ARIA’s Blog

Entry 69   Permanent LIN K



~ Information ~


■諸々辞めましたが,Twitterでは今まで通りに

適当な情報botと毒を吐いていることと思いますので,

よろしければそちらで付き合ってやってください。




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --/--/--   スポンサー広告        ↑ 

『かしまし~ガール・ミーツ・ガール~』 第5話 「やす菜の目に映るもの」 感想

これは素晴らしい回だったのでは、と思いました。
原作読んでしまうと自分のいけないクセでつい比較したくなるのですが;どちらも良いのは『かしまし』の大きな魅力です。
今回のBパートラストの演出に関しましては、個人的に文句の付け様がありませんでした。
ええ、当然アニメだから当たり前なのですが、映像になって声が付いて音楽が流れるとここまで魅力が倍増されるものなのかな~と・・・。
とにかく自分の中で興奮を隠しきれない、『かしまし』第5話の感想です。

まず1番最初に触れて置きたい事があるのですが、私は誰を応援して感想を書くという事ができそうにありません。
はずむもとまりもやす菜も、全員が魅力的で好きで愛しいです。
ですので読んで下さる方がいらっしゃったら、ともすると非常に中途半端で曖昧で八方美人な感想に感じられてしまう事になると思いますが、それが私の感想ですので、予めご了承下さいww

もう八方美人になるしかない、そんなこの作品が大好きですよ!!(爆)

ではAパート。

ある意味生殺しなのでしょうけど、とにかく明日太のポジションはおいしすぎですよね(笑)
親友がある日とても可愛い女の子になってしまったら・・・自分はオエェェですけど、2次元なら話は別ですから(ぇ
明日太は彼としての葛藤と悩み深い様子を示すのですが、周りが女性だらけのこの作品にとって、彼の存在は男性視聴者として共感できる部分を多く見受けられそうで、ある意味貴重な気がしてきました。(また深く考えすぎたか。)

とまりは前回の件を引きずっている心理状態でしたね。
自分が持つはずむへの思いを内に秘めつつやす菜に厳しい言葉をかけざるを得なかった自分を悔いている部分もあり、反面、はずむを傷付けた筈なのにまだ一緒にいようとするやす菜に対して苛立ちを当然覚えるという複雑な心模様が、彼女の表情とやす菜との間に流れる微妙な雰囲気(空気)とに良く描写されていたのでは無いでしょうか。
こういう緊張感の描写が丁寧にされていると感じる事のできる作品は非常に好きです。
それから全体の流れとして今回はやす菜中心回であった事は間違いの無い事だと思いますが、とまりファンの自分としてみた場合、“いつも元気だけど思い悩んでいるとまり”という存在にも魅力を感じている(萌えているw)ところはあるので、その描写があったのは嬉しかったですね。
※もちろん、元気なとまりも大好きですけど。

それに対して、やす菜の方がそこまで前回の事を気にしていない様に振舞っている点にも注目してみました。
言うまでも無く彼女は思い悩んでいますし、後半にそれが説明されるのですが、そのための布石を打っているかの様に普段のやす菜が明るく見える事を描いていた点が個人的には興味深く、ある種打ちのめされた様な思いがしました。
つまり、後半まで見ると彼女がはずむに対してどこまでも明るく振舞っている事には理由を見出す事ができるのですが、その明るさを前半に描いておく事で、後半の展開に重みを感じさせる事に成功していた点が良かったと思えたのです。
その後、男性認知障害についてもう一度触れていた点についても見逃せません。

さてその後、スケッチを取りにいく様に頼まれたはずむが、やす菜の抱える問題に初めて触れる事になるのですが、原作だと宇宙仁によってセリフで教えられて知る事になるのが、アニメだと考えさせるように、意味深なセリフで仕向けていました。
この変化がまた1つ、後半のやす菜のセリフに重みを加える結果になっていたのではないかなと個人的には思います。

