点からすれば,印象深い美麗な風景描写,丁寧に織り成す人間模様,細かいセリフの掛け合いから細かい心理面での描写,非常に効果的な音楽の使用法から,細かいカット・演出面に至るまで,これ以上無いくらいに私好みの作品であった事は間違いないんですけれども,常に大事な部分で何かが足りない感じで終わってしまったなぁと思います。

第8話「あさっての方向」辺りから感じていた事に,キャラクターたちの行動理由の薄さを挙げる事ができるのですけれども,それを最後まで引きずってしまったようです。
からだが椒子や尋に心配を掛ける事が分かっているのに,それでも子供の自分が苦労する事が分かっていてまで家を出る理由が,「二人の仲を裂いた自分が一緒に居る訳には行かないから」とか,今までおくびにも出さなかった「本当の兄妹じゃない事を今更気にして」というだけでは,ちょっと強引な気がするんですよね。
網野君にしても,ただ単に「からだの事が好きだから」という理由だけで,あそこまでまるで命がけの様相を呈してまでからだの事を探すのは,ちょっと厳しいかなと。

まあ,それはそれとしても,最後は最後で今まで何をあんなに拒んでいたのかと言う位に,あっさりと全てが解決しちゃいましたしね。
尺が足りなかったのか,描写不足なのかを見定めるのは難しいのですけれども。
琴美の存在にいたっては,どう解釈すれば良いものやら悩んでしまうのですが,椒子さんの成長物語と言う側面で考えれば,彼女と友人になった事によって椒子さんが得たものは,とても大きいものであった事が最後に示されましたし,それだけでも納得できなくはないのですが。

なにやら不満点ばかりを挙げてしまっている様な気がしますが,それでもこの作品の魅力をどこに求めるのかと言えば,自分好みの人間模様の描写だったり,細かい心理描写だったり,音楽や演出の妙だったりする訳で,それだけでも見て良かったを大きく通り越して,大変印象に残るアニメーションになってくれたのでした。
出来ればもう1回全話通して見直してみたいです。
そうすれば必ずまた,印象が違ってくるタイプの作品だと思いますので。

スタッフの皆様,素敵な作品に巡り会わせて下さり,本当にありがとうございました。
文句なs・・・もちょっとありましたがw 自分内久し振りの殿堂入り認定作品です。



■「Gift ~eternal rainbow~」

9話と10話は間違いなく面白かったです。
ええ,その事が良い意味でも悪い意味でも,この作品の全てを決定付けてしまいましたが。
そもそも放映開始当初から,TVA「SHUFFLE!」のシリーズ構成・鈴木雅詞氏がこの作品でも手腕を振るっておられるという事で,ひょっとしたら黒楓様みたいな事になるんじゃないだろうかと期待を込めて見守ってきた訳で,その夢がほぼ完璧なまでに実現すれば,私みたいな人間ではそこしか印象に残らないのは当然なんですけどね。

ただ霧乃の黒化の描写は,楓が稟に対して行っていた正当なもの(と言うとこれもまた変なのですが;w)とは違って,莉子の幸せを嫉んでの部分が大きくクローズアップされてしまっていた所為からか,どうにもいまいち釈然としないものを感じたのでした。
莉子は莉子で,それまでヒロインとしてはあまりに同調する余地が薄い描写を積み重ねられていたので,結局どちらも可哀想と言うか,どちらかと言うと双方惨めにしか見えない印象は拭えず,何とも胸糞悪い表現だったなとしか思えませんでした。

結局は,それまでの過程が余りにもどうしようもないストーリーの連続だったので,いきなり黒化だのヤンデレだの見せられても萌える余地が無かったと言うか,感情移入するには乏しかったと言う事しかできません。
9話10話“だけ”は,気持ち悪い点も含めて非常に優れたストーリーだと感じただけに,余りにも他部分の拙さが勿体無い作品でした。



■「くじびき♥アンバランス」

各話ごとの印象がとても散漫な点が大変に惜しまれる作品です。
千尋と時乃と律子のすれ違いや悩み等の,心理面での葛藤や複雑な関係を描き,印象深いストーリーを見せたかと思えば,次の話ではしょうもないギャグだったりSFアクションだったりで,私の中では最後まで捉え所に非常に悩まされる作品でした。

