ARIA’s Blog

Entry 91   Permanent LIN K



~ Information ~


■諸々辞めましたが,Twitterでは今まで通りに

適当な情報botと毒を吐いていることと思いますので,

よろしければそちらで付き合ってやってください。




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --/--/--   スポンサー広告        ↑ 

アニメ感想まとめ(2月23日深夜放送分)

・『灼眼のシャナ』 第20話 「非情のヴィルヘルミナ」 感想

何この町と人との物語(^_^;)
『CLANNAD』をプレイしている最中だから、余計にかぶってかぶって仕方が無かったです(笑)

吉田さんと悠二はいきなり中が進展しすぎな気もしますが、悠二が人外の存在(ミステス)だと知っても想いを貫いている吉田さんの健気さは良いですし、悠二も自分を温かい血の流れている人だと言ってくれた彼女への素直な感謝と思いやりを示している所は好感を持てます。
2人の関係は個人的には応援したい好きな関係ですね。

でも今回何よりも心奪われたのは、マージョリー姐さんの格好良い去り際でした。
この町と、住人に幸あれ「御崎市に幸運を」って、シビレましたよ!!
佐藤と田中の事を何処までも思いやったが故の、何も語らないでの自らの旅立ちは、彼女の優しい性格が良く現れていた様に思います。

非常のヴィルヘルミナという題名通りに自らの信念に付き従って行動するヴィルヘルミナでしたが、それも愛する娘の様な存在であるシャナを、フレイムヘイズとしての本来の役割を全うさせんが為に取った思いやりの上での行動だったと充分に感じられましたし、私的にはそこまで責める気にはなりませんでしたね~。


・『怪~ayakashi~JAPANESE CLASSIC HORROR』 「天守物語」 “三の幕” 感想

そんなに詰まらない訳でも無かったので、こうなったら「天守物語」に関しては最後まで見てしまいますか^_^;と思って今回も視聴。
報われない想いの形が、図書之助・富姫・静それぞれの組み合わせについて、異なるものを良く描いていたと思います。
古典物はすべての創作物の原点にも繋がる部分を見出せると感じますので、エロゲギャルゲに変換して見ると中々面白いかも(爆)
悲恋物語は特に古典作品が興味深いです。


・『舞-乙HiME』 第20話 「ニーナと呼ばないで」 感想

人望あるミドリさんが格好良過ぎですよww
アリカとマシロの導き手として彼女を用いた構成は、とても良かったですね。

ニナのセルゲイへの想いがファザコン以上のものである事は前々から分かっていた事ではありますが、今回はそれがより浮き彫りになった回だったと見て良いと思います。
「完全に一人の女性として見て欲しい、愛されたい」というニナの気持ちは届く事があるのでしょうか?
まあ無いだろうとは思いつつも背徳的な思いに惹かれてしまうのはオタクの悲しい性ですねorz
・・・って言うか、あんなファザコン娘が居るなら私にくれよ!!

で、ついに愛しのシズルお姉様をトモエが食べてしまったのですが、どうなったのかは次回に持ち越し(T_T)
展開がヤバ過ぎですよ・・・。


・『びんちょうタン』 第4話 「雨の日曜びん」 感想

ネ申アニメが再び降臨したー!ww

話としては何が起きる訳でもなく、びんちょうタン・ちくタン・クヌギたんが3者3様な休日を過ごす様子を切り取って描いただけという、オチも何も無い構成。
ええ、当然これこそが私が望み求めるものですよ(爆)
ちくタンと御知り合いになった事で、びんちょうタンの周囲を取り巻く空気が温かいものになった事が効いてきていますね。
本当にこれは何も考えなくて済む、良い雰囲気アニメです(^_^)
毎週これが楽しみになってきつつあります。
で、今回また喜久子お姉さんのナレーションが無かったのですが、少しだけ入れてくれると面白いのですが・・・(笑)