さてさて総じてAパートは、やす菜の積極性&明るさと男性認知障害について確認の描写がまずなされた訳ですが、これが後半の怒涛のシリアス展開への大きな伏線というより先触れとして描かれている所に、大きな好印象を得ました。

対するとまりは、自分の中にある想いについては悩みをみせながらも、「はずむを傷つけるやす菜は許せない」と言う真っ直ぐで強い気持ちを示すキャラである事には変わらず、相変わらず愛らしく描写されていて素敵です!ww

そしてはずむはいつも反則的にかぁいいです(爆)

さあ、Bパートはいよいよ三角関係の修羅場が浮き彫りになり、最後はやす菜が本領を発揮してきましたよ。

続きは追記からとさせて頂きますm(_ _)m

さてBパート。

はずむととまりとやす菜は写生大会で一緒に絵を描く事にします。
当然とまりとやす菜は心中穏やかでは無い状態で一緒にいるのですが、開始直後からはずむを描いた絵で張り合います(笑)
やす菜は物語の最初にも示されていた予め描いてあったはずむの絵を、とまりは負けじと昔に描いた馴染み深いはずむの似顔絵を見せ合います。
とまりの描いた絵をどう思うかはずむがやす菜に問うのですが、やす菜は「良く似ていると思うけど、今ははずむ君は女の子だし・・・」と答え、それを受けてとまりは「はずむははずむだろう!」と真っ向からぶつかります。

ちょ、マジで修羅場最高!!!(^_^;)

って思ってしまう私の様なダメな人間には堪りませんよ(爆)
反して少し真面目に考える私としては、とにかくこのシーンで「はずむの事」を“とまり”と“やす菜”がどう思っているのかが浮き彫りになっている優れたエピソードだな~と思いました。

やす菜ははずむの事を“女性”として見ていて、(当然、であるからこそ認識できるやす菜にとっては、それはある種の必要条件)だからこそはずむに好意を示しているのであると思えます。
(実はこの認識は必ずしも正しく無くて、後に彼女ははずむに依存している人間だと言う事が示されてほぼ完全に覆されるのですが、この時点でとまりと対峙する時のやす菜は上記の表現が目立つのです。)

一方とまりは以前の時のエピソードで示されている通り、はずむの事を“はずむという一個人”として見ているからこそ、(男性であっても女性であっても)はずむを大切に思っているのだという一貫した描写がなされています。
但し、とまりは自分がはずむに対して抱いている気持ちについては、ある意味気付いていながらも認めようとはしていません。
なので、積極的なやす菜に辛く当たったりしてしまういじらしい面があって、深く思い悩んだりしているのだと思います。
つまり私の考察にはなっていないダメ感覚意見では、とまりは当然やす菜の事情を知りませんから、自分のいじらしい面に屈して、結果的に仕方が無くやす菜の非を責めているのだと思う訳なのです。
そこで彼女らしく「けじめをつけろよ!」という言葉を使っていますが、実際はかなり自分に言っている部分も見えてきたり。
当然とまりらしく、いさぎの良さで取った行動である面が存在するに違い無いとは思うのですが、存外深層心理は複雑だったのではないか?と邪推してみました。

ええ、誰も私の意味を為さない感覚上の意見など見たくも無いでしょうから、もう次に移ります(死)

いよいよ次は、ついにやす菜のバックボーンがはずむに示される事になった訳ですが、このシーンの演出は原作以上だったかと思います。
原作では少し物足りなくもある部分が、完全に補完されていました。
前述通りアニメはこの場面でやす菜の抱える闇に初めてはずむが気付く事になるので、重みを感じさせる事に関しては優れていました。
それから主題歌を延々とかぶせる音響演出もアニメならではで、その破壊力は凄まじく感じました。
やす菜が抱える問題についての説明部を順を追って時間を掛けて丁寧になされた点に関しては、もう文句の付け様が無い位に惚れました!(^_^;)