ただ最終回での律子の描写が非常に可愛らしかったのでw いえ,実際は細かい部分の不満を乗り越えるだけの各キャラクター(とりわけ蓮子と小雪)の魅力だったり,どことなく常にこの作品の根底に流れる郷愁感だったりに深く感じ入る部分があったので,最終的にはお気に入り作品認定になりましたがね。この作品もまた,最終回にはもう少しだけ見ていたくなるような,惜別の想いを強く感じたのでした。



■「はぴねす!」

ええと,この作品は私の中で1話が全てでした。
どのヒロインの魅力も最後まで理解する事ができず,かといってストーリーは終盤間際まであっても無くても同じ様な,ある意味で萌えアニメらしいと言いますか,エロゲ原作作品に良くありがちなストーリーの連続だったので,この作品ならではの個性的な魅力というものも,終ぞ発見するまでに至らず,残念な結果となってしまったのでした。
かといって終盤のシリアス展開が面白かったのかと問われると,う~んと唸ってしまう訳でして(^_^;)


いやまあ,要するに,別に準にゃんに萌えなかった私としてはこの作品を見続ける価値は無かったと申しますか,準にゃんに萌えられなかった時点で負け組みとでも申しますか・・・(苦笑)どうも制作的に今期のアニメは苦労した作品が多かったみたいですけれども,この作品もキャラクターの魅力を伝えるのに最も重要な作画面が崩れてしまったのが全てであった様に思います。



■雑記

今日はブログ移転後1周年記念日なので,私が最も忙しい水曜日であるにもかかわらず,頑張って1つはエントリを上げておきたかったので,内容がとても貧弱なものになってしまいました・・・orz

この1年,1回でも1秒でもこのブログに訪れてくれた皆様に,心からの感謝と愛を込めて。
本当にありがとうございました。

これからも私らしくのんびりゆったりと出来る限りの範囲で頑張っていきたいと思います。
ここまで支えて下さって,本当に倖せです。
そして宜しければ,またこれからも宜しくお願いします!(^_^)
これからも皆様に倖せが多く訪れる事を祈って。
ARIA@ARIA’s Blogより。
2006年12月27日 記

スポンサーサイト

    2006/12/27   2006年・第4クール アニメ感想     192TB 0   192Com 5  ↑ 

Comment

祝 1周年! アス   URL   2006/12/28   [ Edit ]

まず最初に、移転1周年おめでとうございます^^
私も、いつも支えてくださっているARIAさんに感謝の気持ちでいっぱいです。
これからもよろしくお願いします♪

さてさて、最終回ラッシュが終わりましたね。

>乙ボク
ああ、確かに薄い感じはありましたね^^;
これだけヒロインがいるというのに、1クールだとキャラを活かしきれないっていうのは仕方ないのかもしれませんが。
奏ちゃんのこと、紫苑様のこと激しく同意ですw

>夜明け前より瑠璃色な
ギャグ展開にするなら、もっと激しくして欲しかったですね。
結局ギャグかシリアスかと曖昧な感じになってしまったところが残念です^^;
メインの二人より、それをサポートする人達は本当に暖かくて良いなぁとおもえました。

>らぶドル
私は、後半の舞の活躍が素晴らしくて、他のキャラの印象が弱くなってしまいましたよw
本来なら瑞樹が目立つはずだったと思うのですが、まさかの展開でした^^;
それでも、ストーリーは作品の主旨通り、「デビューする」というものだったので、終わり方は良し!なんですけど^^

これ以上書くと非常に長くなってしまうので、このくらいで(笑)
ではでは^^

アス   URL   2006/12/28   [ Edit ]

すみません、1行目、「移転後1周年」です;;
「後」が抜けました・・・

移転一周年オメです~ うつろねこ   URL   2006/12/29   [ Edit ]

あと記念紹介もありがとうございますm(_ _)m
今後も精進いたしますw

>紫苑さんとか非常に魅力的なのに,影が薄くなってしまったのは残念だなぁ。
メインの話が1回あって、その後は空気って感じでしたからね(^ω^;)
全体の流れとしては無理が無かった分、仕方ないのかもしれません。
オリジナルシナリオやるのも冒険ですからねぇ・・・w

>「らぶドル ~Lovely Idol~」
>長所・短所を活かしたストーリー構成が見られなかった点が,非常に惜しい気はします。
確かにおとボクと違ってこっちはキャラメインの話がほとんどなかった印象が・・・
絵が良かったので見てしまいましたがw
尺とか構成とかも考えると、つくづくアニメって難しいですね(´・ω・)

コメント,ありがとうございます。 ARIA@管理人   URL   2006/12/29   [ Edit ]