あ、そうそう、うつろねこさん今回の感想記事にて御書きになられていますが、びんちょうタン「はひ?」って、貴女は灯里(『ARIA』)ですか!?ww


・『REC』 第4話 「ティファニーで朝食を」 感想

誰かに自分の存在を認知して貰って感想を貰える事の嬉しさを具現化した話。
ブログやってる自分の喜びと同じ様な赤の反応には、非常に共感させて頂きました(笑)
これもある意味『びんちょうタン』と同じ様な、日常描写アニメなのかもしれない気がしてきましたww
ただ『びんちょうタン』は一種のファンタジーで、『REC』は「それなんてエロゲ?」なラブコメっていう違いはありますが。


・『Solty Rei』 第17話 「LADY」 感想

ロイさんとソルティはすれ違っちゃいました。
で、話の中心はRUCの内部紛争wwと言うか嫉妬話に充てられました。
どうでも良いですけど、プロシード4人の名前って、車の車種名ですねww
しかもスポーツカータイプ。
そのプロシードの中のシルビアさんとローズが対立するのですが、模擬戦での2人は同じ金髪キャラだけあってどっちがどっちか分かり難かったです(^_^;)
模擬戦自体は、中々迫力もあって面白かったと思います。
そして仮面の男の魔の手が4人に忍び寄って・・・_| ̄|○

でまあ、1番の見所はやっぱり、ソルティとカーシャのお風呂シーンですよね!w
特にカーシャたんな!!!(爆)
スポンサーサイト

    2006/02/24   2006年・第1クール アニメ感想     91TB 0   91Com 4  ↑ 

Comment

どうもです・・・はマンネリかっ!? うつろねこ   URL   2006/02/25   [ Edit ]

なんか新しい挨拶考えようかなぁ(ぇ

さり気無く記事ご紹介して頂きありがとうございますw
正直びんちょうタンの感想にあれだけ無駄に力入れてるのってウチくらいじゃ・・・
いえ、思い上がりでしたごめんなさいorz
ただ15分&マターリ進行なだけに感想書きづらいみたいで、
他のブログさんもあんまり書いてない気はします。

>オチも何も無い構成
ホントに何も無かったですねw
終わったときも「アレ?」とか思ちゃいましたよw

>今回また喜久子お姉さんのナレーションが無かったのですが~
そういえば確かにナレーション入らないですね・・・
キャラが増えて展開上「間」に困らなくなったせいでしょうか。
進行に問題は無いですけど、せっかくだから少しは欲しいところですね。
そしてびんちょうタンは灯里の座を密かに狙っていると見たw

ソルティとシャナの感想は録画分見てから改めて読ませて頂きます(つД`)
自分だけ進行が1週間遅れてるよorz

コメント、ありがとうございます ARIA   URL   2006/02/25   [ Edit ]

>うつろねこ様

どうもです!(ぇ
と言いますか、これ以外の気軽な挨拶って、東京人だと思いつかないのですよね~orz

>『びんちょうタン』の感想
いえ、私が知る限りでは、うつろねこさんの他は3件位しか力を入れている所は知りません(爆)
めちゃくちゃ記事書き難いですからねぇ。
流石に長文書きな私でも、この作品では無理です(-_-;)
今期のアニメの中では、トップクラスに好きなんですけどね・・・。

>オチ無し
始まりも終わりも無いストーリー構成ですからねー。
いつ始まって何処で終わっても良いと言いますか。
日常切り取り型作品は、得てしてそういうものかもですww

ナレーションについては絶対に
>キャラが増えて展開上「間」に困らなくなったせいでしょうか。
これが原因だと思います(^_^;)
2話が1番ナレーションが多かったですが、かなり間延びしていた感じがありましたから。
あとは、もう結構回数を重ねてきたので、わざわざ説明しなくても済む様になったという事もありそうですね。
あのホンワカナレーションがないと少し寂しいので、個人的には1回くらいは入れて欲しいですw