とりあえず自分の主観で意見を書かせて頂きますが、物心付いた時に自分が1番身近に感じる人間というのは、間違い無く両親だと思う訳です。
もっと言ってしまえば両親以外の人間(※兄弟除く)の存在は殆ど無い様なものと言っても良いと思います。
そんな自分の世界において重要な位置を占める人間の顔が見え無いという重さは如何程のものなのか、それだけの苦しみを想像しただけでもすでに居た堪れなくなるのですが、それに輪をかけて大切な父親も母親も双方、自分は傷つけたくないのに傷つけてしまうのですよ?
非常に痛切極まり無いです。
さらに多くの男子の顔が見えない事で今まで傷付き、自責してきたであろう彼女の気持ちを思ったら・・・。
私は大変切なく、また愛しく思います。

そしてそこに現れたのがはずむという一筋の希望・光。
男性が認識できない世界で彼の事だけは認識できるという状況を考えれば、彼に依存してしまう彼女の事を責める気には私はなれないです。
続いて「はずむが見えなくなってしまうのではないのか」という恐れ。
実に人間の抱えている重く暗い部分であり、彼女の境遇を考えたら当然の事であると思います。
その事ではずむを拒絶した事である種の不興を買いそうですが、私はやす菜の行動は当然だと思いますね。
誰しもが恐れを抱く事があるのは必然ですし、彼女の特殊な環境を思えば何を説明する事もありません。

・・・と自分に思わせて感嘆させた、演出とストーリー構成が今回は本当に見事でした。

ええ、思わず目から変な汁が(^^ゞ

念のために言っておきますが、私は別に最初からやす菜びいきで見ている訳ではありません。
そういう風に感じさせる様にした今回の構成と演出が見事だったという事を文章で表現するのが非常に難しいので、かなりやす菜寄りに見えてしまう文章で書くより他に無かったのです。

まあ今回はある意味やす菜のためのストーリーですので、最終的には彼女の事をとても好きな自分を見付ける事はできましたけれどもね。
ある程度原作で分かっていたので覚悟はできていましたが、自分の想像以上にアニメーションとしての表現が優れていた事を記しておきたいと思います。

それから、はずむがやす菜の事を徐々に受け入れる描写がされ、やす菜も一度自分の闇から逃れようとしますが、最終的に向き合い、決意・思いの強さを感じさせる演出に深みを見出す事ができたので個人的に大変良かったです。
はずむの思慮深さ優しい心根があってこそ、初めてやす菜は救われる事となったのですね・・・。
受け入れたはずむが純粋で強く優しい事に、私は敬意を持って見入ってしまいました。
やす菜は自分の狡さを受け入れて後、それと向き合い対峙して葛藤しながらも、強く自分の意思を選んだ私の好きなキャラクター像が見えました(笑)

なお次回はですね・・・、原作通りならとまりに悶え殺される事になりますので(笑)ほぼ確実にとまり寄りな感想記事になる事と思われます。

ですからこの作品に関して言えば、八方美人で浮気性は永遠に続くと思います!!(爆)
そう、それは最終回がくるまでです_| ̄|○


さあ、次回が本当に楽しみな作品ですよ。
スポンサーサイト

    2006/02/09   TVA 『かしまし』 感想     69TB 12   69Com 6  ↑ 

Comment

リターンキーを2度押してしまった~ 鷹2号   URL   2006/02/09   [ Edit ]

 まいど~!

 八方美人・・そのキーワードを聞くとずんいち@ダメーポを思い出す・・

 第5話は通しで面白かったですね~
 とまり×やす菜対決も面白かったですが、やっぱりやす菜の告白辺りから断然面白かったです!