>アスさん

ども,いつもありがとうございます~。

「おとボク」はねぇ・・・作画も構成も好ましいだけに,若干尺が足りなかったのがもったいなかったですね。
キャラ萌えで押す番組のはずなのに,あんまり私は萌えなかったのも,各キャラクターごとにエピソードを十分に描ききれていなかった事が大きいと思いますし。
あと,やっぱりこういうタイプの作品は,原作の方がじっくりと各キャラの魅力に浸れそうで,面白そうだなぁと。

キャベツは・・・最早何も言うまい。

「らぶドル」は後半化けましたね。
その象徴が舞のキャラクター性の確立であったと思います。

コメント,ありがとうございます。 ARIA@管理人   URL   2006/12/29   [ Edit ]

>うつろねこさん

毎度ども~。
いやぁ・・・お互い長い付き合いになっちゃいましたね(何)ww

「おとボク」は,あれはキャラクターが多すぎるので,1クールじゃ絶対に全ヒロインは描ききれないでしょうw
そういう意味で割を食ってしまったのが紫苑さんで,本当に不遇なキャラクターになってしまいました。
まあ,彼女は瑞穂達を温かく見守る,それこそ「お姉さま」的な立場なので,あの役回りが妥当だとは思うのですが。
そういった点では本当に構成は良かったと思います。
まりやと貴子さんというメーンキャラクターはしっかりと描ききってくれましたし,何よりも瑞穂⇔まりや,瑞穂⇔貴子さんの関係だけに止まらず,まりや⇔貴子さんという関係まで補完した点は,見事だったと思います。

>「らぶドル ~Lovely Idol~」
>こっちはキャラメインの話がほとんどなかった印象

ええw,どの回を切っても3期生は全員で活動していましたからねww
尤も,こちらもキャラクター数が多すぎなので,各ヒロインにスポットを当てるだけの余裕は無かったでしょうけれども(^_^;)
余談ですけど,私は最終回まで全員の顔と名前を覚えきっていませんでしたw
最後にようやく一致した感じという・・・orz
アニメは本当に難しいですねぇー。
視聴しているだけでもたくさん見る部分があって,とてもとても追い切れません。
実際に制作していたら,それこそどれほどの厳しさなのか・・・。


P.W.   Secret    

Trackback

http://ariasblog.blog42.fc2.com/tb.php/192-2dafa912

FC2Ad

.


ARIA

Author:ARIA

世界は美しい“こと”にみちて.
・詳しい自己紹介
・お気に入り作品リスト
・今期視聴予定アニメリスト
・ブログの方針
・全記事タイトル表示


・Web拍手ボタン


あァ?


杏「ちょうどいいところにきたわね。
どうせ暇してるんだったら、拍手くらい送っていきなさいよ!」


「・・・あァ?なによ?ヘタレのくせに、この私の頼みが聞けないっての!?」



ひいっ!


春原「ひいぃぃぃぃっ!
お、お、押させて頂きますっ!!」

 



My Profile by iddy

 

ご意見・ご感想・ご批判,
その他何かございましたらこちらまで

サイトの推薦もお待ちしています。

 

 

 

 

 

 

・てきとうなもの
・仮のブログ
・擬態箱
・アニメanimeANIME中心
・ANDANTE ~歩く様な速さで~
・K-DIARY
・萌えと燃えの日記。
・wind
・AM日記@beNatural
・初音島情報局
・TwinTailSanctuary
・ForbiddenfruitHomepage
・GrapefruitHomepage
・TMくんのホントのトコロ
・W.N. Central Station

~TDAC(ツンデレ学会)関連~
・ツンデレ学会公式サイト
・キノ"こ"の旅
・All things are inane
・あかいあくま.ねっと
・とあるヲタクの禁書日記
・いまじならっく

 

~Twitter~
・Twitter

~RSS Reader~
・livedoor Reader

 

※このサイトでは一部、及び一時期において、『Key Official HomePage』『ねこねこソフト Official HomePage』『ハイクオソフト Official HomePage』『Navel Official Website』『Fizz official web site』『コットンソフト Official HomePage』『TVA「ひとひら」公式サイト』『わつき屋』『幻想遊技施設』の画像素材を使用しています。
著作権はそれぞれの会社等に帰属します。
また、これらの素材を他へ転載することを禁じます。

 

  since 2005/12/27 ※前ブログ(『ARIA’s Diary』 http://ariasdiary.blog27.fc2.com/)は、2005/10/1開設
  (C)ARIA’s Blog / 管理人:ARIA