>びんちょうタンは灯里の座を密かに狙っていると見たw
あの「はひ」の件なんですけど、私も視聴途中時には「これ絶対に『ARIA』ファンとして突っ込まなきゃ!!ww」って思っていたのです。
でも記事で書く時にうっかり忘れちゃいまして・・・(^^ゞ
そうしたらRSSでうつろねこさんが更新されていたので、見にいったら案の定w 同じ『ARIA』ファンの性なのか、御書きになられていたので、勝手に紹介させて頂きました(死)
すみませんでした(T_T)

>ソルティとシャナの感想
あ、いえ碌な事書いていないので、激スルー推奨で御願いします_| ̄|○

鷹2号   URL   2006/02/26   [ Edit ]

 ARIAさん ご機嫌麗しゅう。

 パタリロ殿下とケロロ軍曹以外の3頭身キャラは認めていなかったんですが、なぜかびんちょうたん見続けてます。
 しかしこれ見たらノエインまで起きていられない・・・

 カーシャ人気大ですね~。最近カーシャをTOP絵にしたことがあったのですが、恥ずかしいので速攻で外しました~

コメント、ありがとうございます ARIA   URL   2006/02/26   [ Edit ]

>鷹2号様

ご機嫌麗しゅう。
パタリロ殿下は懐かしすぎです・・・(笑)
『びんちょうタン』は意外と?悪くは無いと思うのですが。
個人的にはああいう作品は大好きなので、神アニメ認定ですけどww

>ノエインまで起きていられない・・・
それはあるかもですw
音夢くはなるアニメですからね(^_^;)

>カーシャをTOP絵にしたことがあったのですが、恥ずかしいので速攻で外しました~
ぜひ戻して下さい(マテ)
カーシャは良いですね~。
『Solty Rei』は個人的には少し微妙な位置にあるアニメなのですが、彼女の存在の所為で切れません(ぇ
まあぶっちゃけ、私ってロ(ry うわ、なにをす・・・

・・・_| ̄|○


P.W.   Secret    

Trackback

http://ariasblog.blog42.fc2.com/tb.php/91-dda7d9c6

FC2Ad

.


ARIA

Author:ARIA

世界は美しい“こと”にみちて.
・詳しい自己紹介
・お気に入り作品リスト
・今期視聴予定アニメリスト
・ブログの方針
・全記事タイトル表示


・Web拍手ボタン


あァ?


杏「ちょうどいいところにきたわね。
どうせ暇してるんだったら、拍手くらい送っていきなさいよ!」


「・・・あァ?なによ?ヘタレのくせに、この私の頼みが聞けないっての!?」



ひいっ!


春原「ひいぃぃぃぃっ!
お、お、押させて頂きますっ!!」

 



My Profile by iddy

 

ご意見・ご感想・ご批判,
その他何かございましたらこちらまで

サイトの推薦もお待ちしています。

 

 

 

 

 

 

・てきとうなもの
・仮のブログ
・擬態箱
・アニメanimeANIME中心
・ANDANTE ~歩く様な速さで~
・K-DIARY
・萌えと燃えの日記。
・wind
・AM日記@beNatural
・初音島情報局
・TwinTailSanctuary
・ForbiddenfruitHomepage
・GrapefruitHomepage
・TMくんのホントのトコロ
・W.N. Central Station

~TDAC(ツンデレ学会)関連~
・ツンデレ学会公式サイト
・キノ"こ"の旅
・All things are inane
・あかいあくま.ねっと
・とあるヲタクの禁書日記
・いまじならっく

 

~Twitter~
・Twitter

~RSS Reader~
・livedoor Reader

 

※このサイトでは一部、及び一時期において、『Key Official HomePage』『ねこねこソフト Official HomePage』『ハイクオソフト Official HomePage』『Navel Official Website』『Fizz official web site』『コットンソフト Official HomePage』『TVA「ひとひら」公式サイト』『わつき屋』『幻想遊技施設』の画像素材を使用しています。
著作権はそれぞれの会社等に帰属します。
また、これらの素材を他へ転載することを禁じます。

 

  since 2005/12/27 ※前ブログ(『ARIA’s Diary』 http://ariasdiary.blog27.fc2.com/)は、2005/10/1開設
  (C)ARIA’s Blog / 管理人:ARIA