 最後のはずむ×やす菜のキスをとまりが見てしまうシーンは、笑ったらダメなのに顔が笑ってしまった。次回が本当に楽しみです。

 なんせ来週はとまりが横取りする話っぽいし♪

おじゃましますー。 ケイ   URL   2006/02/09   [ Edit ]

こんばんはー。いつもお世話になっております。

>はずむもとまりもやす菜も、全員が魅力的で好きで愛しいです。
いや、ARIAさんのこの姿勢は素晴らしいですよ。『かしまし』に対する愛の深さが伝わってきますしw
自分の場合はどうしても好みのキャラに感情移入してしまう傾向があるので(苦笑

今回の『かしまし』も見所(ツッコミどころ)満載でした
が、特筆すべき点はやはり、やす菜が自分の抱えていた悩みをはずむに告白したシーンですね。
原作より丁寧に描写されていたのでやす菜が今までどれだけ苦しんでいたか、また、やす菜がどうしてはずむに惹かれたかがより深く理解できたので。
音楽との相乗効果もあり自分もかなりグッと来ましたよ。

そんな感動シーンを見といていうのもアレですが、二人のキスシーンを目撃してショックを受けたとまりが壊れていくという展開も相変わらず見てみたいなぁと思ってしまうダメ人間がここにいたりw

コメント、ありがとうございます ARIA   URL   2006/02/09   [ Edit ]

>鷹2号様

どうもです!
後で上のは消しておきますww
もうやばいですね、『かしまし』
こんなに楽しくなるとは正直思いませんでした。

八方美人・・・ズンイチ・・・orz(笑)
何か私なんてもう、見ている間中終始ニヤニヤしっぱなしですよ(爆)
次回はですね、とまりが横取りするっていうよ(ry
です。
(ネタバレなのでかけません)
修羅場に関しては・・・原作通りだとすると、多分あまり期待しないほうが・・・です。

コメント、ありがとうございます ARIA   URL   2006/02/09   [ Edit ]

>ケイ様

どうもです!
こちらこそお世話になってます。

私は究極的に言うとキャラ萌えよりかは作品への愛が勝る傾向が強い人間なので、結果的に八方美人にならざるを得ないですね(爆)

おお!原作既読者仲間様ハケーン!!
やはりケイさんもそう思われましたか。
最後のやす菜が原作以上の描写であまりにも私の心に迫ってきたので、かなりグッときました。
お陰で最後はやす菜についてばっかりの文章に・・・orz

やばwwとまりが壊れる展開凄くみたいですwww
ケイさんの記事拝見して以来、その妄想が自分の中でやめられません(^_^;)
楓とか言葉様とか美月とかインパクト強過ぎでした・・・。
自分的にとまりが壊れたら、中の人つながりで「D.C.」のさくらと重なりそうでガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル
・・・って言うよりも、最高に好きになりそうで怖いですw

今回も遅レスしますね。 うつろねこ   URL   2006/02/11   [ Edit ]

どうもです。録画遅レスすみません(つД`)

>もう八方美人になるしかない
八方美人上等です!
えー、八方美人とはつまり人の良い所を見つけるのが上手いんです。
ルビーにはルビーの、サファイアにはサファイアの良さがあるってことです。
だから比べられません!・・・ごめんなさい自分も浮気性ですorz

>男性認知障害
やす菜の話を聞いた時、
真っ先に「顔のない月」思い出した自分はとりあえず吊ってきます('A`;)
何もなければやす菜は都合のいいこと言ってる感じはしますけど、
これが出ると全く違いますね。
優しい子が苦しむのは見ていられないです・・・。・゚・(ノД`)・゚・。

しかし今回はヘヴィでした・・・あの3人揃っている時の微妙な空気はツライw
でも「重いなぁ」って思わせるあたり、やはり表現や演出が上手いんでしょうね。

萌えより話が気になって仕方ない自分はもう年なのかもしれません(つД`)
長文失礼しました。ではまた。

コメント、ありがとうございます ARIA   URL   2006/02/11   [ Edit ]

>うつろねこ様

どうもですー!
いつもありがとうございます(^_^)
いつでもコメントを頂けるだけでとても嬉しく思いますよ!!\(^o^)/

まあ、八方美人というよりかは明らかに自分の場合浮気sy・・・orz

>人の良い所を見つけるのが上手い
こう仰って下さると、大変嬉しい所はありますね~w
キャラクターに関してはもし私があまり好きじゃなかったとしても、なるべく悪い面よりかは良い面を見出したいのかもしれません。
・・・って言うか自分シナリオ信奉者なので、キャラの魅力が伝わってこなかったとしたら、まずシナリオを叩きますからね(爆死)

>真っ先に「顔のない月」思い出した自分はとりあえず吊ってきます('A`;)
これまた随分と懐かしいゲームがキター!!
そう言えばそんな話でしたっけ??
個人的な黄金期のエロゲですが未プレイなもので、雑誌の情報程度しか知らなかったり・・・(^_^;)
自分の友人2人はプレイしているのに(笑)

やす菜は障害の面が克明に描かれていないから、少しだけ損な役回りをさせられているキャラクターだと思うのですよね。
でもそこまで深く描いてしまうと、この作品じゃない様な気もしますけど^_^;

それでも自分の弱さとか狡さに直面した時に逃げずに受け止めて、最終的に「戦おう」と選んだところが、自分としては最高に好きですねー。
優しいからこそ今まで不本意ながらたくさんの身近な人の事を傷付けてしまったという過去を踏まえて、はずむとの関係を現在から未来へと築いていこうとしている点は、私は健気で愛しく思いました(T_T)

修羅場展開は見ていて居た堪れなくなりますからね~。
確かに辛い部分はあるのですが、その重さがクセになる人間だったりして思わずニヤニヤと(^^ゞ
しかし本当に演出が良いですね。

>萌えより話が気になって仕方ない自分はもう年なのかもしれません(つД`)
あ、自分もだ(笑)
うつろねこさんとは同年代ですけど、年ですかねぇww
でも確かに昔よりかは、「キャラ萌え」っていう感覚は薄くなった気はしますね。
元々あまりキャラ萌えで見ない人間ですけど、「CCさくら」とか見ていた若い時代は、最初キャラで気になってアニメをみたりしたものでした(爆)

御知り合いの方からなら、長文でも一行でもいつでも大歓迎です!w


P.W.   Secret    

Trackback

http://ariasblog.blog42.fc2.com/tb.php/69-3b88a6fc

かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ 第5話「やす菜の目に映るもの」 09/02/2006

前回は他のブログでもなかなか好評だった模様そりゃ、あの神展開ぶりと4話で物語が大きく動くスティーブン・セガールばりの暴走特急っぷりだったら納得ですね【ここから先はネ

【かしまし~ガール・ミーツ・ガール~】第5話「やす菜の目に映るもの」感想 09/02/2006

【かしまし~ガール・ミーツ・ガール~】(TV東京)第4話から飛ばしすぎ、と定評のかしまし。今からここまで飛ばしていたら、ラスト近辺はどうなっちゃうのか、早くも注目が集まります。ラストが尻すぼみしないようにして欲しいですね。では、かしまし第5....

「かしまし~ガール・ミーツ・ガール~」第5話 09/02/2006

第5話「やす菜の目に映るもの」朝、父親のいるダイニングには来ず、自室にこもり、はずむの絵を描くやす菜。はずむの恋愛は、宇宙仁には筒抜け。宇宙仁「この星では、同性同士

かしまし~ガール・ミーツ・ガール 第5話 09/02/2006

今回の話は第1話の最初のシーンに繋がる話。もうかしまし面白すぎ!  またやばいも

やすらかな場所には、もうとまれない「かしまし~ガール・ミーツ・ガール~」第5話 09/02/2006

今回は、本当の自分を取り戻すことができたやす菜と過酷な舞台に上がってしまったとまりを描いた、第5話「やす菜の目に映るもの」です。 朝、スケッチブックにばずむの絵を描くやす菜。 食卓には父親と思われる男性がいます。 やす菜は、先日とまりから言われた言葉を思い

○かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ 第5話「やす菜の目に映るもの」 09/02/2006

「暦の上では夏ですが」って、こっちも夏の話なんですね。 東京は5℃なのに・・

かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ 第5話 「やす菜の目に映るもの」 キャプ感想 10/02/2006

あらすじ:はずむに告白したところを目撃され、とまりに責められたやす菜は、落ち込み考え込んでいた。とまりもまた自分の言葉に後悔し、部活に打ち込んで新記録を更新してしまう。はずむもはずむで宇宙仁に指摘され、やす菜からの告白に動揺していることを隠せずにいた。は

やす菜の目に映るもの 10/02/2006

『かしまし~ガール・ミーツ・ガール~』第

かしまし 第5話「やす菜の目に映るもの」 11/02/2006

何をしているかと思えば,はずむの似顔絵を描いていたやす菜.これが女の子の世界か.

(アニメ感想) かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ 第5話 「やす菜の目に映るもの」 11/02/2006

かしまし~ガール・ミーツ・ガール 2 (2)最近、とまり株急上昇!それに比べてやす菜株急下降。やはり、あの小悪魔的なところが(ちょっと違うかな?)世の男性から指示されない理由なのでしょうか?私はとまり萌えですが、なんか今回のお話しはかなりやす菜に気持ちが傾い...

かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ 第5話「やす菜の目に映るもの」 12/02/2006

3週連続で神の領域に突入~!!最早誰にもこの勢いは止められない~っ!!(管理人は三人娘全ての同盟に参加しております)かしまし ~ガール・ミーツ・ガール~ 1バンダイビジュアルあか

好久不見了。現在我回来了。「かしまし5話(女生愛女生)」 12/02/2006

好久不見。因為我有「結納ceremony」on Feb1st、我上個月很慢。很慢。對不起。所為我不能写這個BLOG。(date的時間也不能。。。)現在我復活了。最近我的最好的anime是「かしまし~ガール・ミーツ・ガール」(女生愛女生)。http://kasimasi.com/我的這個星期3的。。晩

FC2Ad

.


ARIA

Author:ARIA

世界は美しい“こと”にみちて.
・詳しい自己紹介
・お気に入り作品リスト
・今期視聴予定アニメリスト
・ブログの方針
・全記事タイトル表示


・Web拍手ボタン


あァ?


杏「ちょうどいいところにきたわね。
どうせ暇してるんだったら、拍手くらい送っていきなさいよ!」


「・・・あァ?なによ?ヘタレのくせに、この私の頼みが聞けないっての!?」



ひいっ!


春原「ひいぃぃぃぃっ!
お、お、押させて頂きますっ!!」

 



My Profile by iddy

 

ご意見・ご感想・ご批判,
その他何かございましたらこちらまで

サイトの推薦もお待ちしています。

 

 

 

 

 

 

・てきとうなもの
・仮のブログ
・擬態箱
・アニメanimeANIME中心
・ANDANTE ~歩く様な速さで~
・K-DIARY
・萌えと燃えの日記。
・wind
・AM日記@beNatural
・初音島情報局
・TwinTailSanctuary
・ForbiddenfruitHomepage
・GrapefruitHomepage
・TMくんのホントのトコロ
・W.N. Central Station

~TDAC(ツンデレ学会)関連~
・ツンデレ学会公式サイト
・キノ"こ"の旅
・All things are inane
・あかいあくま.ねっと
・とあるヲタクの禁書日記
・いまじならっく

 

~Twitter~
・Twitter

~RSS Reader~
・livedoor Reader

 

※このサイトでは一部、及び一時期において、『Key Official HomePage』『ねこねこソフト Official HomePage』『ハイクオソフト Official HomePage』『Navel Official Website』『Fizz official web site』『コットンソフト Official HomePage』『TVA「ひとひら」公式サイト』『わつき屋』『幻想遊技施設』の画像素材を使用しています。
著作権はそれぞれの会社等に帰属します。
また、これらの素材を他へ転載することを禁じます。

 

  since 2005/12/27 ※前ブログ(『ARIA’s Diary』 http://ariasdiary.blog27.fc2.com/)は、2005/10/1開設
  (C)ARIA’s Blog / 管理人:ARIA